愛犬への手作りごはんに使用可能な材料とは?ポメラニアン達に与えてきた食材の一覧はコレ!

愛犬の食事に関する疑問

こんにちわん壁|ω・`)ノ<やぁ!

ドッグフードの原材料に不安を抱く方や、犬が口にするオヤツ等の商品にカビや細菌などが混入し、愛犬が中毒症状を引き起こしたり、亡くなったりとするニュースが相次いだ事で近年では、愛犬への手作りごはんが注目されつつあります。

そこで愛犬の為に手作りごはんを作ろうと挑戦する方々がだいぶ増えて来たのですが、今までドライフードなどの既製品に頼ってきた方は何から始めれば良いのか分からず、初めの一歩を踏み出せずにいるのが現状ではないでしょうか?

これまで私は手作りごはんに関する知識を紹介してきましたが、どんな食材を与えれば良いのか?についてお話した事がありませんでしたので、今回は愛犬のポメラニアン〝そら〝と〝あめ〝に使用してきた食材の一覧を紹介していこうかと思います。

犬は人間が食す事の出来る一部食材に対して、中毒症状やアレルギー反応を引き起こす事がありますので、必ず〝犬が食べてはいけない食材や食材の部位(皮や種など)〝について、しっかりと下調べをしたうえで手作りごはんを調理する様にしておきましょう。

また犬が食べられる食材でも猫が中毒を引き起こしてしまう食材もありますので、動物個々で食べられる種類が異なっている事も覚えておくと良いですね。

これは食べ物だけでは無く、香りを楽しむアロマ等(ラベンダーなど)にも同じ事が言えます。

これから紹介する食材は長年ポメラニアンの〝そら〝と〝あめ〝が、口にしてきた食材ですので、特定のアレルギーや疾患を患っていない限りは、安心して日々の犬ごはんに食材を選択する事が出来ますよ。

また紹介する食材は、当然私も犬へ与えても大丈夫なのか?を徹底的に調べていますので、食材一つ一つを自身の手で調べる手間を省くことが出来ますよ。

ただし、個々の体質によって身体に合う合わないがありますので、これから先で紹介する食材一覧に対して保証するものではありませんので、自己責任で取り入れるべきかを判断なさって下さい。

※今回は食材ごとの栄養素などは省略させて頂きます。

※疾患やアレルギー体質のわんちゃんに限り、食材ごとに与えても大丈夫かの下調べは必要です。心疾患のわんちゃんはリンの摂り過ぎ注意・甲状腺疾患のわんちゃんはアブラナ科の食材に注意など。

※お肉の副産物も含まれていますが、基本的にわんちゃんに副産物は与えなくても大丈夫です。メリットよりデメリットの方が大きい為。

※脂肪分の多い食材や与え過ぎ注意な食材に関しては食材名の横に【〇〇】と記載しておきます。

※基本的に食材への加熱は必須となります(特にお魚とお肉は要加熱)。一部の野菜・果物は生食可能となります。

※肉などは『生食の方が栄養を多く取れる』、『野生の頃はそうであった』と言われる方もいますが、飼い犬として代々生まれてきている血筋は、野生の犬と胃腸器官等の強さが変化しており、肉の生食にはメリットよりもデメリットが多く付き纏います。その為、わざわざ危険を犯してまで愛犬に食べさせる必要はありません。もし栄養素が気になるのであれば、他の食材から同様の成分が摂れるのかを確認してみましょう。

スポンサーリンク

愛犬のポメラニアン達が食してきた食材一覧表

お肉の一覧表

全体的に注意しておきたい事

  • 塩分が含まれているなどの加工品はNG
  • 色の悪い、傷んだ肉は使用しない
  • 脂の多い肉は基本的に控えておく
  • 鶏の皮など消化に悪い部位は使用しない
  • 骨は与えない
  • 内臓等の副産物は基本的に与える必要は無い
  • ひき肉(ミンチ)は脂肪分が多く、傷みやすい特徴があるので多用しない

牛肉

  • 牛もも
  • 牛かた
  • 牛かたロース【脂肪多め】
  • 牛リブロース【脂肪多め】
  • 牛サーロイン【脂肪多め】
  • 牛ばら【脂肪多め】
  • 牛そともも
  • 牛ランプ
  • 牛ヒレ
  • 牛ひき肉【赤身のひき肉を選択すればカロリーを抑えることが可能】

豚肉

  • 豚もも
  • 豚かた
  • 豚かたロース
  • 豚ロース
  • 豚バラ【脂肪多め】
  • 豚そともも
  • 豚ヒレ
  • 豚ひき肉【脂肪多め】【傷みやすい】

鶏肉・鶏卵

  • 鶏むね【アレルギー体質のわんちゃんは注意】
  • 鶏モモ
  • 鶏ささみ【リンが多いので摂り過ぎ注意】
  • 鶏手羽【骨に注意】
  • 鶏ひき肉【傷みやすい】
  • 鶏卵【卵白は加熱必須。基本的には卵白のみならず卵黄も加熱しておく】【取り過ぎ注意】
  • うずら卵【摂り過ぎ注意】【卵白は加熱必須。基本的には卵白のみならず卵黄も加熱しておく】

副産物

  • 牛テール【脂肪多め】
  • 牛レバー【要加熱】【基本的に与える必要は無い】【痛み易い】
  • 鶏砂肝【要加熱】【基本的に与える必要性は無い】【痛み易い】

新奇タンパク質

  • 馬肉
  • ラム肉・マトン肉(ひつじ)
  • 七面鳥
  • 鹿

お魚の一覧表

全体的に注意しておきたい事

  • 寄生虫の確認
  • 塩分が含まれている等の加工品はNG
  • 内臓・鱗・皮・骨・頭は取り除く
  • 青魚(青身)はお腹を壊す危険があるので基本的には控えておく
  • 毒魚の取り扱い注意
  • 軟体系(タコ・イカ)は消化に悪い為、控えておく
  • 毒が含まれる血の混入(うなぎなど)に注意

青身【お腹を壊すわんちゃんも居ます】

全体を通して、時期によっては寄生虫が多く発見される種類ですので確認は必須。

また冬の時期は、脂が多く乗っているので与え過ぎに注意しておきましょう。

  • アジ
  • ブリ
  • ハマチ
  • カンパチ
  • ヒラマサ
  • サバ
  • イワシ
  • カツオ

赤身

  • マグロ
  • カツオ

白身

  • ヒラメ
  • カレイ
  • サケ
  • イサキ
  • スズキ
  • タイ
  • チヌ
  • キビレ
  • たら
  • カサゴ
  • クロソイ
  • アコウ
  • ハタ
  • メバル
  • ハゼ
  • メッキ
  • あゆ
  • アイナメ
  • クジメ
  • メジナ
  • ベラ

その為

  • 穴子

野菜の一覧表

全体的に注意しておきたい事

  • 皮・種・ヘタは基本的に取り除いておく
  • アク抜き等の下処理が必要な種類もある
  • 熟し具合によって、食べて良い・悪いが決まる食材も存在する(トマトなど)
  • 根野菜は基本的に火を通す(大根等はすり下ろしでの生食が可能)
  • 滑りのある野菜(里芋など)は必ず滑り成分を取り除く

葉菜類

  • キャベツ【甲状腺疾患のわんちゃんは注意】
  • アスパラガス
  • カリフラワー
  • 小松菜
  • 春菊
  • チンゲン菜【体を冷やす効果あり】
  • 白菜
  • ブロッコリー
  • レタス【体を冷やす効果あり】
  • セロリー【臭い】
  • 水菜

根菜類

根菜類は消化のし辛い食材が多いので、よく煮込むか、すりおろすなどの調理過程が必要となります。

  • 大根【ミネラルが多いので与え過ぎ注意】【基本は生食。※辛み成分を和らげる必要あり】
  • 人参
  • カブ
  • ゴボウ【下処理必須】
  • さつまいも【下処理必須】
  • 里芋【下処理必須】
  • ジャガイモ【下処理必須】【血糖値が上がりやすい】
  • ショウガ【少量をたまに】
  • レンコン【下処理必須】【土付きが望ましい】

果菜類

  • 枝豆
  • オクラ
  • カボチャ
  • さやいんげん
  • さやえんどう
  • ズッキーニ
  • そら豆
  • とうがん
  • とうもろこし【加工品ではなく、必ず生野菜のもの】【ペースト状に調理する必要あり】【消化不良になりやすい】
  • トマト【完熟のみ】【加熱必須】
  • ゴーヤ
  • ピーマン
  • パプリカ

キノコ類

  • しいたけ
  • えのき
  • エリンギ
  • ブナシメジ
  • ブナピー?【白いやつ】
  • まいたけ
  • マッシュルーム
  • ひらだけ

豆類

  • 大豆【原材料:大豆のみを選択】
  • 小豆【これから試す予定です】

香草・ハーブ・スプラウト

  • しそ
  • パセリ
  • かいわれだいこん
  • もやし
  • ブロッコリースプラウト
  • トウミョウ
  • マスタード【調味料じゃないよ!スプラウトだよ】
  • レッドキャベツ

果物の一覧表

全体的に注意しておきたい事

  • カリウムが多いので、与え過ぎ注意
  • 水分量が多いので、与え過ぎ注意(水をあまり飲まない子への水分補給には最適)
  • 種・皮・ヘタは必ず取り除く
  • 熟し過ぎていない果物を与える(種類・熟し度によって異なる)

果物

  • バナナ【心疾患・副腎疾患・腎疾患は控えておいた方が良い】
  • イチゴ
  • なし
  • もも
  • りんご
  • キウイ
  • みかん【薄皮も取り除く】

穀類・大豆・乳製品・乾物・藻類・油類の一覧表

穀類

  • 白米
  • 玄米【よく煮込む】
  • 黒米【近々、食べさせる予定】
  • 薄力粉【酸化に注意】
  • 強力粉

大豆加工品

  • 納豆【ひきわりがおすすめ】【与え過ぎは胃拡張や胃捻転の恐れあり】
  • 厚揚げ【湯通しでカロリーを抑える】
  • おから【傷みやすい】【消費期限が早い】
  • 絹ごし豆腐
  • 木綿豆腐

乳製品

  • 豆乳
  • ヤギミルク
  • カスピ海ヨーグルト

乾物・藻類

  • 白ゴマ
  • 黒ゴマ
  • 鰹節【少量】
  • 昆布【出汁用】【甲状腺疾患は注意】
  • のり【与え過ぎ注意】【塩分注意】
  • ひじき
  • わかめ【少量】【細かくカット】

油脂類・その他

  • オリーブオイル【常用はNG】【糖尿病の治療薬を投薬中はNG】
  • ごま油【コールドプレス製法・玉絞りで製造された種類を使用】
  • 無塩バター【意外にもカロリーが低いんだよ】
  • 片栗粉
  • くず粉

最後に:犬ごはんの食材はこれからも増やしていく予定です

以上が今までポメラニアンの〝そら〝と〝あめ〝に食べさせてきた食材となります。

たぶんですが、私が忘れているだけで本来はもっと多くの食材を食べさせていると思うのですが、どれだけ考えても思い出せないので後々、食材一覧に随時追加していきます。

そして、これから先も愛犬達には、様々な手作りごはん(食材)を食べさせてあげたいので、そちらの方も随時更新していきます。

今回は一つの記事に数多くの食材をグループ分けしてみましたので、スーパーなどでわんちゃんの食材選びに迷ってしまったら、スマホでこの記事を見て下さい。

わんちゃんに食べさせる事の出来る食材を簡単に探し当てることが出来るかと思います。

ただし、歩きスマホはダメですよ?


またね(∩´∀`)∩

コメント

error:Content is protected !!