犬に洋服を着せる必要性とは?防蚊などに役立つ服が必要な意味はコレ!

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では犬に洋服を着せる必要性について、一体どの様な意味合いから着用させるのかについて紹介していきますね。私自身、愛犬のポメラニアン達に沢山の洋服を購入しており、普段から常時着せる事は無いものの、防蚊や花粉などの対策として一時的に着用させることがあります。

そこで今回は、我が家のポメラニアン達も実践している〝洋服の活用方法〝についても、解説していますので是非参考にしてみてください。

わんちゃんの洋服は現在、世界中で人気を集めており夏服や冬服・役立つ性能を併せ持った服・キャラクター服など様々な種類が販売されています。

洋服メーカーの中には高級ブランドが存在し、その価格は私達が着用する洋服を遥かに凌駕する金額に設定された洋服も存在します。

わんちゃんの洋服姿はとても可愛らしく、悶えそうになりますが、実際のところ愛犬に洋服が本当に必要なのか気になりますよね。

特に初心者の方は、間違った洋服選びや着用方法を行っている可能性もありますので、わんちゃんの為にも正しい着用方法を学んでおきましょう。

スポンサーリンク

根本的な洋服の必要性とは?

犬に洋服を着用させる本来の意味は、人間が服を必要とする理由と同じ

犬が洋服を着用する理由は、〝可愛いから〝と言った外見上に対する意味では無く、人間と同じ〝温度調整〝の為にあります。

これがどういった事かと言えば、犬には多くの種類の犬種が存在しますが、その中でも日本で人気のある犬のほとんどは海外原産の犬種(チワワ・ポメラニアン・パピヨンなど)となっています。

当然、犬に限らず動物はその国や地域の気候に適した身体の作りをしており、日本の気候に適した身体の作りをしてはいません。

逆に日本原産の柴犬や秋田犬などの場合は、生まれつき日本の四季や湿度等の気候に対応した身体の作りをしています。

その為、日本犬は1年を通して元気に活動する事が可能で、日本の気候が原因となる病気にも掛かることなく、一般的に身体が強い印象を受けています。

しかし海外の犬種は、日本の季節による温度差や湿度に上手く対応する事が出来ず、日本犬に比べて身体を壊しやすい傾向にあります。

犬は温度調整を苦手とする動物ですので、四季による寒暖差の激しい日本は特に過ごし辛い国であると考えても良いでしょうね。

このような理由から、寒暖差の影響を和らげるのに使用されるのが〝洋服〝となるのです。

洋服で冬の厳しい寒さから愛犬の身を守る

わんちゃんの犬種の中でも、特にシングルコートの毛を備えた犬種は、全般的に寒さに弱い特徴があり、日本の冬を外で過ごすには身体の構造上に無理があります。

特に暑い国や地域が原産の犬種(人気種で言えば、チワワなど)は寒さにとても弱いので、ちょっとした散歩のような外出でも、気温の低さから体がブルブルと震えてしまう事があります。

犬は気温の低さが原因で、風邪や低体温症などを引き起こす可能性もありますので、身体を温める対策が必要となります。

身体を温める方法は様々ありますが、散歩などの外出では洋服の着用が一般的となります。これはシングルコートの犬種のみならず、寒さに強いダブルコートの犬種でも歳を取れば、寒さに弱くなりますので、老犬のわんちゃんは全体を通して、洋服の必要性が高いと言えますね。

一部の洋服で夏の気温や紫外線から愛犬の身を守る

一般的に犬は日本の独特な湿気を含んだ暑さに弱く、夏だけではなく、梅雨の湿度の高い日ですら、犬は熱中症などを引き起こし命を落とす事が十分に考えられます。

特にダブルコートの犬種は、寒い気候に特化した犬種ですので、暑さにとても弱い特徴があります。

しかし、夏の季節で外が暑いとは言え、散歩は犬にとって一日の中で一番の楽しみとなりますので、出来るのであれば私達もしっかりと時間を掛けて散歩をしてあげたいと感じますよね。

そこでおすすめするのが、水で濡らすことを前提とした洋服です。

これは洋服を水で濡らす事で、水のひんやり感と水蒸気による冷感を身体へ与える事が出来ますので、熱中症対策として大きな効果を期待する事ができます。

また夏の日差しはとても強く、紫外線の影響で犬が皮膚にトラブルを起こす場合がありますので、紫外線対策としても濡れた洋服はおすすめとなりますね。

※専用の洋服と通常の洋服では効果に差が出ますので、必ず水で濡らす事を前提とした専用服を使用してください。

スポンサーリンク

洋服の必要性は体温調整の他にも意味がある?

1.防蚊やノミ・ダニの他に花粉が身体に付着する事を防ぐ必要性

犬にとって蚊はフェラリア病に掛かる恐れのある害虫であり、ノミやダニは皮膚病や貧血、その他の病気を誘発する害虫となります。

これら害虫は犬にとって、心臓病などの寿命を縮める病の根本的な原因となりますので、出来るのであれば防蚊などして対策しておきたい脅威となりますね。

しかし、蚊やノミ・ダニは散歩コースやドックランなどの草木が生えている様々な場所に生息している為、ちょっとした外出でも害虫に襲われるリスクは常に付き纏います。

また、ノミやダニは犬の被毛へ入り込むと、見つけるのが難しく、発見するまでに時間が掛かることも十分に考えられます。

さらに夏から秋の時期は、ブタクサなどの犬が花粉症を引き起こす原因の植物も活性化しますので、花粉アレルギーを患っている愛犬は害虫だけでは無く、花粉の付着にも注意を向ける必要があります。

害虫や花粉を完全に消し去る事は出来ませんが、それらの付着を抑える方法はあります。

その方法は洋服です。犬の洋服は体温調整の意味意外にも、防蚊や防ノミ・ダニ、又は花粉を身体へ直接接触させるのを防ぐ役割に期待する事が出来ます。

完全に防蚊などの対策が出来る訳ではありませんが、洋服を着用していれば身体の大部分を保護できますので、それだけ身体に掛かるリスクを減退させる事が可能であると考えられます。

2.怪我を保護する為の必要性

犬が怪我や皮膚病などをした場合は、その箇所をわんちゃんが自身で舐めない様にエリザベスカラーを着用させますよね。

しかし、個々の犬によってはエリザベスカラーを嫌いとする子や、器用に脱いでしまう子などエリザベスカラーを着用する事の出来ない子も存在します。

特に多頭飼いの場合は、他のわんちゃんが傷口を舐めに来ることもありますので、エリザベスカラー以外で傷口を保護する方法が必要になってきます。

そこで使用されるのが、洋服です。

洋服はある程度、身体全体をカバーする事が出来ますので、〝自身の傷口を舐める〝や、〝他の犬の傷口を舐める〝と言った行動をしても、洋服がそれら行為を妨げてくれます。

この他にも、雑菌や埃などからも傷口を守る事が出来ますので、怪我をした際の洋服の着用はとても効果的であると考えます。

ただし、一般的な洋服では傷口が蒸れたり、洋服の材質が硬く、傷口へ擦れ悪化させる事もありますので、通気性がよく、柔らかな材質を使用している〝介護用の洋服〝を使用する事をおすすめします。

可愛いからと何も考えずに愛犬へ洋服を着せるのは危険?

洋服は意味なく使用しない

わんちゃんの洋服はとても可愛いのが多く、あれもこれもと何も考えずに購入してしまう事があるかも知れません。

意味のある防蚊と言った対策の為や、写真用・クリスマス等のイベント用など、一時的なものであれば問題は無いのですが、可愛いからと言って着用させ続けるのは危険な行為となります。

それがどう言った事なのか?

一度、考えて下さい。自身と暮らしているわんちゃんはどの様な犬種なのか?

そして自身の住む地域の気温や湿度、また地域特有の四季の天候などは愛犬に対してどう影響しているのかも考えてみて下さい。

夏の季節に何も考えず、一般的な洋服を愛犬に着せるのは熱中症のリスクを無駄に高めるだけになります。

また梅雨などの湿度の高い季節も同じく、熱中症のリスクが高まりますので注意が必要です。

そして、この他にも洋服を毎日のようにずっと着用し続けると、洋服と愛犬の間に湿気が生まれて、湿度が高まる事でノミ・ダニが住みやすい環境となってしまいます。

また皮膚が蒸れることで、皮膚病などのトラブルが起きる元凶ともなりますので、怪我や介護などの理由がない限りは基本的に長時間の洋服の着用は控えておきましょう。

さらに散歩などで外出した際は、すぐに洋服を脱がしてあげる必要があります。

ノミやダニを洋服でガードできても、洋服を着せたまま室内を歩かせていると、ノミやダニが犬から離れ室内を移動して物陰で繁殖、又は犬の被毛奥深くに潜り込んでしまうので洋服は家に帰ったら必ず脱がしてあげましょう。

スポンサーリンク

最後に:犬に洋服を着用させる意味とその必要性についてまとめてみました

犬が洋服を着用する必要性と意味はコレ!

  • ノミ・ダニ対策(ノミ・ダニによる感染症や皮膚病などを防ぐ為)
  • 防蚊対策(フィラリア病の防止)
  • 花粉対策(花粉症の犬が身体に花粉を付着させない為)
  • 気候・気温対策(体温調節の為)
  • 雑菌等の対策(負傷部位を雑菌や埃、犬が負傷部位を舐める事を防ぐ為)

犬の洋服には様々な意見があり、『洋服を着せるのは虐待だ!』などと言った、〝理由を知らずに自身の無知を広めている残念な方〝も居ます。実際のところ、そのような発言は〝可愛いからと言った理由だけで、洋服を着せる飼い主の存在〝が、起因している事もあります。

これについては私も〝必要のない無駄な着用(健康な犬に夏の時期でも、理由も無く洋服を着せるなど)〝は、虐待の一部になると考えます。

犬の洋服は何の為に存在し、必要とされているのか?

また、犬の身体を考慮した着用を心掛けているか?

これらを一度じっくりと考えてみると良いかも知れませんね。


またね(*‘ω‘ *)

コメント