愛犬はクッションが大好き!ポメラニアンに適した柔らかさって何だろか?

ポメラニアン達の日常

こんにちわん壁|ω・`)ノ <ポメラニアンの多頭飼いブログだよ!

クッションが大好きなわんちゃんって、結構多いですよね。

上で掘り掘りしたり、マウンティングしてみたり、噛んで振り回したりと、クッションは最高の遊び相手と言えます。

また遊び疲れたらクッションに身体を預けて、ぐっすりと眠りますから、犬にとっての必需品なのかも知れませんね。

さて、我が家のポメラニアン達もクッションが大好きなのですが、実際のところ犬に適した柔らかさって何なんでしょうか?

個々の性格やサイズによって最適解は異なるのでしょうが、我が家のポメラニアン達の場合は果たして・・・?

スポンサーリンク

クッションが大好きな愛犬のポメラニアン

フワフワなクッションは犬の心までも奪う

ここ最近、ポメラニアンの〝あめ〝が柔らかいクッションの上によく居座るようになりました。

少し前まではクッションよりも床で〝ごろ寝〝のイメージが強かったのですが、冬になり気温が急激に下がった事で、床で寝るのが辛くなってきたのでしょうね。

また〝あめ〝が、偶然見つけた(いつもは隠している)我が家で一番柔らかいクッション(ニトリで購入)に乗って、その心地よい肌触りと、ふわふわな乗り心地に心を奪われてしまったのも一つの原因ではないのかな?

クッションに包まれている〝あめ〝は、気持ちよさそうな寝顔を魅せつつ、現在も爆睡しております。

ちなみに本来、このクッションは妻が就寝時に枕代わりとして使用していたものですが、〝あめ〝がそのクッションの気持ち良さを覚えてからは毎晩、妻と〝あめ〝でクッションの取り合いをするようになりました。

〝あめ〝は基本何されても怒ることのない優しい子なのですが、このクッションの取り合いに関しては結構ガチで怒ります。

鬼の形相でしたよ(´・ω・)

まぁ、〝あめ〝に限らずにお兄ちゃんの〝そら〝も私に怒ったり、歯向かう事はなくとも、妻に対しては怒ったり、歯向かったりするので、クッションどーのこーのよりも信頼関係に問題がある事は否めませんね。

ポメラニアンに最適なクッションの柔らかさって何だろな?

体重の軽い小型犬にはスノービーズが良いかもね

さて、クッションが大好きなのは〝あめ〝だけではなく、〝そら〝も大のクッション好きなのですが、ここで気になるのが『人をダメにするクッション』と呼ばれる製品の存在です。

一時期、港で結構噂になった商品ですが、あれはわんちゃんにも有効な柔らかさなんでしょうかね?て言うか、そもそも大き過ぎるよねアレ。

元々、人を対象としたクッションですから、大型犬などの人に近い体重の子はクッションの柔らかさを堪能する事が出来るのでしょうけど、我が家のポメラニアンは平均体重が5㎏程度となっていますので、クッションの柔らかさを感じ取る事が出来るのか少し不安になります。

そもそも、体重の軽い子が『気持ち良いなぁー、ふかふかだなぁ』と、感じるにはクッションの中身にある素材が重要になってくるのでしょうね。

そこで、私が小型犬に向いているクッションの中に使用されている素材を考えてみたところ、〝スノービーズ〝に行き当たりました。

スノービーズが使用されているクッションは、その対象の重さや、形に合わせてクッションの形がスムーズに変わりますので、体重の軽い小型犬にもクッションの心地よさが良く感じ取れる種類の一つになるのではないか?と推測。

またスノービーズが使用されているクッションの種類の中には、クッション内のスノービーズ量を調整できるタイプもあり、量の調整で自在にクッションの柔らかさを変化をさせる事ができます。

その為、人間を対象としたクッションでもスノービーズ量の調整が可能であれば、愛犬に合わせた柔らかさを保ってあげる事ができるかも知れませんね。

スポンサーリンク

この事から、小型犬には『人をダメにするクッション』よりも、スノービーズの調整が可能なサイズの小さいクッションを選択すべきだなと感じます。

・・・・・。実際にネットで調べて見たところ『なんということでしょう』

スノービーズ量の調整が可能で、サイズの小さいクッションは、〝人をダメにするクッション〝と同等かそれ以上の価格設定となっていました。

(; ・`д・´)商品にもよるけどね。

クッションを購入して1日どころか、10分以内に〝あめ〝によって、クッションを破壊される事を考えると、購入すべきか迷ってしまう・・・・立ち直れねえべ。

ううぬ・・・クッションを手作りするか?


またね(。-`ω-)

コメント

error:Content is protected !!