犬ごはんのかさ増し・トッピングにおすすめな食材と調理法【野菜編2】

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんのダイエットにおすすめな『かさ増し食材』の野菜について紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



今回は以前ご紹介した犬ごはんのかさ増し・トッピングにおすすめな食材と調理法【野菜編1】の続きとなります。

以前同様に、ご紹介するかさ増しやトッピングに使用する食材は、スーパで手に入りやすい物を厳選し、調理法は料理が苦手な方でも行える方法を選択していますので是非お試しください。



犬ごはんのかさ増し・トッピングにおすすめな食材と調理法

野菜は数ある食材の中で最も手に入れやすく、その種類はとても多彩で野菜ごとに様々な栄養素を含有していますので、わんちゃんのごはんに是非とも取り入れたい食材カテゴリーとなります。



また野菜はお肉やお魚と違い、1つ1つの価格が安く下処理も簡単に行えますので料理経験のない初心者の方でも手軽に調理できる食材となります。

今回はダイエット中のわんちゃんを想定したうえで、厳選した食材をご紹介します。



紹介する野菜をわんちゃんに食べさせる時は消化不良防止・喉に詰まらせない為にも各0.5~1㎝程度に細かくカットして、キノコ類はみじん切りにした上で食べさせましょう。



果菜類の野菜

ゴーヤ おすすめの調理法:ゆで・蒸し・炒め

ゴーヤはわんちゃん全般が好む食材の一つで、好き嫌いが激しいわんちゃんでも食べてくれる確率の高い食材です。



夏が旬のゴーヤは暑い時期に嬉しい、夏バテ効果を期待でき血糖値の抑制などを促します。

また栄養素には葉酸やビタミンC・ビタミンKを多く含みます。



ゴーヤを調理する場合は、中にある種や白い部分をスプーンなどで取り除いてから調理しましょう。



パプリカ おすすめの調理法:ゆで・蒸し・炒め

パプリカは赤や黄色の色合いに分かれますが、栄養素は特に変わりませんのでどちらを選んでもらっても問題ありません。



パプリカはピーマンに姿・形が似ていますが、栄養価はピーマンよりも高くとても甘みがあります。

また、中性脂肪の分解や疲労回復にも効果がありますので、ダイエット中のわんちゃんにおすすめです。



パプリカを調理する場合は、中の種とヘタの部分を取り除いておきましょう。



冬瓜 おすすめの調理法:ゆで・蒸し

冬瓜は大きいサイズでありながらも価格帯が非常に安い食材で、コストパフォーマンスにとても優れた食材です。



冬瓜は夏の野菜でその効果には体温を下げる働きなどがありますので、是非とも旬の時期に食べさせてあげたい食材です。



また、冬瓜は低カロリーで利尿作用のあるカリウムを含有していますので、一週間に1回は体の毒素を出す為にも冬瓜を献立に組み込んでみるのも良いのかも知れません。



キノコ類

しいたけ おすすめの調理法:ゆで・蒸し・炒め

しいたけは食物繊維やミネラルがとても豊富な食材で、またレンチナンやエルゴステリンも含有しています。



レンチナンは抗腫瘍作用の効果を持っており、体に抵抗力をつける効果があります。

また、エルゴステリンはビタミンDのような働きを持っており、肥満防止やカルシウムの吸収を助けます。



しいたけは石垣の根元部分だけ切り落とせば、茎の部分も使用できますので無駄なく使い切りましょう。

わんちゃんごはんのだし汁作りにも活用できますので、家に常備しておきたい食材となります。



エリンギ おすすめの調理法:ゆで・蒸し・炒め

エリンギはダイエット中のわんちゃんにおすすめなキノコ類の1つで、脂肪を取り過ぎてしまった、わんちゃんの体重増加の抑制に効果を期待出来ます。



またその他にもパントテン酸と呼ばれる肌荒れに有効な栄養素などを含有していたり、悪性貧血を予防してくれる葉酸も含有します。



次回はかさ増し・トッピングにおすすめな果物をご紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



(`・ω・´) またね!

コメント