愛犬への手作りご飯〝野菜編〝!食事で注意したい野菜の取り扱い方とは?

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

愛犬への手作りご飯を作る上で、野菜は栄養面から食事に欠かせない食材となっています。

また犬は『肉食ではないの?野菜なんて本当に食べてくれるの?』と感じる方もいる様ですが、どちらかと言えば犬は雑食性に近い動物であり、野菜が大好物のわんちゃんも存在します。

とは言え、犬は人間の様に野菜を上手く消化する能力は持ち合わせていませんので、当然対策してあげる必要はあります。

また全ての野菜を食べる事が出来る訳でもないので、犬が食せる野菜の種類と食べてはいけない各野菜ごとの部位(茎・ヘタなど)を飼い主は知っておかなくてはなりません。

では、手作りご飯を調理する上で、飼い主が注意しなくてはならない野菜の取り扱いに対する注意事項とは、どの様なものなのでしょうか?

※ちなみに犬よりも猫の方が肉食に近い動物と言われています(`・ω・´)ガオーーー

スポンサーリンク

手作りご飯を作る上での野菜の取り扱い方・注意事項とは?

愛犬への食事には野菜の種やヘタ・皮を組み込まないでおく

野菜を調理する時、普段から何気なく取り除いているヘタや種。

これらは野菜の種類にもよりますが、中には愛犬だけではなく、人間すらも中毒を引き起こしてしまう、危険な野菜の種類も存在します。

ヘタが危険とされる野菜の一部には、一般的によく利用されているトマトやなすが該当しています。

トマトやナスのヘタには〝ソラニン〝と呼ばれる成分が存在し、この成分が中毒症状を身体へ与える原因となります。

ソラニンは一般的に浸透している中毒成分の一つで、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

ソラニンと言えば、ジャガイモの芽に含まれていることでも有名ですよね。

しかし実はジャガイモは芽にだけ、中毒成分のソラニンが含まれているわけではなく、緑色に変色した〝皮の部分〝にも存在しますので、人間はお腹を壊さない為にも十分に注意しておくと良いですね。

犬が中毒成分を体内へ含んでしまった場合、原因となった成分や量によって症状が異なりますが、主に以下の様な様子を引き起こす可能性があります。

  • 嘔吐
  • 下痢(軟便も含む)
  • 食欲の低下
  • 元気が無い(グッタリとしている)
  • 痙攣
  • 意識がない
  • ヨダレを垂らすなど

中毒症状の発症時間は、 個々の体質や身体の大きさ、誤食した量などによって発症する瞬間はバラバラで数時間後に引き起こす事もあれば、数日経ってから気付かないうちに発症しているなんて事もあります。

その為、飼い主さんは愛犬が野菜のヘタ等を誤食してしまったのを目撃、又は食べたことに気がついた際は、様子を観察するのではなく、すぐさま動物病院へ連れて行ってあげましょう。

また野菜の皮には栄養が豊富に含まれていますが、野菜の栽培過程によっては農薬の有無も気になりますので、無農薬と記されていない限りは皮も取り除いておくのがベストでしょう。

野菜の種類によっては完熟『しているか?』、『していないか?』も大切なポイント

野菜に限らず果物にも同じことが言えますが、野菜や果物の種類の中には『完熟している状態を食べ頃』とするものや、『完熟していない・し過ぎていない状態を食べ頃』とする、2パターンに分かれる事があります。

果物は種類にもよりますが、完熟すればするほど糖度が上がり、中性脂肪に大きく変化してしまいますので、愛犬へ与える際は出来る限り完熟しすぎていない状態を与えるのが良いですね。

また野菜であるトマトは〝完熟したものを加熱調理する事が必須〝となりますので、手作りご飯を調理する際は、果物も含め種類ごとの完熟状態を把握しておく事が大切となります。

スーパなどで購入される際は、〝いつ頃、その野菜や果物を使用するのか?〝や、〝陳列している野菜や果物は、熟し具合がどの様な状態であるのか?〝をしっかりと確認しておくと食材が無駄にならず済みますよ。

スポンサーリンク

下ごしらえは大切。灰汁の多い野菜は先にあく抜きをしておこう

一般的に行われている野菜の下ごしらえの中でも、あく抜きは昔から伝わる調理技術の一つで、〝有害物質の除去〝や〝病気の原因となる成分の除去〝の他に、味を良くするためなどの理由があります。

また人参などの一般的にアクの出にくい野菜も、下ごしらえとして水に浸しておくと、心疾患などの敵となる〝リン〝や〝カリウム〝を抑える事が出来ますので、ちょっとした手間も手作りご飯においては大切なポイントとなります。

ただし野菜を水に浸し続けるのは、他の栄養素の損失にも繋がりますので、30分なら30分と時間を決めて行いましょう。

下ごしらえの〝あく抜き〝が必要な野菜は、ジャガイモやさつまいも・ゴボウ・里芋・山芋などが有名ですよね。

ジャガイモやサツマイモは、〝アクリルアミド〝と呼ばれる有害物質を含んでおり、その有害物質を取り除く為に水へ浸し、水が白く濁らなくなるまで流水で流し続けるか、水を交換し続ける必要があります。

また里芋や山芋に含まれている成分〝シュウ酸カルシウム〝は、触れると痒くなる原因であり、その成分は結石の原因となりますので、水に浸してヌメリをしっかりと取り除いておかなくてはなりません。

野菜の下ごしらえは種類によって異なりますので、野菜一つ一つにどのような方法があるのかを調べてみると良いかと思います。

愛犬へ与える野菜は細かくカット・ペースト状にする

野菜の種類にもよりますが、基本的に野菜は犬が消化のし辛い食材の一つで、その野菜によって調理方法を細かく粗みじんにしたり、すりおろしたり、ペースト状にしたりと、種類に合わせて調理手順を変えていく必要があります。

また、わんちゃんの消化器官の強さは個々によって異なりますので、まずはドックフードと同じ大きさにカットしてみて、排泄物に食材の固形が残っている様であれば、ドックフード大から粗みじん→すりおろし→ペーストと、犬の消化器官に合わせた調理方法に変更していくと良いですね。

さらに愛犬の消化を助ける方法にはカットだけではなく、火入れに関しても煮込みなどの食材が柔らかくなりやすい調理方法を取り入れることも一つの手段となりますので、愛犬に何が適しているのか?を日々観察してみましょう。

野菜の特徴を理解したうえで生食・サラダにも挑戦してみよう

野菜の種類の中には加熱せずとも、愛犬が野菜を生で食べることが可能な種類も多く、調理過程の加熱処理の際に失われる栄養分を生野菜であれば一切の損失もなく、身体へ取り入れることが可能となりますので是非とも試してみたい食事方法ですよね。

しかし当然ですが、野菜を生で与えることが可能とは言え、愛犬が食べやすく、消化のしやすい大きさにカットする調理過程は変わらず必要となりますので、覚えておいて下さい。

私が実際にポメラニアンの〝そら〝と〝あめ〝に生で与えている野菜には、以下の様な種類が挙げられます。

  • 大根のすりおろし(水で辛味成分を取り除く必要性有り)
  • スプラウト類
  • レタス
  • 白菜
  • 水菜
  • しそ
  • パセリなど

生野菜の食事は熱に弱いビタミン等を加熱調理の工程で損失する事がないので、愛犬の体内へビタミンなどの栄養素を取り入れる上では、健康面からしても是非試して頂きたいですね。

しかし、その一方で野菜を選別する私達に野菜の知識が無ければ、誤った野菜(加熱が必須など)を間違って愛犬へ与えてしまい、中毒や消化不良を引き起こす原因となる可能性がありますので最低限の知識は必須と言えます。

その時期の旬の野菜を積極的に取り入れよう

野菜に限らず、食材には 〝旬〝と呼ばれる、その時期に一番美味しくなる瞬間が存在します。

その時期の食材は味は勿論のこと、栄養価も1年の中で1番高くなっておりますので、愛犬だけに限らず私達の食の楽しみとして積極的に旬の食材を取り入れてみたいものですよね。

スポンサーリンク

最後に:愛犬の食事へ組み込む野菜は最低、3種ほど組み込んでみよう

愛犬への食事は基本的に、〝1週間を目安に必要な栄養素を摂る〝ことがポイントとされています。

実際、愛犬に必要な1日の栄養素を全て取ろうとしたら、一回の食事量が多量となってしまい食い切れるものではありません。

↑試した_(:3」z)_<てか使用する食材が多く、時間と共に冷蔵庫の中で食材が次々と傷んでいくからやめた方が良いです・・・モッタイナイオバケデルヨ

また注意事項として、一日に1〜2種程度の野菜だけでは、上手く栄養素をコントロールするのは難しく、下手をすると栄養が偏ったり、一部栄養素が不足してしまう可能性も考えられますので、最低3種程度の異なる栄養素の野菜を上手く活用してみるのが良いかと感じます。

私が愛犬のポメラニアン達へ手作りご飯を作る時は、最低5種以上の異なる栄養素の野菜を使用するように心がけていますよ。


(`・ω・´)またね

コメント

error:Content is protected !!