ポメラニアン達とクリスマスのイルミネーションを見に行く!撮影困難な黒いヤツ?

こんにちわん(`・ω・´)<ポメラニアンの多頭飼いブログだよ!

愛犬達にクリスマスのイルミネーションを見せに行こうと、近くの公園へ出向いたは良いものの、写真を撮ろうとしたら、まさかの事態が発生・・・・

スポンサーリンク

クリスマスイルミネーションに照らされるポメラニアン達

真っ黒なポメラニアンは夜間の撮影に限度がある・・・

遂にサンタさんが地上へ舞い降りるクリスマスとなりましたねぇ。

クリスマスの日は、公園や施設等に飾られているイルミネーションを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

私もポメラニアンの〝そら〝と〝あめ〝にイルミネーションを見せてあげようと、家の近くにある広場までお散歩がてらに行ってきました。

そこはそれなりの広さの駐車場とベンチ・テーブルが備え付けられた、休憩所の様な広場になっていて、普段は誰も見向きもしないような場所なのですが、クリスマスの期間だけはイルミネーションが装飾される事もあり、カップルや子連れの家族が写真を撮りに来ていました。

↑写真が暗いなぁ・・・

決してめちゃくちゃ広いとは言えない広場ですが、イルミネーションの装飾はこれでもかと言うぐらい詰め込まれていました(●´ω`●)

この広場から1~2㎞程度離れた場所に大型のショッピングセンターがありますので、そこへ行けばもっと大きなイルミネーションを見る事が出来たのでしょうが、さすがにわんちゃん連れで人混みの中に行くのは色々とめんどくさいのでスルー。

(子供が苦手な〝あめ〝にとっては、イベント時の人混みはまさに地獄でしょうからね)

それにしても、この広場は周りに街灯が少ないせいか、イルミネーションの主張がとても強く感じました。

むしろ途中で目がチカチカし過ぎて辛かったですね(; ・`д・´)

↑ベンチなどに愛犬を乗せる時は、タオルやブランケットを敷くと良いですよ。(この日は綺麗にベンチを拭いておきました)

この日、私はイルミネーションを楽しむと言うよりかは、〝そら〝と〝あめ〝のクリスマス仕様の写真を撮れる事に一人心踊らせていましたが、まっ黒くろすけが居る事を忘れてました。

被毛の色が明るい〝そら〝はまだしも、暗い色の被毛を備えた〝あめ〝の場合は、周りの明かりが届かないような場所で撮影すると、以下のように真っ黒くろすけ状態に・・・

うむ。見えん_(:3」z)_

〝そら〝はまだ、比較的見やすいかな?

夜間の外出先であまり撮影する事が無かったのですが、毛の色が黒い子は夜間の撮影が大変な事を思い知りました(;´・ω・)残念・・

まぁ、私のカメラ技術を上げれば対処できるのだろうけどね。

この後、イルミネーションをバックにした〝そら〝と〝あめ〝の写真を撮り終え、来た道を辿って帰路に着いたのですが、やはりポメラニアンの〝あめ〝は『歩くの疲れたぁ~、抱っこしてー』とおねだりしてきましたね。

まぁ、この広場まで自宅から徒歩で30分程度掛かりましたし、良く頑張って歩いた方かな?

広場からの帰り道は〝あめ〝を抱っこして、〝そら〝には歩いて帰ってもらったのですけど、行きしと違い〝そら〝のペース配分に合わせて帰ったら、なんと15分前後で家に着きましたよ。

やはり〝あめ〝の歩くペースは遅いんだな、と実感したクリスマス・イブでした。


またね(。-`ω-)

コメント

error:Content is protected !!