クリスマスイルミネーション×わんちゃん

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事は我が家のわんちゃんの日常ブログとなっています。



前回の日常ブログは下のボタンをクリックすると、飛ぶ事が出来ます。



イルミネーションに照らされるポメラニアンのそらとあめ

遂にサンタさんが舞い降りるクリスマスとなりましたねぇ。



クリスマスと言えば、イルミネーションを楽しまれる方も多いのではないでしょうか?



私もポメラニアンのそらとあめにイルミネーションを見せてあげようと、家の近くにある広場までお散歩がてらに行ってきました。



そこはそれなりの広さの駐車場とベンチ・テーブルが備え付けられた、休憩所の様な広場になっていて普段は誰も見向きもしないような場所なのですが、クリスマスの期間だけはイルミネーションが装飾される事もあり、カップルや子連れの家族が写真を撮りに来ていました。

決して広いとは言えない広場ですが、イルミネーションの装飾はこれでもかと言うぐらい詰め込まれていました(●´ω`●)



この広場から1~2㎞程度離れた場所に大型のショッピングセンターがありますので、そこに行けばもっと大きなイルミネーションを見る事が出来たのでしょうが、さすがにわんちゃん連れで人混みの中に行くのは色々とめんどくさいのでスルーしときました。



(子供が苦手なあめにとっては、イベント時の人混みはまさに地獄でしょうからね)



それにしても、この広場は周りに街灯が少ないせいか、イルミネーションの主張がとても強く感じました。

むしろ途中で目がチカチカし過ぎて辛かったですね(; ・`д・´)

とはいえ、イルミネーションに使用されている装飾の種類も多く、とても色鮮やかで『あぁ、クリスマスなんだな。』と実感できる程のクオリティーはありました。



この日、私はイルミネーションを楽しむと言うよりかは、そらとあめの写真を撮れる事に満足していましたが、一人まっ黒くろすけが居る事を忘れてました。



そらはまだしも、あめの場合は少し周りの明かりが届かないような場所で撮影すると以下のように【闇に紛れしあめ】となってしまうのです。



そらはまだ、比較的見やすいかな?



毛の色が黒い子は夜間の撮影が大変だよね(;´・ω・)

まぁ、私のカメラ技術を上げれば対処できるのだろうけどね。



この後、イルミネーションとそら・あめの写真を撮り終え、来た道を辿って帰路に着いたのですが、やはりポメラニアンのあめは『歩くの疲れたぁ~、抱っこしてー』とおねだりしてきましたね。



まぁ、この広場まであめの歩くペースに合わせて30分程度掛かりましたし、良く頑張った方かな?



広場からの帰り道はあめを抱っこして、そらには歩いて帰ってもらったのですけど、そらのペース配分に合わせて帰ったら、なんと15分前後で家に着きましたよ。



やはり、あめの歩くペースは遅いんだなと実感したクリスマス・イブでした。



わんちゃんの日常ブログは下のボタンをクリックすると、次の記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね(。-`ω-)

コメント