愛犬への手作りご飯〝白米編〝!食事で注意したい炊き・煮込み具合とは?

愛犬の食事に関する疑問

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

白米は愛犬への手作りご飯に活用しやすい食材の一つとなりますが、白米や玄米などは消化の悪さから消化器官に負担が掛かりやすく、粘り気がある為に食道へ詰まり易い特徴を持っています。

この事から米を調理する際は、消化の負担や食べ易さに注意を向けた上で、愛犬に適した炊き・煮込み具合を考えてあげなくてはなりません。

では白米を調理する際の注意点とは、一体どのような事なのか?今回は白米の調理方法について紹介して行きますね。

スポンサーリンク

白米などを使用した手作りご飯の注意点とは?

愛犬が消化不良や喉への詰まりを起こす可能性がある

犬の消化器官は、食物繊維の多い野菜や穀類に対しての消化を苦手としており、白米等を〝大量に食べた〝、〝煮込み具合が足りなかった〝など場合は消化不良を引き起こしやすくなっています。

消化不良を引き起こした場合は、軟便や下痢、嘔吐などの症状を表しますので、白米の与え過ぎは勿論、調理方法にも注意を向けて上げる必要があります。

また米の種類の中でも、特に玄米は白米と比較して消化しにくい種類となっています。

実際に愛犬へ玄米を食べさせた後のうんPには、稀に玄米が混じっている事がありますので経験上、玄米は白米よりも消化が悪いとハッキリ言えますね。

お米は種類によって食物繊維の量が異なりますが、玄米に限らず米は野菜の中で比較的に食物繊維の多い部類に入りますので、米は愛犬にとって消化に悪い食材の一つとなります。

また犬はご飯を食べる際に、食事を舌で掬い取るか、かぶりついて食べるか、の2通りが基本となりますが、炊飯器等で炊いただけの白米などは、粘着性が非常に高い食べ物となるので、犬が舌だけで白米を掬い取る事は、ほぼ不可能と言えます。

その為、お口を使ってガブリと白米等を食べる事となりますが、粘着性の高い米を大量に口の中へ含んでしまうと食道へ詰まってしまう危険性があり、最悪の場合、喉へ米を詰まらせてしまい窒息などの事故へ繋がってしまう恐れが十分に考えられます。

これらの事から、白米等の米を手作りご飯に活用する場合は消化不良や喉への詰まりなどに注意を向けなくてはなりませんので、初心者の方は少し扱いにくいと感じてしまうかも知れません。

しかし〝消化に悪い〝・〝窒息の危険性〝がある、とは言え米の栄養素はとても種類豊富で、玄米に至っては〝栄養素の宝庫〝とも言われていますので、健康的な身体を作る上で是非とも食べさせたい食材でもあります。

では愛犬の消化に優しく、喉へ詰まらない調理方法とは、一体どの様なものなのでしょうか?

愛犬への食事はおかゆ並みの柔らかさと水分を持たせる事が大切になる!

私が白米等を手作りご飯へ使用する際に、おすすめしたい調理方法は以下の通りです。

  1. 炊飯器で炊く場合は〝おかゆ炊き〝モードを選択する
    • 土鍋ならば炊く際の水分量を増やす
  2. 炊き上がった米をザルに移し、米に付着している〝ぬめり〝をお湯で洗い流す
  3. 洗い終わった米を大量の水と鍋で長時間、弱火でじっくりと煮込む
    1. 玄米の場合は感覚として、白米の2倍近くの時間煮込むと良いです

また米を煮込む際に水ではなく、鰹節やお肉のだし汁などと合わせて煮込めば、お米に風味が付いて愛犬の食欲を刺激する事が出来ますので、食欲不振の子にはおすすめですよ!

この調理方法なら、愛犬の消化器官へ掛かる負担を和げてあげる事が出来ます。

更に白米等を使った、手作りご飯の食事レシピとしては、野菜や肉・魚を混ぜ入れて一緒に煮込む〝ごった煮〝が初心者の方には手軽に作れて良いかと思います。

特に〝ごった煮〝のように白米等をスープ(水分)と一緒に摂らせてあげれば、喉への食事の通りが良くなりますので、米の粘着質による窒息の危険性を大幅に減らす事ができますよ。

スポンサーリンク

最後に:一日のカロリーを抑える為にも米は少なめに提供してあげよう

お米は栄養素が豊富な反面、カロリーもそれなりに高くなっていますので、愛犬に食事で白米等を与える際は消化器官を休ませる意味合いも含めて、排泄物の様子を見ながら少量を週に2~3回程度に分けてあげると良いですね。

また手作りご飯だけの活用ではなく、米を潰してフライパンやオーブンで薄く焼けば、愛犬が喉へ詰まらせにくい〝パリパリせんべい〝が出来ますので、普段の食事に米を使用しなくても、おやつとして米の栄養素を与える事が可能です。

ただし注意点として、米のパリパリせんべいを与える際は、手で小さく千切ってから愛犬へ食べさせてあげてくださいね。


(`・ω・´)またね!

コメント

error:Content is protected !!