わんちゃんとの年越しは『そば』ではなく『お肉orお魚』でしょう。

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事は我が家のわんちゃんの日常ブログとなっています。



前回の日常ブログは下のボタンをクリックすると、飛ぶ事が出来ます。



わんちゃんとの年越しで食べる食材は『お肉かお魚』と毎年決まっている

【年越しそば】皆さんは食べましたか?

年越し蕎麦は大晦日に縁起を担ぐ事を理由に蕎麦を食べる習慣の事を言いますよね。

年越し蕎麦には諸説ありますが、蕎麦は【細くて長い】事から家運長明や健康長寿などのご利益があるそうです。



年越し蕎麦は日本の文化の1つではありますが、大晦日に蕎麦を食べる理由に関しては知らない人も多いのではないでしょうか?



逆にその理由を知っていても、大晦日に蕎麦を食べない人も居ますから今では『大晦日の雰囲気的になんとなく食べる』人がほとんどだと思います。



実際に私も大晦日に蕎麦を食べる事はなく、かれこれ10年以上は食べていない気がします。



むしろ、ポメラニアンのそら・あめと暮らし始めてからは『わんちゃんと一緒の食べ物を食べて、お正月を迎える』ことに意識を向けていましたので、ここ数年は蕎麦ではなく【お肉やお魚】を食べて正月を迎えております(∩´∀`)∩

もちろん折角の年越しお肉・お魚となりますので、ブランド牛などの少しお値段の張る、お肉を使用しています。



ただし、この年越しお肉に関しては霜降り肉をいつも選択していますので、(お財布が定期的に氷河期へ入る期間の1つが年末なのだよ)気を付けないと年越し早々に胃もたれで『気分、悪~いぃ・・』とつぶやく羽目になります。



年越しの食材はお肉が今までメインとして使用されてきましたが、2018年→2019年の年越しに関してはお肉ではなく、お魚を使用した【年越し魚】でお正月を迎えました。



チョットした気持ちの問題ではありますが、わんちゃんと一緒に同じ食べ物を食べて、そのまま新年を迎えるのは【動物と暮らす家庭の新たな1つのスタイル】なんじゃないかなーと感じます。



わんちゃんの日常ブログは下のボタンをクリックすると、次の記事へ飛ぶ事が出来ます。



以上、我が家の年越し事情でした(∩´∀`)∩またね

コメント