愛犬と作る写真絵本!『草木トラップに引っ掛かったポメラニアン?』

ポメラニアン達の日常

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

普段から散歩している親しんだ公園で、愛犬のポメラニアンが自然のトラップに巻き込まれ、被毛が抜けてしまう、まさかの事態に!?日々の何気ない日常で起きた悲劇を、愛犬を主役に写真絵本として作成してみました!

スポンサーリンク

草木トラップに引っ掛かったポメラニアン?

運動公園にやって来たのは良いが、〝そら〝は何をしているんだ?

あめ『やぁ、今日も運動公園にやって来たよ!』

あめ『ここはタータンの上を走れるから、僕のお気に入りの場所の一つなんだ!』

補足:タータンとは陸上競技場などに設置されている、赤茶色の地面の事です。

あめ『これがタータンだよ。数ある地面の中では一番走りやすい地面だと僕は思うね。』

あめ『一番走りにくいのは砂浜だね。足が沈むから走るどころか、歩くのも大変なんだよ。』

あめ『砂浜ではこうやって、水かきを広げないとずぶずぶって、足が沈むの!!』

あめ『この運動公園はタータンの道以外にも芝生があるから、色んな感触を楽しめるんだ』

あめ『それに最近は、お花やキノコも生えてきたし、沢山の香りを楽しめるのもポイントだね』

あめ『そういえば・・・お兄ちゃんはどこに行ったのかな?』

あめ『お兄ちゃん?何してるの?』

そら『ここに・・・気になる匂いがあってだな・・・』

あめ『うんうん』

そら『それを調査しようと、中に入り込んだ訳なんだが・・・』

あめ『うん?』

そら『実は・・・・・木が引っ掛かって、出れないんだよ・・・』

あめ『・・・えっ・・』

そら『パパ・・たすけてぇ・・』

あめ『お兄ちゃんはお馬鹿さんなのでしょうかね?』

助け出された〝そら〝ですが、木が上手い感じに引っ掛かってた事もあり、助け出された後、そのトラップ場には〝そら〝の大きな塊の抜け毛が落ちていました・・・

そら『危うく剥げるとこだったぜ。』

いや、間違いなく一部は剥げたぞ。

そら『・・・・』

あめ『皆も無理して、草木の下に入り込んじゃ駄目だからね。』

あめ『気になる匂いがする時は、パパやママの手に匂いを移させてから、安全な場所で嗅がせてもらおうね!』

あめ『バッチィけど、僕は汚れないし怪我しないから問題なし!』

あめ『ただ、その手で僕の体に触れるのは遠慮したいけどね』


またね(*‘ω‘ *)

コメント

error:Content is protected !!