『海んぽと熱中症対策の始まり』ポメラニアンの多頭飼いブログ

ポメラニアン達の日常

こんにちわん(*´ω`*)

5月中旬に入り、外気温と湿度が上昇した事に加え、これから雨季に入り始める為、愛犬の熱中症対策が必要不可欠な時期になってきましたね。

特に今年はコロナの影響で散歩・外出を自粛している方も大勢いらっしゃるかと思いますので、愛犬が外気温の変化(温度の上昇)に身体がついていけず、例年以上に熱中症リスクが高まっていると予想されます

(人間においても、今年の夏は同じような理由(+マスクの着用)で熱中症患者が例年以上に増加する可能性があるそうですね)

また散歩等の外出を控え、室内に閉じこもりすぎた結果、愛犬の換毛期がズレてしまい夏場ギリギリで換毛期を迎えてしまう可能性も十分に考えられます。

冬毛から夏毛への換毛期がズレてしまえば、それだけ熱中症リスクが高まってしまいますので自粛中とは言え、季節の移り変わり(外気温の変化)を感じさせてあげる必要がありますね。

換毛期のズレは年齢や個体差によるものもありますが、その多くは

  • ブラッシングやお風呂をしっかりと行っているか?
    • 抜け毛が溜まればたまるほど、当然保温性が上昇するので熱中症リスクが高まる
  • 散歩や外出で気候の変化を感じさせているか?
    • 外気温に触れさせないと、身体が『いつ換毛すれば良いのか?』判断できない
  • 太陽光による日向ぼっこ(自律神経の活性化)を行っているか?
    • 自律神経の活性化・正常化は換毛期を正すだけではなく、ボケ防止や老化防止など健康面においても良い効果をもたらしてくれる
  • 規則正しい生活を送っているか?
    • 日の出と共に起床し、日の入りと共に体を休ませる
    • 健康的な食事(季節の食材を取り入れるなど)
    • 適度な運動(自粛中でも室内で運動させることは可能)
    • 脳への刺激(おもちゃ・コミュニケーション・手作りによるご飯など)
  • 外気温と室内温度に差がありすぎないか?
    • 外が暑いからと言って、室内を涼しくしすぎた状態で過ごし続けると、換毛期を遅らす原因となる
    • また長期に渡って暑さに慣れることの出来ない環境を作り上げてしまうと、咄嗟の外出時に身体が気温差について行けず熱中症を引き起こしてしまう
    • その為、室内の温度は出来る限り外気温に近い、愛犬が快適だと感じるギリギリの温度設定を保てるよう注意しておく

等の理由によって換毛期が大きくズレてしまう傾向にあります。

熱中症は命に関わる危険な症状ですので、老犬や仔犬などの体力の少ない子は勿論、健康的な成犬にも十分注意したい病気となります。

そして現在はコロナの影響下で都心の方は特に外出が思うようにできないかと思われますので、室内温度の見直しやベランダや庭での日向ぼっこを取り入れてあげるなどして、

気候の変化に身体を順応させて換毛期の正常化を図り、冷感グッズを活用して室内温度調整し熱中症対策をしてあげましょう

また室内温度を調整する際は室内を冷房でキンキンに冷やすのではなく、ある程度の冷房と暖かい毛布・冷感グッズを活用して愛犬が自身で体温調節できる環境を作り上げてあげることが大切です。

これは飼い主さんが愛犬の行動(毛布に包まっているか?冷感グッズを活用しているか?パンティングの有無は?など)を観察して、その行動によって室内温度を事細かに調節してあげやすいからですね。

さらに室内温度を調節する時の注意点としては、ネット上にある『夏は○○度が良い』といった情報を鵜呑みにするのではなく自身の愛犬を観察した上で温度を調整してあげましょう

理由としては個々によって快適と感じる適温が異なっていたり、年齢的な違い、犬種的特徴、地域的外気温の違い、室内の構造(エアコン位置や日当たり、家の材質)など多くの特徴が異なる為です。

つまりネット上の情報は自身の愛犬に適した情報では無く、あくまでも健康的な成犬を目安とした一般的な目安となります

自身の愛犬が快適と感じる室内温度はその飼い主様にしか分かりません

さて、前置きが長くなりましたが本題にいきましょ(`・ω・´)

〜ポメラニアンの多頭飼いブログ〜

スポンサーリンク

『海んぽと熱中症対策の始まり』ポメラニアンの多頭飼いブログ

ここ数日の急激な外気温と湿度の上昇により愛犬への熱中症が心配でたまらない主です。

そんな主はここ数日、まさかの熱中症に苦しみ悶えていました←( ^ω^ )<え?www

熱中症に陥った理由は明白、運動不足による体力の低下とマスクを付けたままの散歩は危険だと言う事

皆さんもお気をつけ下さい

さて、そんな憎たらしい熱中症が治った昨日

あめ『うみんぽーーーー!!』

久々に海んぽへ行ってきました

海んぽ自体は1ヶ月ぶりかな?

ここ最近は憎たらしい某ウイルスのせいで思うように散歩が出来てないからね

ここらで思う存分、いっぱい楽しんでくれたまえ

あめ『くもってるね・・』

あぁ・・・うん

どんより雲で気分もどんより

カメラマンの主もどんより気分

やっぱり晴れの日がよかったかな?

あめ『きにくわないけど たのしい!』

それはよかった(*´ω`*)

前日に雨が降ってくれたおかげで砂浜がいい感じに固まって歩きやすかったのも、〝あめ〝が喜んだ理由だろう

あめ『あんよ しずまないの!!』

本当は今回も〝あめ〝と一緒に足先でも海へ入ろうかな?と思っていたけれども、残念ながら干潮ではなかった為、断念しましたん

また、海んぽへ来たものの残念ながら湿度が高い為にあまり長くは居れない

あめ『ちょっと あつくなってきた・・』

ね。蒸し蒸ししてるもんね

身体を壊さないうちに早めに撤収しよう

ただその前に、お兄ちゃんの〝そら〝も少しだけ歩こうかね?

そら『ん・・・ちょっとまって』

もしかして恒例の・・・

そら『うん あじみちゅう』

砂は食べ物ではありませんよ?

しかも、今日の君のパートナー(リードを持っている人物)が誰だか分かってる?

そら『えっ?  !? わっぷ!!!?』

ほらね

容赦なく、お口ゴシゴシされたでしょ

そら『・・・ムカ』

ゴシゴシされた感想は?

そら『さいあくです うみんぽのたのしみをうばわれました』

うん

違う海んぽの楽しみ方を覚えて頂こうか( ・∇・)

海んぽの度に口の中が砂だらけになっても、後が大変なのでね

〜2週間毎の定期受診報告〜

〝そら〝の心臓は相変わらず良くも悪くも平行線を辿っている状態

ただし咳などの症状が無く、落ち着いている様子を見ると、初期よりは安定しているのかなぁといった感じ

そして今回、新たに発覚したのは弟の〝あめ〝にも軽い雑音が見られたと言う事

症状としては軽度ではあるものの6段階のグレードがある中で現在2段階目に差し掛かっている可能性があるとのこと

簡単な検査しかしていないので、完全に判断できる訳ではないが後1ランク上がれば、薬を服用しなくてはいけないと通告されました

ひとまず検査をして、詳しい状態を調べねばならぬまい

状態としてはかなり早期発見といえるので、もし心臓病が確定するのであれば、早めにサプリメント又は漢方を用いて進行を遅らせるのが得策だろう

あとは興奮させない事←これが1番大切


またね(*´ω`*)

コメント

error:Content is protected !!