犬の手作りご飯とドッグフードは基本どっち?メリット・デメリットから考える!

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、犬の手作りご飯とドッグフードのメリット・デメリットを比較し、一体どっちが犬の身体に良いのか?また、メリット・デメリットから考える、私の基本とする考え方も紹介しますね。

わんちゃんの食事に関しては、動物のプロである獣医師の間でも意見が分かれており、『ドックフードと水だけで十分だ』と言う獣医師も居れば、手作りのご飯を作ってあげるのが健康的だと述べる獣医師もいますよね。

実際に『ドックフードと手作りご飯のどちらが良いのか?』については、わんちゃんと暮らし始めた初心者の方だけに限らず、長年暮らしてきた方も疑問に感じているかと思います。そこで今回は、ドックフードと手作り犬ごはんのメリット・デメリットを書き出して、一体どちらがわんちゃんの体に良いのかを確認してみました。

メリット・デメリットを一から書き出すことにより、今まで見えてこなかった危険性や便利性がハッキリと見えてきましたので、ドックフードと手作りご飯に迷っている方が居ましたら、是非この記事をご参考にしてみて下さいね。

犬の手作りご飯のメリット・デメリットとは?

犬の手作りご飯のメリットはコレ!

犬の健康を考えた、手作りご飯の基本的なメリットは以下の通りになります。

手作りご飯のメリットはコレ!

  • 食材の品質管理・厳選ができる
  • 季節ごとの旬の食材を取り入れる事ができる
  • わんちゃんの好みに合わせた、調理法を選択できる
  • わんちゃんの好みに合わせた、食材を選択出来る
  • 調理の仕方次第で、犬と同じごはんを食べられる
  • 食物アレルギーのアレルゲン除去が可能
  • 手作りご飯を通して、刺激を与える事が出来る
  • 手作りご飯を通して、コミュニケーションを取る事が出来る
  • 食の楽しみを感じさせてあげる事が出来る
  • その日の体調に合わせて、食材や調理法の柔軟な対応が可能
  • 老廃物の除去に効果的
  • 食材一つ一つを自身の目で確認し、選択する事が出来る
  • 疾患などの病気に合わせた、食事を提供する事が出来る
  • 着色料や添加物・保存料などの危険性がない

このように、飼い主が犬の体調や性格に合わせて、料理の柔軟な変更を行う事が出来るのも、手作りご飯の魅力ですよね。また、手作りご飯は飼い主自ら、食材を選択し調理を行いますので、ドッグフードで感じる〝原材料の不安〝を気にする事も無く、安心して犬にご飯を食べさせる事が出来ますね。

また手作りご飯を通して、犬に1日の楽しみを追加してあげるのも、魅力の一つだと私は考えています。私達も毎日同じご飯は嫌ですよね?

犬の手作りご飯のデメリットはコレ!

犬の健康を考えて行う、手作りご飯にデメリットはあるのだろうか?一体それが何なのか基本的なことを下にまとめてみました。

手作りご飯のデメリットはコレ!

  • 毎日の調理時間が負担となる
  • 食中毒の危険性
  • 最低限の知識がないと栄養バランスが崩れる可能性
  • それぞれの疾患に合わせた調理法・食材の選択には知識が必要不可欠
  • ご飯の作り置きが難しい

手作りご飯における1番のデメリットは、毎日の調理時間と考えられます。一人暮らしや仕事が忙しい方は、ちょっとした時間を作るのも困難な可能性がありますので、『如何に早く手作りご飯を作るか』が大切になってきますよね。

ドックフードのメリット・デメリットとは?

ドッグフードのメリットはコレ!

昔から犬のご飯として使用されてきた、ドッグフードにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ドッグフードのメリットはコレ!

  • 栄養バランスを考える必要がない
  • 調理する必要がないので手間がかからない
  • それぞれの疾患に合わせた療法食のドックフードがある
  • 疾患の進行をコントロールしやすい
  • 長期の保存ができるので、災害を考えたストックを事前に準備できる
  • 様々な種類のドックフードが出回っている
  • わんちゃんの好みや体形に合わせた商品を選択できる

ドッグフードのメリットはなんと言っても、その手軽さですよね。手作りご飯のように栄養素を考える必要もなく、日々のご飯は、個々の犬に合った分量を取り分けるだけですので、誰でも簡単に行う事が出来ます

ドッグフードのデメリットはコレ!

ドッグフードは手軽な反面、原材料やドッグフードの作成過程に疑問を感じる人も多く、現代では徐々にドッグフード離れが進んでいるようにも感じます。では、そのドッグフードのデメリットとは一体何なのでしょうか?

ドッグフードのデメリットはコレ!

  • 原材料や調理環境の詳細が確認できない
  • 添加物、保存料、着色料の危険性
  • 一度、開封すると酸化防止剤があってもドックフードの酸化は進む
  • 一部のドックフードには国が人への使用は危険と判断した添加物、保存料、着色料を使用している
  • ドックフードに記載されている原材料の一つ一つをしっかり学んでおく必要がある
  • 人の食べ物にはならない畜産廃棄物がドックフードの原料の商品もある
  • ドックフードの原材料には詳細表示の法的義務がないので秘密にしたい内容は秘密に出来る
  • 安いドックフードはリサイクルドックフードの可能性も考えられる(犬や猫の肉も・・)
  • 4Dが使用されているドックフードの存在
    • Deed【死んだ動物の肉】
    • Dying【死にかけていた動物の肉】
    • Disabled【身体の一部に障害のある動物の肉】
    • Diseased【病気の動物の肉】

ドッグフードは手軽な反面、飼い主がその原材料の詳細や作成過程を自身の目で確認できない事から、不安に感じる飼い主も多いようですね。特にドッグフードの原材料には、発がん性物質などの犬の身体に悪影響を与える物質が含まれている事もありますので、犬の身体を想うとドッグフードの使用は躊躇(ちゅうちょ)してしまいますね。

メリット・デメリットを見た後でどう判断する?

犬の手作りご飯とドックフードのメリット・デメリットを見てきてどう感じましたか?特にドックフードのデメリットは知らない方にとっては、衝撃的な内容だったのかも知れませんね。しかし、これは実際に起こっている問題でもあります。

そもそも、1キロ1000円とか2000円のドックフードは100g10円から20円の価格で販売されている事になります。ドックフードの原材料には、お肉や野菜などの食材以外にも保存料やその他栄養素も入っていますよね?これは普通に考えれば、コスト的に無理が生じているはずです。

つまり、正規のルートでは使用できない原材料(4Dや産業廃棄物・リサイクル)などを使用している可能性が多いに考えられますよね。(ちなみに値段の高いドックフードでも危険な種類・メーカーは多いので注意をしましょう。)

ただし衛生環境や原材料となる牛や鹿などの飼育環境と、その飼育されている動物達のご飯について、詳細など事細かにHPに記されたドックフードメーカーも存在しますので、全てが危険という訳ではありませんね。(電話で原材料や製造環境などの問い合わせや、現地の見学が出来るメーカーもあります)

これらの理由もあり、実際のところ私も正直にいってドックフードは怖いです。昔は私も添加物や着色料・保存料などの原材料をしっかりと調べたうえで、我が子にドックフードを食べさせていました。(手作りご飯とドックフードを交互)

しかし、ドックフードと手作りご飯を交互に食べさせ続けて感じたのは、

  • 目ヤ二
  • 排泄物
  • 毛ヅヤ

などの目で見て分かる、犬の健康状態が手作りご飯に比べて、ドックフードの方が全体的に悪く感じました。実際に動物病院で行う健康診断の結果では、手作りご飯を食べていた時の方が犬の診断結果は良かったので、今は手作りご飯のみを食べさせています。

しかし手作りご飯にも欠点があり、災害などの環境下では犬のご飯を手作りするのは、ほぼ不可能です。その為、手作りご飯を料理できない環境下では、必然とドックフードに頼ることになりますね

このことから、わんちゃんに手作りのご飯を食べさせていても、

  • メーカーごとのドックフード調査(原材料やHPの確認)
  • ドックフードの買い置き

は必要となりますので、『手作りご飯とドッグフードのどっちを選択するか?』の答えは、どっちも選択するのが理想的だと私は考えます。

また逆に日頃から、犬にドッグフードを食べさせている方は

  • 現在使用している、ドッグフードの見直し
  • 手作りご飯までとは言いませんが、食材を使用したトッピングの挑戦

を考えてみては、如何でしょうか?ドッグフードすべてを批判する気はありませんが、そもそもドッグフードは人間で言う『インスタント』に位置づけられる商品となります。その為、いくら完全栄養食とは言え、

  • 日々、人間がインスタントを食べ続けたらどうなるのか?
  • 毎日同じご飯を食べ続けて、あなたは苦に感じないのか?
  • 栄養素の中には壊れやすい、種類が存在している事を知っているのか?
  • 何故、犬の死亡率TOPに〝ガン〝による原因が含まれているのか?

これらを考慮した上で、手作りご飯とドッグフードのどっちを日頃から犬に食べさせてあげるのかを決めてみると良いかと思いますよ。

最後に:犬の食事の基本はどっちが良いのかをまとめてみました

犬の手作りご飯とドッグフードのメリット・デメリットはコレ!

  • 手作りご飯
    • 基本的なメリット
      • 食材の品質管理・厳選ができる
      • 季節ごとの旬の食材を取り入れる事ができる
      • わんちゃんの好みに合わせた、調理法を選択できる
      • わんちゃんの好みに合わせた、食材を選択出来る
      • 調理の仕方次第で、犬と同じごはんを食べられる
      • 食物アレルギーのアレルゲン除去が可能
      • 手作りご飯を通して、刺激を与える事が出来る
      • 手作りご飯を通して、コミュニケーションを取る事が出来る
      • 食の楽しみを感じさせてあげる事が出来る
      • その日の体調に合わせて、食材や調理法の柔軟な対応が可能
      • 老廃物の除去に効果的
      • 食材一つ一つを自身の目で確認し、選択する事が出来る
      • 疾患などの病気に合わせた、食事を提供する事が出来る
      • 着色料や添加物・保存料などの危険性がない
    • 基本的なデメリット
      • 毎日の調理時間が負担となる
      • 食中毒の危険性
      • 最低限の知識がないと栄養バランスが崩れる可能性
      • それぞれの疾患に合わせた調理法・食材の選択には知識が必要不可欠
      • ご飯の作り置きが難しい
  • ドッグフード
    • 基本的なメリット
      • 栄養バランスを考える必要がない
      • 調理する必要がないので手間がかからない
      • それぞれの疾患に合わせた療法食のドックフードがある
      • 疾患の進行をコントロールしやすい
      • 長期の保存ができるので、災害を考えたストックを事前に準備できる
      • 様々な種類のドックフードが出回っている
      • わんちゃんの好みや体形に合わせた商品を選択できる
    • 基本的なデメリット
      • 原材料や調理環境の詳細が確認できない
      • 添加物、保存料、着色料の危険性
      • 一度、開封すると酸化防止剤があってもドックフードの酸化は進む
      • 一部のドックフードには国が人への使用は危険と判断した添加物、保存料、着色料を使用している
      • ドックフードに記載されている原材料の一つ一つをしっかり学んでおく必要がある
      • 人の食べ物にはならない畜産廃棄物がドックフードの原料の商品もある
      • ドックフードの原材料には表示の法的義務がないので秘密にしたい内容は秘密に出来る
      • 安いドックフードはリサイクルドックフードの可能性も考えられる(犬や猫の肉も・・)
      • 4Dが使用されているドックフードの存在
        • Deed【死んだ動物の肉】
        • Dying【死にかけていた動物の肉】
        • Disabled【身体の一部に障害のある動物の肉】
        • Diseased【病気の動物の肉】

飼い主が犬の手作りご飯とドックフードで悩まれている根本的な理由は、わんちゃんの身体を思っているから悩まれているのですよね。犬の手作りご飯は、カロリー計算や栄養素の知識を必要とする難しい壁があるのは確かですが、知識はネットや書籍などから入手すれば解決する事で、逆にそれさえ知っていれば手作りご飯のデメリットなんか無いようなものですよね。

逆にドックフードには、どんな素材をどのように扱っているかは、各メーカーによって違い、飼い主が見る事は出来ませんね。さらにドックフードによっては、人への使用を禁止している添加物、保存料、着色料、が含まれている事実はパッケージの詳細を見れば誰でも簡単に分かります。

このように考えれば、ドックフードに不安要素がある以上、『手作りご飯とドックフードはどっちが良いのか?』と比べる意味はそもそもありませんよね。〝ドックフードは予備〝で〝基本は手作りご飯〝だと、私はそう考えています。


またね(‘ω’)ノ

コメント