散歩後のケアで汚れ・ばい菌を落として肉球をプニプニに保とう

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんのお散歩後に行うケアの仕方について紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



わんちゃんとのお散歩は毎日の日課であり、わんちゃんとの大切なコミュニケーションとなります。

そして、それと同時に私達の健康上にも距離が短くとも外を歩くことは精神上・肉体的にもプラスとなります。



特に冬の時期のお散歩は空気が澄んでいる事もあり、とても気持ちの良い時間を過ごすことが出来ますよね。

私はどの季節が好きかと問われたら、間違いなく秋から冬の季節が好きだと答えますね。

なんたって虫が出ないからね!←ここ大事(; ・`д・´)



さて、わんちゃんにも私達人間にも良い影響を与えるお散歩ですが、皆さんはそのお散歩から帰宅した後、わんちゃんをどうしていますか?



帰宅したらわんちゃんを家の中に放して、お散歩終了とするのか?

それともウェットシートでわんちゃんの肉球を拭いてから家の中に放してお散歩終了?



一体、どのケア方法がわんちゃんに対して良いのか?

今回はわんちゃんのお散歩後に行うケアの仕方について紹介します。



わんちゃんのお散歩後のケアが必要な理由とは?

私個人の考えですが、外の道端には様々な汚れ(田んぼが近くにあれば農薬があるかも知れないし、殺虫剤を撒いているかも知れないし、廃棄物などの汚れ等々)病気の基となる菌や怪我の基となる破片(釘やガラス等々)など様々な危険が外には隠れ潜んでいます。



その為、散歩の際はわんちゃんの歩く先をしっかりと確認しておく事が重要となりますが、汚れや菌は防ぎようがありません。

そこで大切なのが帰ってからの手洗いです。

私達も子供の頃、親に『手洗いうがいをしなさい』としつこく言われた覚えはありませんか?



手洗いやうがいは外で付着した汚れや風邪の基となる菌をすぐに落とすことで、病気の予防になると考えられてきたからこそ、代々伝えられている事なのですが、これは人間だけではなくわんちゃんにも同じことが言えます。



さすがにわんちゃんにうがいをさせる事は出来ませんが、手洗いは可能です。



特にわんちゃんは手足をペロペロと舐める仕草をしますので、外で付着した汚れや菌を体内に入れる可能性がとても高くなっており、手洗いはわんちゃんを守るためにも重要なケアとなります。



わんちゃんの手洗いの仕方

わんちゃんの手洗いのやり方は人それぞれかと思いますが、私のやり方を説明します。

また、わんちゃんの手洗いをすると同時に、必ず肉球に怪我はないのか確認しておきましょう。

①まず、ボールや桶などのお水を溜める物を用意して、わんちゃんの足が洗いやすい程度のお水を溜めます。

(夏なら冷ためのお水で冬は少し暖めのお水と、わんちゃんを気遣う配慮は大切な事ですよ)



この時、透明な容器だと汚れの濃さがよく分かりますので、1度洗いで良いのか?汚れが酷い為に2度洗いが必要なのか?が解りやすくなります。

②前足・後ろ足の順番は特に理由はありませんが、私は前足から片方ずつ洗います。

洗い方は片方の手でわんちゃんの足を固定して、もう片方の手で肉球を揉むように洗って肉球の間もしっかりと洗っていきます。



お水は片足が洗い終れば交換して、常に綺麗なお水で洗ってあげましょう。

また、わんちゃんの手洗いをする時は、1人よりも2人で行う方がスムーズに進みますので誰かもう一人いる時は協力をお願いしましょう。



③わんちゃんの手洗いが終わったらタオルでしっかりと肉球の間まで拭いて、気になる方はドライヤーで軽く乾かしてあげましょう。

わんちゃんのお風呂の場合も同じですが、通常のタオルよりも水分を吸収してくれる専用のタオルシートを利用した方が、わんちゃんの毛が早く乾燥しますのでおすすめしますよ。

それならば、わんちゃんの手足程度ならドライヤーで乾かす必要もなく、タオルシートで綺麗に乾きますので。



※わんちゃんの手足を洗った際は必ず乾燥させましょう。水分が残っていると、そこから雑菌が湧く可能性がありますので注意が必要です。



最後に:わんちゃんのケアにウェットや濡れタオルを使用するのはおすすめしません

わんちゃんの手足をウェットシートや濡れタオルで拭く方も居るのかも知れませんが、実際タオルやシートでは手足の細かな部分まで拭くことは出来ませんので、あまりおすすめしません。



散歩後のケアをしっかりと行えば、肉球はぷにぷにの綺麗な状態となりますので、お散歩後のケアはわんちゃんの為にも行っておきましょう。



また肉球クリームと呼ばれる、ケアアイテムも販売されていますので、商品ごとに使用されている原材料をしっかりと確認した上で使用してみても良いのかも知れませんね。

私はオリーブオイルやはちみつでも良いと思いますがね(むしろその方が安全)(´ω`)



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね(*‘ω‘ *)

コメント