愛犬との散歩コースを変える意味とは?『散歩が楽しみ!』と感じられるコースを歩いていますか?〝ポメラニアンと歩く自由気ままな散歩コース〝

ポメラニアン達の日常

こんにちわん壁|ω・`)ノ<ポメラニアンの多頭飼いブログだよ!

愛犬との散歩コースには、住宅街や土手沿い、海岸付近、畑の道沿いなど様々あるかと思います。飼い主さんの生活環境や自宅の場所によって、選択できる散歩コースは限られてきますが、現在その散歩コースを愛犬だけではなく、飼い主さんも『楽しみ!』と感じられているでしょうか?

もし普段の散歩コースを〝一日の作業〝としているのであれば、コースを変える必要性があるかも知れません。わんちゃんと初めて歩いた散歩は飼い主も多少なりとも『ワクワクとした気持ち』を感じていた筈です。

今回は我が家の愛犬達が歩く、散歩コースを紹介しますので、自身の愛犬との散歩では普段何を感じているのか?心から楽しんでいるのか?を一度見つめ直し、愛犬と共に楽しめる散歩とは何かを考えてみて下さい。

スポンサーリンク

本題へ入る前に:『お散歩を楽しんでいますか?』と尋ねてみたい

散歩=作業としているのであれば、楽しみと感じる散歩コースへ変える必要がある

愛犬と生活をしていると、1日の時間枠に『お散歩の時間』が必然的に組み込まれるようになります。

しかし1年を通して、ほぼ毎日同じ散歩コースばかり歩いていると、いつしか『飽き』がやってきますよね。

毎日同じ景色、同じ香り、同じ周囲の音・・・

初めの頃は楽しかった、愛犬とのお散歩が今では『1日の作業』になってはいませんか?

私達がお散歩を楽しくないと感じてしまったら、それは『1つの作業』になっている可能性があります。

愛犬との散歩は、犬に対して以下の様な効果を与える事ができますので、散歩は必要不可欠とも言われています。

  • 愛犬のストレス発散
  • 運動不足の解消
  • 脳への刺激による認知症予防など
  • 飼い主とのコミュニケーション
  • 社会科訓練

これらの中で特に大切なのが〝コミュニケーション〝ですよね。

他の作業や娯楽などと離れて行う散歩は、普段の生活を送る中で、愛犬と濃厚なコミュニケーションを一番多く取れる瞬間でもあります。

そして散歩というのは、愛犬のみならず飼い主も五感を使って道中を楽しんだり、日頃のストレスを解消しリラックス出来る瞬間となります。

しかし、その散歩コースや散歩自体に対して〝飽き〝や〝作業感〝を感じているのでしたら、愛犬と行う散歩の根本的な部分(意味)を忘れてしまっているのかも知れません。

もし、お散歩が作業化しているのであれば、ここから先の記事をご覧になって、少しでも『お散歩を楽しんでみよっかな』と感じてくれれば幸いです。

散歩を『楽しみだな!』と感じるには、まずは散歩コースそのものを変えるのが一番手っ取り早いかも知れませんよ?

今回のポメラニアンと歩くお散歩コースは『田んぼと海沿いのコース』

散歩を楽しむコツは、普段と異なる環境下で周りの景色を楽しむ事だよ

我が家のお散歩コースは大きく分けて『自宅付近の住宅街コース』と『行き当たりばったりな自然を感じられるコース』に分けられます。

『自宅付近の住宅街コース』はどちらかと言えば、天候が悪い時や時間が余り取れない時に選択する事が多いです。

『行き当たりばったりな自然を感じられるコース』は天気も良く、時間が許す限り自然を満喫したいときに選択します。

普段の散歩では、基本的に後者の自然豊かな散歩コースを選択する事が多いですね。

理由として〝住宅街は車や自転車等の事故の危険性が考えられる〝他に、私自身が人混み・人工物の多い住宅街を好まないからですね。

それじゃあ、お散歩コースを紹介するね!

さて散歩コースを変える場合、初めてお散歩をする場所では、事前に軽くで良いので愛犬が歩くであろうコースのチェックをしておきましょう。

  • 駐車場はあるのか?
  • お散歩コースの道中に危険と感じられる箇所は無いか?
  • 地面にガラスの破片や、釘等が散乱していないか?
  • 毒団子等が置かれていないか?
  • 怪しい入れ物がセットされていないか?などなど

後々、危険かな?と感じたら、また別のお散歩コースを探してみましょう。

では、我が家の愛犬ポメラニアン達による〝散歩風景とコース〝を紹介しますね。

スポンサーリンク

のどかな雰囲気が広がる田んぼと海沿いのコース

今回、お散歩コースとして選んだのは田んぼが一面に広がり、そのすぐそばには砂浜が遥か先まで続く海と隣り合わせの場所です。

写真上で確認できる河川には鴨一家が列を成していました。

河川には小魚が数多く泳いでおり、鴨達は水に潜っては食べ、潜っては食べを繰り返していましたね。

鴨を観察した後、お散歩を再開しますが相変わらず、ポメラニアンの〝あめ〝は歩くのが遅い・・・

お兄ちゃんの〝そら〝は、ステコラサッサっと〝あめ〝を置いて先に行ってしまいました。

おにいちゃん、待ってよ~

お兄ちゃんに置いてかれた、〝あめ〝は始めこそ頑張って追いつこうとしましたが・・

ここ、上り坂なんだよね。疲れてきたかも

疲れてきたのか、段々と歩くペースが落ちてきて・・・

少し休憩。

この時、散歩コースの道中にある草木に興味が向いたのか、〝あめ〝は匂いを嗅いだり草木に突っ込んだりしていました。

なんか、良い匂いがするー!

花の匂いにつられて、お散歩を完全に忘れているご様子・・

この間にも、〝そら〝はどんどんと先を急いでいましたね。

んーー、落ちそうだけど、あれが気になる――!

海沿いでチョット記念撮影!と思ったら、テトラ帯が良い感じに邪魔してくれたね。

海がちょっとしか写っていない(笑)

俺は早くお散歩の続きに行きたいんだけど?

その後、〝あめ〝が『もう無理。疲れた、歩けないよ~』となった所でお散歩終了。

時間にして1時間弱ってとこでしたね。

まぁ、いつも通りのお散歩時間となりました。

これは私の個人的な考え方ではありますが、住宅街などでは車や歩行者などの様々な危険や、お散歩に対しての制約がある為、住宅街では伸び伸びと散歩を楽しむ事は出来ないと感じます。

コレが自然豊かな土地で、車も歩行者もほとんど通らない場所だったらどうでしょう?

確かに自然から受ける危険はあります。

しかし人工的な危険や周りへの配慮が無くなる分、私達は伸び伸びとお散歩を楽しむ事が出来ますよね。

また、お散歩の道中で『草木や野生動物・豊かな自然の景色』などを楽しむ事も出来ますので、愛犬だけではなく自身も楽しむ事が出来ますよ。

もし、お散歩が楽しくないと感じているのでしたら、一度で良いので自然を感じ取れる場所に出掛けてみてはいかがでしょうか?

一味も二味も違う、最高のお散歩を楽しめますよ。


またね(∩´∀`)∩

コメント

error:Content is protected !!