ポメラニアン達と春のお散歩

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事は我が家のわんちゃんの日常ブログとなっています。



前回の日常ブログは下のボタンをクリックすると、飛ぶ事が出来ます。



ポメラニアンのそらとあめとお散歩に行って来たよ(*‘ω‘ *)

あめ『今日もあったかいねー』

あめ『絶好のお散歩日和だよ!』

あめ『こんな日は、芝生の上でゴロゴロするに限るよね』

あめ『ゴロゴロするに・・・・・なんかいる・・』

あめ『なんだろう?・・・人が叫んでるし、走ってるよ・・?』

あめ『いっち、にぃー、さん、しー? 何の事だろうね?』

あめ『お兄ちゃん、お兄ちゃん、あの人達は何をしているの?』

そら『ん? あれはね・・・』

そら『ドックランの中でボール遊びしているんだよ。』

そら『いっち、にー、さん、しーは、おやつの数を数えているんじゃないかな?』

そら『あれだけ大人数だと、おやつが均等に配られているか確かめないといけないからね』

あめ『なるほどねー、おやつの恨みは怖いもんね』

あめ『んー・・ぼくもボール遊びしたいなぁ・・おやつ欲しいなぁ』

そら『ボール遊びには興味ないけど、おやつは頂きたいね』

そら『お家に帰ったら、パパにおやつを貰おう』

あめ『うん、うん! おやつ食べたい!』

そら『パパはチョロいからね。可愛くおねだりしたら作ってくれるでしょ』

あめ『僕達の可愛さは罪深いものだね。おねだりしたらパパを簡単に操る事が出来るんだもの』

あめ『問題はママだね。僕達のおねだりが通用しないからね』

そら『通称、〝胃袋の番人〟パパが僕達のおやつを作ってくれても、ママが横取りするからなぁ』

あめ『ねぇー、半分以上は食べられちゃうよね』

そら『ひとまず、お散歩を楽しんでから考えよう』

あめ『そうだね。ママにバレないように対策を練ろうね』

そら『早く来ないと置いていくよ』

あめ『あっ!? 置いて行かないでっ!』

あめ『お兄ちゃーーーーん』

あめ『まっ・・・てぇ・・?』

あめ『そういえば、お兄ちゃん走るの遅いんだった。 へへ、追いつくのなんか楽勝だよ』

そら『・・・なんか言ったか? (。´・ω・)ん?』

あめ『・・・お兄ちゃんの走る姿が、かっこいいなぁーって・・』

そら『まぁな』

あめ『・・ドテドテ走りだk『そら:おやつ抜きな』・・ごめんなしゃい!』

そら『・・・・・・・』

あめ『どうしたの?お兄ちゃん』

そら『いいか? 夢というのはな、他力本願に願うものではなく、自身の力で叶えるものなんだよ』

あめ『・・・・うん?』

そら『どんな小さなことでも、何か一つ諦めたら、そこで夢が終わってしまうんだ

あめ『どうしたの?』

そら『ぼくの今の夢はこのドックランで走り回る事。そして今、このゲードはカギが掛かっていない!!』

そら『ぼくは!今こそ!夢を適えて・・あっ・・』

↑ゲートの前から一切、動かないので抱っこして、その場を離れてやった。byパパ

あめ『・・お家に帰って、おやつ貰おっと』

そら『・・・・解せぬ( ゚Д゚)』


わんちゃんの日常ブログは下のボタンをクリックすると、次の記事へ飛ぶ事が出来ます。


またね(´・ω・)

コメント

error:Content is protected !!