まるでアイドル?写真写りの良いポメラニアンの〝そら〝

ポメラニアン達の日常

(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡ポメラニアンの多頭飼いブログとなっています。

カメラを向けると必ずと言っていいほど、目線やポーズを決めてくれるポメラニアンの〝そら〝。何故、カメラ目線を向けてくれるのか?それは親バカな行動にあったんだよね。

スポンサーリンク

アイドル性質のポメラニアン?

ポメラニアンの〝そら〝は、昔からカメラを向けると必ずと言っていいほど、視線を向けてくれたり、自らポーズをとってくれます。

しかし、〝そら〝に対して今までカメラを向けたらポーズや、視線を向けるように私は教えた事が一度もないのですよね。

では、何故こうもカメラ目線でポーズを取ってくれるのか?

それは〝そら〝が、カメラを向けられた時にポーズ&視線をキメると、〝喜んでくれる〝、〝褒められる〝と覚えているからでしょうね。

いやはや、賢い子ですねぇ( *´艸`)←親バカです(笑)

しかも〝そら〝自身の集中力が高いのか、長時間掛けて私が撮影していても、全く動かないでその場に居てくれますので、撮影が楽で助かります。

これが〝そら〝ではなく、〝あめ〝の撮影となると、一転して大変なものとなります・・・

ポメラニアンの〝あめ〝を撮影するのは大変なのだ

ポメラニアンの〝あめ〝は、とにかく動くものに興味・視線がいってしまうので、きょろきょろ・そわそわと、常にジッとしておくことの出来ないタイプの子なんですね。(´-ω-`)

まぁ、〝あめ〝は賢い子だから教えればしっかりと覚えてくれるのでしょうけど、別に無理して教える事でもないし、時間掛けて自分で覚えてくれればいいかなと思っています。

ちなみに中型犬mixの〝ボス〝は撮影するもなにも、基本動かないので撮影はとっても簡単です。

(´・ω・)冬眠中のくまさんみたいにビクともしないの。まるで置物の様

実際のところ、〝そら〝は我が家の中では特に毛の色が明るく、またお眼目がパッチリとして大きいので、被写体としての写りはかなり良いタイプの子だと思います。

逆に〝あめ〝は毛の色が黒く、お眼目がシジミの様に小粒だから、暗いとこでの撮影が兎に角難しいんですよねー・・・

まぁ、私の撮影技術がまだまだ初心者なのが問題なのでしょうな。

一刻も早く、カメラの腕を上げなくてわ(; ・`д・´)

じゃないと、〝あめ〝の写真だけ〝マックロクロスケ〝になってしまう・・・

夜間に撮影したら、完全に暗闇の背景と同化してるからね。あの子。

可愛く愛おしい我が子のアルバム作成には、大量の写真が必要不可欠ですから、カメラの腕を上げてこれからもパシャパシャ撮りますん!

とか言って撮影した写真を確認してみると、何故か〝そら〝の写真が断トツに多いのね。

これはアレだ。

私の推しメンが〝そら〝だからなのだろう。

センターポジションは君だよ。そら(●´ω`●)

スポンサーリンク

またね(*‘ω‘ *)ポメラニアンの多頭飼いブログでした。

コメント

error:Content is protected !!