『隙さえあれば』ポメラニアンの多頭飼いブログ

ポメラニアン達の日常

こんにちわん(`・ω・´)

我が家の末っ子であるポメラニアンの〝あめ〝は、〝超〝がつくほどの甘えん坊

私が寝る時も、家事をしている時も、常に抱っこを要求し、『片時も離れてたまるか』と言わんばかりに甘えてきます。

そんな甘ちゃんベイビーに育った(育てたが正しいね)〝あめ〝は、散歩中ですらタイミングを見計らって抱っこを要求する始末

〝あめ〝には散歩を完走する為の条件があり

  1. 地面が柔らかい(芝生など)
  2. 気温が暖かい
  3. 外が明るい
  4. 騒音(車の音など)が聞こえない、又は小さい
  5. 風が無風、微風である

といった条件が揃わないと、コースを完走しない、又は亀のように歩くスピードが遅くなります

そんな赤ちゃんベイビーが、散歩中に抱っこを要求する瞬間の撮影に成功しましたので、是非ともご覧頂こう!

スポンサーリンク

〜ポメラニアンの多頭飼いブログ〜

『隙さえあれば』ポメラニアンの多頭飼いブログ

昨日の昼間は気温が低く、少し肌寒い1日となりました。

そんな寒い日は寒暖差の影響による心臓への負担を考慮して、〝そら〝には『くまさん』へ変身してもらいます

そら『僕はナニラニアン?』

君はクマラニアン!やはり可愛いな。。。

後ろから見たら、完全にクマさん

そら『がおーー』

さて、〝そら〝が可愛いのは今に始まったことではない

今日は〝あめ〝が主役

あめ『んーー』

相も変わらず貧相なお尻ですな

あめ『先が長いなぁ・・・』

ポメラニアンにしては、全体的に被毛の厚みが貧しい

あめ『ん?毛が薄いっていった?』

はて?なんのことやら?

あめ『ハゲっていったでしょ?』

いや、毛が薄いなぁーって・・・・あっ。。

あめ『・・・・ゆったな・・』

いや、あの、近いです。m(._.)mゴメンナサイ

〝あめ〝と戯れつつ、散歩を再開

しかし・・・・今日も居るなヤギさん

遠くからでも分かる

警戒されてるげぇ・・・

少し前にヤギさんの横を通ろうとしたら、威嚇され、危うく頭突きを喰らうところでしたからね

んー・・・もう少しリードの打ち込み位置を考えてもらいたいな_:(´ཀ`」 ∠):

そら『僕が威嚇してあげるよ?』

威嚇したからヤギさんも警戒したんでしょうが

通れないものは仕方がない

田んぼ道を横切って、別の道へ

あめ『今日はね、歩ける気がするの!』

へーー(確かに、この日は〝あめ〝にしてはよく歩いている方)

もしかしたら完走できる?

そんな淡い希望を僅かながら抱いていたのに

コース半分ほど歩いた時点で砕け散ることに・・・

あめ『抱っこして♫』

なんて清々しい笑顔なんだ

こんな笑顔を前にしたら、抱っこせざる得ないよね←甘えん坊になる原因は、完全に私の甘やかしだろう

これが甘ちゃん抱っこの決定的な瞬間


またね(●´ω`●)

コメント

error:Content is protected !!