ポメラニアンの色の変化とは!?一覧しておきたい13種類の色!

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、日本国内の犬種標準を定め血統書を発行しているジャパンケネルクラブに登録されたポメラニアンの13種類の色の一覧表に加えて、レアカラーと呼ばれるジャパンケネルクラブには登録されていない被毛の色とその理由について紹介しますね。

また成長過程によって変化するポメラニアンの被毛の色について紹介した上で、我が家のポメラニアン〝あめ〝の血統書に登録されている被毛の色と成長によって変化した現在の色も紹介しちゃいます。現在のあめの被毛の色とジャパンケネルクラブに登録されているあめの色の種類を知ると、『えっ!?本当に○○なの!?』と驚いてしまうでしょうね(笑)

スポンサーリンク

13種類の色と非公認のレアカラーとは?

ジャパンケネルクラブに登録されている13種類の色の一覧表!

日本国内の犬種標準を定め血統書を発行しているジャパンケネルクラブに登録されたポメラニアンの被毛は、遺伝子変化や正常な体に奇形など先天異常をもたらす恐れのない繁殖の掛け合わせを前提として誕生する被毛の色を公認としています。

公認されている13種類の色はコレ!

  • ブラック
  • ブラウン
  • チョコレート
  • レッド
  • オレンジ
  • クリーム
  • オレンジ・セーブル
  • ウルフ・セーブル
  • ビーバー
  • ブルー
  • ホワイト
  • パーティー・カラー
  • ブラック・タン

では、各色の特徴とは一体何なのか?下記にまとめてみましたので是非ご覧くださいね。

各色の特徴を一覧してみよう!

生物である以上、個々によって被毛の色合いに多少の違いはありますが、ここでは基本とされている毛色の特徴を紹介しますね。

ブラック

他の毛色に比べ、全体的に引き締まった印象とポメラニアンのもつ俊敏さを感じさせる被毛となっており、日本よりもイギリスでの人気が非常に高い色合いとなっていますよ。ただし、全身が黒い為に太陽の熱を吸収しやすく夏の散歩では特に注意が必要な被毛の色ですね。

ブラウン

チョコレートの毛色と混合されがちですが、ブラウンはチョコレートよりも色味の濃いブラックに近い茶色の毛色をしています。ブラウンは全体的色合いから、まるで子熊の様な外見をしている事もあり、色合いに合わせた〝ベアーカット(クマさんカット)〝を行う人もいる程ですよ。

チョコレート

ブラウンと比較すると被毛の色合いが薄くなっており、ブラウンよりも優しくふんわりとした印象を受ける色合いとなっています。またチョコレートの毛色はポメラニアンを専門とするベテランのブリーダーでさえ、繁殖が非常に難しいとされる非常に希少な被毛の色なんですよ。

レッド

オレンジよりも赤みの強い色合いで、ポメラニアン本来の色に由来しますのでオリジナルの性質を持っている傾向が強いとされています。またドックショーでは人気の高い色合いですよ。

オレンジ

ポメラニアンのふわふわな被毛を最も綺麗に輝かせる色であり、安定した人気の色になっています。オレンジカラーには赤みがかった濃い色合いから薄い褐色までありますのでオレンジと一概に言えど、その色合いは様々ですよ。

クリーム

現在ではオレンジやブラック・ホワイトの毛色が特に人気を博していますが、ポメラニアン創成期ではクリームが主流となるほど人気のある毛色でした。現在では愛好家に好まれている毛色となっており、ポメラニアンの毛質にあったふんわりとした印象を与える色合いとなっていますね。

オレンジ・セーブル

オレンジの毛色に褐色の斑が混じる被毛の色をしており、アンダーコートに濃い褐色、オーバーコートに濃いオレンジ、毛先に黒色が混じる被毛となっています。オレンジ同様に人気のある種類ですよ。

ウルフ・セーブル

大型犬のジャーマン・シェパードに近い野性味あふれる毛色をしており、ポメラニアンのポピュラーな被毛の色の一つですね。ウルフ・セーブルの被毛は1本の毛が2色になっており、根元が淡い色合いで毛先が黒くなっています。また被毛全体には茶色や黄色に近い褐色とブラックの斑模様が混じりますよ。

ビーバー

名前の由来は、アメリカやヨーロッパに生息するネズミ目のビーバー(和名:海狸)に近い、被毛の色をしている事で付けられました。この色合いはクリームよりも濃い色味をしており、この色合いを誕生させるための交配が非常に難しい事からレアカラーの一つだとも言われていますね。

ブルー

この色合いはパッと見では一見ブラックのような色をしていますが、ブラックと比較してみると少しグレーがかっているのが特徴になります。この被毛の色はポメラニアンが年齢を重ねるごとに段々と色素が落ちて成長過程でガラっと色が変化する事もあり、こちらもビーバー色と同じく、交配が非常に難しいレアカラーの一つだと言われていますね。

ホワイト

今も昔も人気の絶えない根強い色となっています。ポメラニアンの血統を辿ると大型のスピッツ族だった時代はホワイト1色でしたので、ポメラニアンが誕生するまでの道のりを感じさせてくれる被毛の色ですね。またホワイトの被毛はとても汚れの目立ちやすい色となりますので、毎日のケアがとても大切な色合いなんですよ。

パーティー・カラー

ホワイトの地色にオレンジやレッド・ブラックなど他の毛色が1色以上混じる被毛の色をしています。ポメラニアンの中には、全ての色が混じったとても賑やかな被毛を持った子も存在するんですよ。またこの被毛の色はパピヨンからきた毛色の為、パピヨンに似た賑やかな性質傾向があるようですね。

ブラック・タン

ブラックの毛色をベースに目の上やマズル・胸・四肢などに褐色の斑がハッキリと混じる色合いとなっています。この独特な風貌は褐色の斑が混ざる箇所にバリエーションがありますのでポメラニアンの被毛の色の中でも特に個性の強い色合いですね。

スポンサーリンク

公認されないレアカラーの理由とは?

ジャパンケネルクラブに登録されているポメラニアンの被毛の色は13種類ですが、実は非公認の色を含めると全世界で20種類以上の色が存在すると言われています。特にその中でも有名な毛色には〝マールカラー〝と呼ばれる、まるで大理石のような〝まだら模様〝をしているポメラニアンが存在します。

このマールカラーは珍しさは勿論の事、非常に美しい外見をしている事からレアカラーと扱われ、繁殖を試みるブリーダーも居るのですが

  • マールカラーは毛色に変化を与えるだけではなく
  • その遺伝子には正常な体の部位にも異常な変化をもたらす恐れがある

と考えられています。

またマールカラーのポメラニアン同士を掛け合わせると高い確率で奇形などの先天異常を持った個体が生まれてくるとされ

  • ジャパンケネルクラブでは
    ・そういった異常を持つ子を誕生させない為に正式に登録する事はせず、
    ・異常が見られない毛色同士の繁殖を前提として現在の13種類のみが登録されています。

ポメラニアンの毛色は七変化する?

ポメラニアンは成長過程で異なる色に変化する!

ポメラニアンには13種類の被毛の色が存在しますが、実は成長するに連れて色が段々と変化する事があります。この色の変化はポメラニアン個々によって変化の特徴が異なり、全く色が変化しない子も居れば見た目がガラッと変化する子も存在します。

例えばホワイトのポメラニアンは成長過程で段々とクリーム色に変化していったり、オレンジの子は色合いが濃くなったり薄くなったりします。また、仔犬のポメラニアンに見られる口元の黒い色合い(通称:ブラックマスク)は成長するにつれて、完全に消える事もあれば大人になっても変わらず残っている子もいますね。

ポメラニアンの毛色が変化する理由とは?

ポメラニアンの毛色の変化については遺伝子によるものが大きいとされており、現在でもハッキリとした原因は解明できていないとの事です。その為、ポメラニアンの成犬時の毛色を予想する事は難しく、『仔犬時代は真っ白だったのに成犬になったらクリームや茶色の毛が混じってる!?」なんて事も多いようですよ。

その為、ベースの色や毛色の変化は〝ポメラニアンの魅力の一つ〝と考えて、間違っても『この色じゃないと嫌だ!』なんて思わない様にしておきましょうね。毛色が変化する成長過程はポメラニアンの特徴の一つですので、『どんな風に成長するのかな!?』と楽しみながら見守ってあげましょう。

我が家のポメラニアン〝あめ〝は何色か分かりますか?

先ほどポメラニアンは成長過程で毛色が変化するとお伝えしましたが、実際ベースの色がどの様に大きく変化するのかは見てみないと分からないですよね。そこで今回、私と暮らしているポメラニアンの〝あめ〝が丁度良い変化を遂げていますので紹介しますね(笑)

上記の写真は我が家のポメラニアン〝あめ〝ですが、ジャパンケネルクラブに登録されている13種類の毛色のうち、どの毛色に当てはまると思いますか?見た感じでは、ブラウンやオレンジ・セーブルにも見えますよね?実はあめちゃんの毛色は〝オレンジ〝なんです。これは、あめのジャパンケネルクラブに登録されている血統書に記載されていますので間違いではありません。

しかしポメラニアンのオレンジ色といえば、上の写真のような我が家のポメラニアン〝そら〝のような薄く淡い色合いをした誰が見てもオレンジと判るような色ですよね。この〝そら〝と〝あめ〝のように同じ色合いでも成長過程によっては誰も見たことが無いような美しい色合いに変化してしまうのがポメラニアンの面白い魅力の一つだと感じますね。

スポンサーリンク

最後に:ポメラニアンの色の種類一覧と変化についてまとめてみました。

ジャパンケネルクラブに公認されている13種類の色を一覧!

  • ブラック
  • ブラウン
  • チョコレート
  • レッド
  • オレンジ
  • クリーム
  • オレンジ・セーブル
  • ウルフ・セーブル
  • ビーバー
  • ブルー
  • ホワイト
  • パーティー・カラー
  • ブラック・タン

ポメラニアンは犬種の中でも特に毛色が豊富な種類となっており、これらの色はオレンジ一つとっても薄い色から濃い色まで個々によって大きく異なり、また成長過程によって毛色が変化する事もありますので、実際は13種類ではなく無数の色合いが存在すると考えられていますよ。

特に成長過程で起こるポメラニアンの色合いの変化は、我が家のあめのように成長するに連れ〝誰も予想できない変化〝を魅せる事もありますので、ポメラニアンは成長過程を楽しんで見届ける事ができる犬種でもありますね。


またね(*‘ω‘ *)

コメント

error:Content is protected !!