犬の吸水タオルは洗濯いらず?おすすめのペットタオルワンマーとは?

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、シャンプーや雨のお散歩で、犬の身体を拭くのに便利となる、吸水タオルのおすすめ〝ワンマー〝について紹介しますね。また、ワンマーの吸水タオルが洗濯を必要としない理由についても説明します。

特に自宅シャンプーや雨のお散歩に出掛ける事が多い飼い主さんは、ワンマーの吸水タオルがあるだけで、犬の被毛を拭く時間と手間を短縮出来るのでおすすめですよ!

ワンマーの吸水タオルとは?

私がわんちゃんへ実際に使用してみた感想

私もワンマーの吸水タオルを所持しているのですが、この吸水タオルは

  • 吸収性がとても良い
  • 一瞬で犬の被毛の水気を取り除いてくれる

その為、ポメラニアンの〝そら〝と〝あめ〝や中型犬mixの〝ボス〝を、お風呂に入れる時は必ず使用するようにしていますね。

吸水タオルが1枚あれば、短毛のボスならすぐに毛を乾かすことが出来ますので、ドライヤーで乾かす必要がほぼありません。目安としては、短毛の中型犬を吸水タオルで乾かすのに、5分程度の時間があればシャンプー後の被毛は乾いてしまいます

また、ポメラニアンの〝そら〝と〝あめ〝は、その毛質から毛を乾かすのに、中型犬mixのボス以上に時間は掛かりますが、吸水タオルを使用すれば、一般的なバスタオル以上に水気をふき取る事が出来ますので、ドライヤーまでの時間がかなり短縮されて助かっています。

我が家が使っている吸水タオルは、もう何年も使い続けているので、かなりボロボロの状態となっていますが、むしろ、一枚で何年も持ったのがすごいと感じますね。

 ↑所々破れてますが、まだまだ使えます。破れても千切れても使い続けてやりますよ。それほど、ワンマーの吸水タオルは非常に便利で、おすすめしたいアイテムなのですね。

吸水性の高いタオル

ワンマーの吸水タオルは、吸水性の良いゴム製の素材で出来ている為、一回の水分吸水量がとても高くなっています。分かりやすく言うと、極厚トイレシートの吸水量を更に超える性能と言ったところですね。

その為、我が家のポメラニアン達の場合、

  • ワンマーの吸水タオルを体に巻き付ける
  • 軽く押し当てる

だけで、シャンプー後の水分のほとんどは吸水タオルに吸収されます。そして、吸水タオルを使用した後の、ポメラニアン達の被毛はドライヤーで乾かせば完成の状態にまで持っていけますね。

これがバスタオルで濡れた被毛を拭くことになった場合、バスタオルの使用量は3枚程度となり、ドライヤーで乾かすまで持っていくのに相当な時間が掛かります。ですので、ワンマーの吸水タオルは時間と手間を短縮させるのにも、おすすめとなりますね。

速乾性にも優れた吸水タオル

ワンマーの吸水タオルはゴムのような感触の素材で出来ていますので、

  • 水を吸収したら
  • 一度吸水タオル絞るだけで、
  • すぐに乾かすことが出来る

その為、吸水タオル一枚あれば、絞る事で何度でも繰り返し使用する事ができますね。

これらの事から、多頭飼いの方や大型犬のわんちゃんなど、今まで何枚もバスタオルを使っていたご家庭には特におすすめします。私も初めてワンマーの吸水タオルを絞った時、『こんなにも水を吸い取ったの!?』と驚くほどでした。しかも、それが絞るだけで一瞬で乾くのですから、なおさら驚きましたね。

ただ、ここで注意して頂きたいのは、ワンマーの吸水タオルを片付ける時は、水で洗った後、よく絞ってから保管ケースに必ず入れて下さい。絞った後に吸水タオルを干してしまうと、カピカピのオブジェが出来上がってしまいますよ。

かぴかぴ吸水タオルのオブジェ↓何年も使い続けると色落ちしますね。

洗濯する必要のない吸水タオル

ワンマーの吸水タオルは、ゴムのように表面がツルツルとしていますので、

  • 抜け毛の多いわんちゃんに使用しも後でも、
  • 吸水タオルを軽く叩くだけで
  • 付着した毛を簡単に取り除くことが出来る

実際に我が家の中型犬mixは、シャンプーした時の抜け毛の量がとても多いので、吸水タオルで体を拭くと、抜け毛が良く付着しています。しかし、吸水タオルの特性上、簡単に抜け毛を取り除くことが出来ますので、一回吸水タオルを叩(はた)くだけで抜け毛の悩みが解決してしまいます。

ただし、簡単に抜け毛が落ちますので、吸水タオルを叩(はた)く時は場所を選ばないと、部屋中に抜け毛が舞い散るので注意しておいた方が良いですよ(笑)

ワンマーの吸水タオルの性質は

  • 水を含みやすい
  • 絞るだけで乾く
  • ゴムのような凹凸の無い、表面

となりますので、わざわざ吸水タオルを洗濯する必要もなく、手で軽く洗うだけで綺麗になりますね。また洗濯洗剤を使用すると、吸水タオル内部に洗濯洗剤のカスが残る可能性もありますので、犬に洗濯洗剤のカスを付着させない為にも、洗濯は控えるようにしておいた方が良いでしょうね。

大型犬も満足なサイズ感

ワンマーの吸水タオルは43×66㎝なので、大型犬の体を拭くのには丁度良いおすすめの大きさとなっています。また小型犬だと、吸水タオル1枚で体を包み込める程の大きさになりますね。

ただし、吸水タオルのサイズが大きいと、犬の身体を拭くのには便利となりますが、そのサイズ故に吸水タオルを絞るのに力と労力が必要となり、少し大変に感じます。吸水タオルの大きさはバスタオル約2枚分となりますので、水を含んだそのサイズ感のタオルを絞るには、女性一人では少々大変かなと言った感じはしますね。

その為、超小型犬や小型犬に使用するのであれば、吸水タオルを半分にカットして、使用するのも一つの手段かと感じます。

最後に:ワンマーの吸水タオルについてまとめてみました

ワンマーの吸水タオルについてはコレ!

  • 絞るだけで乾く速乾性
  • 水分吸水量が高い吸水性
  • 汚れや抜け毛を付着させない

これら特徴から、吸水タオルを洗濯する必要もなく、手で軽く洗うだけでワンマーの吸水タオルは綺麗になりますね。

また犬のシャンプー後は勿論、雨の散歩でもすぐに犬の体を乾かす事が出来ますので、わんちゃんがブルブルして部屋が水浸しになることもありません。その為、梅雨の時期などの雨の散歩にも、ワンマーの吸水タオルはおすすめとなりますね。(わんちゃんにブルブルされた後の掃除は大変ですからねぇ・・雨水と混ざった泥や土が壁中に・・・いやぁ)


またね(‘ω’)ノ

コメント