ペットキャリーはわんちゃんを守るために必要なアイテム【車内や家】

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんに必要なペットキャリーについて紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



ここ最近ペットショップやネットを見ていると、様々な形や用途に合わせたペットキャリーが販売されていますよね。

ペットキャリーはわんちゃんと長年暮らしていると、その利便性や重要性をハッキリと感じ取れます。



しかし初めてわんちゃんと暮らす方や、まだわんちゃんと暮らして日が浅い方にはペットキャリーが本当に必要なのか判断しづらいかと思います。

そこで今回はペットキャリーの用途とペットキャリーを使用した事で、得られる効果についてお話しします。



特に車内でのペットキャリーの活用はとても大切な事ですので、お出掛けの際には必ずペットキャリーを活用しましょう。



わんちゃんのペットキャリーを必要とする場所【車内】

動物病院やお出掛け先の移動には、車を使用する方がほとんどだと思います。

私達は車の走行中、シートベルトを着用しておく事で突然の急ブレーキや事故などが起きても、ある程度の衝撃ならシートベルトが私達を支えてくれて怪我を未然に防いでくれます。

しかしシートベルトを着用出来ない、わんちゃんは一体どうすればいいのでしょうか?



車内でのわんちゃんのペットキャリーの用途・効果

わんちゃんは車移動の際、当然そのままではシートベルトを着用出来ません。

そのため座席に放置されたままだったり、人に抱っこされている姿をよく見かけますが、実際にもし急ブレーキや事故が起きたら、わんちゃんはどうなると思いますか?



シートベルトを着用していないわんちゃんは、急ブレーキや事故を起こした際に体を支えてくれる物がないため、勢いよく前方にぶつかる事となります。

車はスピードが速ければ速いだけ、ぶつかった時や急ブレーキを踏んだ時の衝撃はとても強く、下手をすれば、その衝撃でわんちゃんの体に怪我を負わしてしまう可能性が高くなります。



また私達人間がわんちゃんを抱っこしていても、急ブレーキやぶつかった時の衝撃で手を放してしまう可能性も考えられるので危険には変わりありません。

そこで対策としておすすめなのが、シートベルトを巻き付ける事の出来るタイプのペットキャリーです。



シートベルトを繋げる事が可能なタイプは、ペットキャリーから出ているリードとわんちゃんに着用させてるハーネスや首輪を繋げて、シートベルトをペットキャリーの側面に設置されている穴に通す事でしっかりとした固定が可能となります。



これならば万が一の事故でも衝撃をある程度、シートベルトが吸収してくれますので、わんちゃんが前方に勢いよくぶつかる心配はありません。

通常のペットキャリーを使用する際は、ヘッドレス部分にペットキャリーの取っ手を掛けられるのであれば掛けて、掛ける事が不可能な場合は座席の足元に置いて両足で挟んでおきましょう。



ただしペットキャリーを足元に置く際は、必ず後部座席を選択してください。

これは事故などの際に、車の前方部分が潰れて足元のわんちゃんに被害を及ぼす可能性が考えられるからです。



わんちゃんのペットキャリーを必要とする場所【家】

ペットキャリーの種類は数多く、様々な形や大きさ・性能を持ったタイプが存在します。

ペットキャリーは通常のケージと同様にハウスとして活用が可能で、普段からのハウスとしてや、また第二ハウスとして使用可能です。



家でのわんちゃんのペットキャリーの用途・効果

ペットキャリーをハウスとして日頃から使用していると、わんちゃんは自分だけの空間としてペットキャリーを落ち着ける場所と認識します。

普段からハウスとして使用しているペットキャリーは、お出掛けの時にしか出さないペットキャリーに比べて、わんちゃんのストレスや落ち着き度は大きく異なります。



その為、動物病院やお出掛け先での滞在中は普段から使用しているペットキャリーを使用するのがわんちゃんの為にもなります。

また普段からペットキャリーをハウスとして利用していると、突然の災害に襲われてもすぐにわんちゃんをペットキャリーに入れて避難する事が出来ますのでおすすめです。



また日頃からペットキャリーに災害グッズを常備しておくと、避難する際の準備に時間を掛けずに済みますので2次災害に襲われる心配もありません。

災害を想定したペットキャリーについて、以前記事にしていますので是非そちらも参考にして下さい。



最後に:わんちゃんのペットキャリーは避難所のハウスとして必要不可欠

災害が起きた際、私達はわんちゃんを連れて避難する事になります。

しかし避難所には大勢の人が当然いる訳で、その中にはわんちゃんを怖がる子供やわんちゃんを毛嫌いする人間も当然います。



そういった場所ではわんちゃんがトラブルの原因になることが考えられ、またわんちゃん自身は大勢の人間に見られる事となり、その視線が大きなストレスになる事が予想されます。



そうしたトラブルやわんちゃんの体の事を考えると、わんちゃんが落ち着ける空間を設ける必要があり、ペットキャリーはそうした点で大いに役立ちます。

もしペットキャリーを持ってない方は一度ペットキャリーについて考えてみてはいかがでしょうか?

通院・災害時でもペットを思いやれるリュック【ペットキャリー GRAMP】



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね( ´Д`)

コメント