1.わんちゃんとの住み始めに準備するものとは?【お世話セット】

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんとこれから生活を始める方へ【何を準備するべきなのか?】をポメラニアンのそら・あめと共に生活してきた私が独断と偏見でまとめてみました。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



少し長くなりそうでしたので、記事を分けて執筆しています。

今回は【ケージ】・【ごはん皿とごはん台】・【お水入れ】についてご紹介しています。



わんちゃんと一緒に生活を始めるには、一体どんなアイテムを買い集めれば良いのか、初心者の方は分からないですよね。



ペットショップの店員さんに聞けば、わんちゃんに必要なアイテムを全て揃えてはくれるのですが、実際わんちゃんと長年暮らしてくると『あれ、要らなかったよね』『なんで、こんなの勧めてきたんだ?』と感じるアイテムも数多くあります。



また、ネットで調べてみても『これは要らんやろ(笑)』と長年わんちゃんと暮らしていれば分かるようなアイテムも『必要な物だ』と提示されている場合があります。



そこで今回は私がポメラニアンのそらとあめと暮らしてきて、『これは必要だった』または『あって困らない』と感じたアイテムをご紹介していきます。

私の独断と偏見でご紹介しますが、ペットショップやヘタな情報に流されるよりかはマシかと思います(笑)

では!見ていこ―――!!



1.わんちゃんのケージは要る?要らない?

ぶっちゃけ、ケージは要らないです。

ケージを購入するなら、展開可能なキャリーバックを購入するのがお勧めですね。



小型犬のケージと同等な大きさのタイプもありますので、災害などの事を考慮すれば初めから展開可能なキャリーバックをお家として慣れさせておくのが後々便利となります。

今後のお出掛けや動物病院への来院時にもキャリーバックは必要となりますので、わんちゃんを安心させるためにもキャリーバックをお家として使用するのはおすすめです。



また、家の中で囲いたいのであれば、ラバー系の折りたたみ可能な円形のサークルや柵で囲えるタイプで十分です。

ラバー素材の折りたたみ可能な円形サークルは広さも確保できるので、小型犬のみならず大型犬の子でものびのびと過ごす事が出来ます。

しかも、重量は女性でも簡単に持ち上げれるほど軽く、水で洗う事も出来ますので衛生面でも非常におすすめです。



柵タイプは部品を追加すれば、わんちゃんの成長に合わせて広さを拡大できますのでケージのように買い替える必要がありません。

また、わんちゃんを家の中で自由に過ごさせるようになり、柵が必要なくなったとしても台所や階段などの危険な部分を閉じる役目として代用が出来ますので十分価値があります。

ただし、柵を単体で使用する場合は柵を立てる為のアイテムが別途必要になります。(メーカによる)※単体で使用できない柵もありますので、購入前に確認しておきましょう。



ケージは確かに四方八方を囲むことが出来て、扉のロックも掛ける事が出来ますのでわんちゃんを閉じ込める事には向いています。閉じ込めるならね←意味深



しかしケージは(重量)重い(価格)高い(大きさ)邪魔の3負の拍子が揃っていますので、私は要らないと断言します。

またケージは大きさを変えられないのがほとんどですので、わんちゃんの成長に合わせて買い替える必要性があるので不便としか言いようがありません。

ケージを破棄するのにも手間が掛かりますからね(クリーンセンターに持っていくなど)

まぁ、捨てるくらいなら動物愛護センターなどに寄付するのも一つの手かと。(場所による)



わんちゃんのごはん皿とごはん台は要る?要らない?

これは必要です。

ごはん皿は別にわんちゃん専用の物で無くても良いのですが、ごはん台に乗る大きさのごはん皿を選択する必要があります。



またごはん皿は衛生面や危険性も考慮して、ステンレス製のごはん皿を用意するのがお勧めです。

プラスチック系のごはん皿は表面に傷が入りやすく、そこからばい菌が溜まりやすくなりますので衛生面上からおすすめしません。

また、陶器などの重量のあるごはん皿は落とした際にわんちゃんが怪我をする恐れがありますので、こちらもお勧めしません。



次にごはん台についてですが、ごはん台はわんちゃんがごはんを食べやすくする為のアイテムで、これがある事でわんちゃんの食べる姿勢が前かがみにならずに済みます。



食べる姿勢に問題があるのか?と思うかもしれませんが、これはわんちゃんの【首や背骨・足腰に負担を掛けない為】であり、またわんちゃんが前かがみでごはんを食べる際に起こる【喉に詰まる原因を対策する為】でもあります。



特にシニア犬になってくると、ごはんを食べるのも一苦労となりますので、わんちゃんの食事を介助する意味合いも込めて必要となります。



わんちゃんのごはん台には様々な種類がありますが、私のお勧めはわんちゃんの成長に合わせて【高さ調節可能なタイプ】で、尚且つごはん台を【丸洗いできるタイプ】が一番使いやすいです。

最初は試しとして、価格帯の安いドギーマンの丸洗い可能なごはん台を購入するのがおすすめですよ。



わんちゃんのお水容器はどんな種類がお勧め?

上記で説明したような、ごはん皿と同じタイプの食器を選択して、お水もごはん台に乗せてわんちゃんが正しい姿勢でお水を飲めるようにしておきましょう。



ここ最近は電気を使用した流動型のお水入れや、ハムスターと同じタイプのお水入れもありますよね。

ハムスターと同じお水入れについては、ポメラニアンのそらとあめに試したことが無いので私は良く分かりません。と言うか、あれは使う場所が限られますね。いらね。



電気を使用した流動型のお水入れは、実際に私も取り入れていたので良く知っていますが、確かにお水が流れフィルターを通して埃やゴミなどを除去できるのは良いのですが、容器を洗う手間が少し面倒です。



説明書通りの清掃の仕方だけでは実際、綺麗になることは無く、容器の内部にある部品すべてを分解しないと水垢やわんちゃんの涎やなんやらで、かなりエグイ事になります。



例えるなら掃除を怠った台所の排水溝

あれを使うなら、ステンレス製の容器でお水を一日に何度も買い替える方が手間が掛からず、衛生的です。



次回予告。

  • トイレシーツとトイレカバー
  • 毛布やクッション
  • 冷感アイテムとペットヒーター



長くなりそうなので、記事を分けて執筆させて頂きました。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね(‘ω’)ノ

コメント