犬ごはんのかさ増し・トッピングにおすすめな食材と調理法【お魚編】

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんのダイエットにおすすめな『かさ増し食材』のお魚について紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



今回は以前ご紹介した、犬ごはんのかさ増し・トッピングにおすすめな食材と調理法【お肉編】の続きとなります。



以前同様に、ご紹介するかさ増しやトッピングに使用する食材は、スーパで手に入りやすい物を厳選し、調理法は料理が苦手な方でも行える方法を選択していますので是非お試しください。



犬ごはんのかさ増し・トッピングにおすすめな食材と調理法

今回ご紹介する食材カテゴリーは、食材の中でも低カロリーで高たんぱくな種類が多い【お魚】です。

お魚は自身で捌く事が可能であれば、釣りに行って食材を調達する事もできますので、わんちゃんに新鮮な食材を提供できる数少ない食材カテゴリーの一つです。



青魚は摂りたい栄養素が豊富に揃ってはいますが、お腹を壊すわんちゃんもいますので、今回は白身に限定して紹介します。

また白身魚は全体的に消化が良いので、お腹の弱いわんちゃんでも安心して食べさせることが出来ます。

お魚をわんちゃんに食べさせる場合は、必ず加熱して小骨も取り除くよう注意しましょう。



鮭はDHAやEPAを含む優秀な食材

おすすめの調理方法:焼き・蒸し・ゆで



DHAやEPAの栄養素は青魚に多く含まれている栄養素ですが、鮭は白身魚でありながらDHAやEPAを含みますので、是非とも食べさせてあげたい食材となります。



また鮭はビタミンDを多く含み、タウリンやカルシウム・ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンE・亜鉛も多く含みますので、血行促進や肌の保護・抗炎症効果・肝臓の強化・コレステロールの代謝促進・抗酸化作用などの効果を期待出来ます。



スーパーなどで見かける鮭の中には、塩鮭や甘鮭などの加工された鮭が売られていますが、それらは塩分を多く含みわんちゃんの体に悪影響を与えますので、鮭を購入する際は生鮭を選択するよう気を付けて下さい。



真鯛は高たんぱく低脂肪でアラはだし汁としてトッピングにおすすめ

おすすめの調理法:焼き・蒸し・ゆで



真鯛はお魚の中でも特にスーパーなどで手に入りやすく、真鯛のアラからは濃厚なだし汁を取ることが出来ますので、ドックフードや手づくりごはんのトッピング以外にもスープとして飲ませる事が出来ます。



真鯛はアミノ酸バランスが良く、高たんぱく低脂肪のためダイエット中のわんちゃんにおすすめです。

また消化吸収もとても良いため、老犬のわんちゃんにも是非とも食べさせたい食材となります。

ただし、真鯛はミネラルが少ないのでミネラルを多く含む食材と合わせてあげましょう。



たらは脂肪がとても少なく高たんぱく低カロリー

おすすめの調理法:焼き・蒸し・ゆで



タラの旬は冬の季節となり、冬の時期になるとスーパーなどにタラが多く並ぶようになります。

タラは魚の中でも特に脂肪が少なく、高たんぱく低カロリーとなっていますのでダイエット中のわんちゃんには真鯛よりもおすすめとなります。



そして消化吸収も良く、健脳効果も期待できて、その他にもタラは体を暖める効果がありますので、冬の時期には最適な食材となります。

またタラはとても体に優しい食材でもありますので、わんちゃんの病中病後に食べさせてあげたいお魚となります。



最後に:お魚の種類は豊富で魚ごとに栄養素が異なります

お魚はスーパーだけでの購入に限られると、種類の数がどうしても固定されてしまいます。

しかし、お魚の種類の中には栄養素がとても豊富でわんちゃんに是非とも食べさせてあげたい魚(アンコウやカレイ・さくらます・スズキ・むつ等々)もいます。



スーパーでは傷みやすい魚や珍しい魚・高級魚などの市場に出回っても個体数の少ないお魚はあまり陳列しません。



そのため時間がある時は近くの市場や鮮魚店などに出向いて、スーパーに並ぶことの無いお魚を購入してみるのも良いのかも知れません。



ちょっとした情報として、我が家のポメラニアンのそらとあめ・中型mixのボスはアジやサワラ・ブリ・ハマチ・ヒラマサ・タラ・鮭・鯛・カレイ等々を食べてきていますが、特に青魚のアジは私の趣味が釣りという事もあり、3日に1回のペースで食べている事が多いです。



しかし青魚だからと言って、絶対にお腹を壊すこともないので、本当にお腹を壊しやすい子とお腹を壊しにくい子で分かれるんだなと思います。

また、そらとあめ・ボスは白身魚より匂いの強い青魚を好む傾向があります。

はお野菜のかさ増し・トッピングにおすすめの食材をご紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



( ´Д`)ノ~次回に続く

コメント