わんちゃんとの思い出の品を作ろう

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんとの思い出品にはどのような種類があるのか、また自身でわんちゃんの姿を思い出として作成する方法を紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



わんちゃんとの暮らしの毎日は、とても癒され自然と笑顔が零れる幸せな日々が続きますよね。

人相手だと癒されるより、苛つきなどのストレスが多く感じるのはなんでだろうね?不思議



私はわんちゃんとの生活の日々を、思い出として写真に収める事を日課としていて、それが数年続いた事でいつの間にか写真の枚数がえらいこっちゃ状態となっています。



写真はわんちゃんとの日々の思い出を残す方法として一番簡単で、どこでも思い立ったらすぐ行動に移せますのでおすすめなのですが、特別な日には別の方法でわんちゃんの姿を残してあげるのもありかと感じます。



そこで今回は、わんちゃんとの思い出品の種類と自身で作る種類について紹介します。



わんちゃんの写真を使用してクッションやお皿などを外注する

写真以外で言えば、フェルト人形やわんちゃんの写真を使用した雑貨(コップなどの食器や時計・クッション)フィギュアなどがあります。



我が家には今はお星さまとなった、くりちゃんのオリジナルコップやクッションが飾られており、私にとってとても大切な形見の一つとなっています。



外注で注文するわんちゃんのオリジナルグッズは、お値段の高いイメージがありますが、意外と良心的な価格帯のショップも多くあります。



当然一から手づくりをされていて、尚且つ素材にもこだわりを持たれた職人さんに依頼すると、お値段は高くなりますが、それは完全オリジナルの世界に一つだけのグッズとなりますから値段だけで全て決めるのはあまりおすすめはしません。



せっかく依頼するのですから、しっかりとした職人さんに作って頂きたいですからね。



わんちゃんの抜け毛でフェルト人形を作る?

もし自分で作りたいと考える方は、フェルト人形を私はおすすめします。



最初は難しく感じて、出来上がった作品はエイリアンのような醜い作品が出来るかも知れませんが、練習する事でコツを掴めば上手く上達しますので、コツコツと時間を掛けて練習しましょう。

(´-ω-`)私もフェルト人形を作るのは好きなのですが、出来あがる度にエイリアンが誕生しています・・・



ちなみに何故フェルト人形かと言うと、フェルト人形に使われる素材のふわふわな綿がわんちゃんのブラシ後の抜け毛や換毛期で大量に手に入る抜け毛で代用が出来るからです。



わんちゃんの抜け毛を利用したフェルト人形は当然、色合いも匂いもわんちゃんと同じですので、世界に2つとない完全なオリジナルを作成することが出来て、愛着が持てますので是非ともチャレンジしてみて下さい。



ちなみに一つ注意点があるのですが、フェルト人形はわんちゃんが好む匂いをしているようで、フェルト人形の置き場所に気を付けないとわんちゃんに破壊されてしまいますので注意しましょう。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね(*‘ω‘ *)

コメント