老犬が過ごし易い冬の適温となる室温とは?犬自身で温度管理が出来る環境はコレ!

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

冬の季節に老犬が適温と感じる室温と、犬自身で温度管理(体温調節)が出来る環境作りの方法について紹介しますね。老犬は成犬以上に体温調節を苦手としていますので、低体温症にならない為にも犬自身で温度管理が可能な環境を作ってあげる必要があります。

スポンサーリンク

老犬が過ごし易い室温とは?

寒暖差による身体への負担も考慮した適温はコレ!

老犬は歳をとるに連れ、身体能力や循環機能、筋力など様々な部分において能力が低下していきます。これは体温調整においても同じ事が言えますね。

元々、体温を調節する事が苦手な犬は歳をとる事で、身体機能が低下する為に自身の温度管理がより一層難しくなってしまいます。特に冬の時期は成犬以上に身体が冷えやすい体質となりますので、代謝や循環機能が低下してしまう原因にもなりますね。

抵抗力の弱まった身体は免疫力が低下しますので、細菌やウイルスなどの病原菌に対して抵抗する事ができず、結果として様々な病気を患いやすい状態に陥ると考えられます。

では、身体を冷やさない為にもエアコンなどの暖房器具を活用して、室温を上げれば良いのか?と、感じるかも知れませんがそうでもありません。

何故かと言うと、以下のような危険が引き起こされる可能性が高い為です。

  • 熱中症の危険性
  • 寒暖差による身体への負担
  • 火傷や乾燥の危険

冬の季節といえど、室温が余りにも高いと犬が熱中症に陥る可能性があり、体温調節の苦手な老犬は特に危険と言えます。また、ダブルコートの犬種はシングルコートの犬種以上に暑さに弱い種類である為に、老犬でダブルコートの場合はより一層、熱中症の危険が高まります。

次に寒暖差の影響で身体へ負担が掛かる恐れについて

老犬は歳をとるに連れ循環機能(内臓機能)が低下しており、特に心臓は他の内臓器官以上に弱まっている事が多くあります。そして心臓は急激な温度差(暖→冷)に弱く、この温度差が大きい程、心臓への負担が高くなります。

これは老犬に限らず成犬にも同じ事が言えます。特に心臓肥大など心臓に何かしらの疾患を抱えている子は病気の進行を早めない為にも特に注意しておかなくてはなりません。

その為、散歩などで外出する事を考えると、室内の温度は出来る限り下げておくのが身体への負担が少ない優しい温度設定となりますね。

最後に火傷や乾燥ですが、これは主にストーブなどの暖房器具が原因となります。ストーブやヒータは暖かい温風が流れ出る為に、犬がストーブ前に陣取る様子を見た事がある人も多いかと思います。

しかし、ストーブなどの暖房器具は近付けば近付く程、高温である為に以下の様な問題が生じてしまいます。

  • 被毛が焦げる、パサつく
  • 皮膚が乾燥する、火傷を負う

この他にもストーブなどは空気が乾燥しやすい為、暖房器具から離れたとしても同じ部屋にいる限り、犬が気管支炎を患う可能性も十分に考えられます。

また実際、犬が熱いと感じたらストーブなどの暖房器具から自身の意思で勝手に離れていくのでは?と思われるかも知れませんが、実はそうでもありません。

以前、我が家でもコタツやストーブを導入した事があったのですが、ポメラニアンの我が子は自身の被毛が熱くなろうとも離れる事をしなかったのです。

そら
そら

被毛が分厚いから、表面が熱くなっても気が付かないんだよ

あめ
あめ

でも、あのままストーブの前で寝転んでたら被毛が焦げてたかもね

これらの事から、安全性も考慮しストーブなどを使用せずに、冬の季節は外気温と室温の寒暖差を出来る限り縮めてあげるのが犬にとって負担の少ない温度管理の考え方となります。

そして老犬は特に〝快適と感じる温度〝よりも〝負担の少ない温度〝を一番に考えてあげる必要があります。では、老犬に適した過ごし易い室温や適温は一体何℃なのでしょうか?

実際に老犬のポメラニアンと暮らしている中で適温だと思う冬の室温は18℃〜20℃ぐらいです。私の体感では少し肌寒いと感じる温度ですね。我が家の場合、『老犬+ダブルコート+心臓疾患持ち』となっていますので、室温の基準は〝外気温に近い、犬が適温と感じるギリギリの室温〝になります。

しかし、老犬の子は外気温に近い室温だと、歳の影響もあり寒いと感じる事も当然あります。

ではそういった場合はどうすれば良いのか?

それは〝犬自身で温度管理(体温調節)をしてもらう〝他ありません。とは言え、老犬の身一つで温度管理は出来ませんので、飼い主が老犬の身体を暖める為の環境を作ってあげる必要があります。

スポンサーリンク

ではどのようにして環境を整えれば良いのか?以下にまとめて見ましたので見ていきましょう。

犬自身で温度管理ができる環境とは?

老犬自身で体温を暖められるグッズと対策はコレ!

まず、冬の季節に老犬の身体を暖める事にあたって大切なのは〝暖房は最低限の温度である事〝と、体温を上げる(暖める)手段は主に〝毛布やペット用ヒーターなどの室温をあげないグッズを使用する事〝です

暖房を最低限の温度にする理由は上記でお話しした通りで、室温を上げないグッズを活用する理由はその為ですね。

では、室温を上げずに行う〝老犬の身体を暖める方法〝について以下のリストにまとめてみました。

  • 床にカーペットを敷いてあげる
    • フローリングは体温を奪い、身体を冷やしてしまう為
  • エアコンの風向は上下に移動する自動モードにしておく
    • 暖かい空気は上に溜まりやすいので、身体の小さな犬が暖まれる様にする為
  • 寝床に分厚い毛布を敷いてあげる
  • 寝床となるケージ周りを毛布で囲ってあげる
    • 冷気を遮断し、ケージ内の保湿性と温度を保つ事が目的です
  • ペット用ヒータを活用する
    • 低温火傷を考慮して、毛布などを巻き付けておく
    • コードも足に巻きついて怪我をする可能性がある為にコードを隠すなどの対策が必要
  • 飲み水はぬるま湯を提供する
  • 腹巻を付けてあげる
    • 老犬は冷えで胃腸を崩しやすい為の対策
    • 洋服は皮膚が蒸れやすく荒れてしまう可能性がある為に長時間の着用には向いていない
    • ただし寝たきりの老犬などの場合は、介護用の洋服を活用するとよいですね
  • 暖かいモコモコのベッドを取り入れる

このように、犬が自分の意思で身体を暖められる環境を作り上げるのが理想となります。

老犬は特に冷えに対してめっぽう弱いので、ペットショップで販売されている〝保温シート〝が内部に組み込まれた毛布などを活用してあげても良いかと思います。

スポンサーリンク

最後に:老犬に適温となる冬の室温と温度管理の方法についてまとめてみました。

老犬が冬の時期に適温とする室温は、〝快適と感じる温度〝よりも〝身体への負担の少ない温度〝を考慮する事が大切となります。その為、我が家も冬の時期に設定する〝18℃〜20℃程度〝を目安にして頂くのが良いかと思います。

そして、その温度をベースに暖房器具以外で老犬の身体を暖めてあげるのが、老犬に優しい冬の室内環境となります。

犬自身で温度管理が出来る、室内環境の例はコレ!

  • 床にカーペットを敷いてあげる
  • エアコンの風向は上下に移動する自動モードにしておく
  • 寝床に分厚い毛布を敷いてあげる
  • 寝床となるケージ周りを毛布で囲ってあげる
  • ペット用ヒータを活用する
  • 飲み水はぬるま湯を提供する
  • 腹巻を付けてあげる
  • 暖かいモコモコのベッドを取り入れる

また、キャリーバッグなどの空間の狭いハウスは、保温性が高く、熱が溜まりやすいので冬専用のハウスとして活用してみても良いかも知れませんね。


またね_(┐「ε:)_

コメント

error:Content is protected !!