カメなど希少種類の多い沖縄での密猟を防ぐ!沖縄の野生動物が密猟される訳とは?

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

密輸や密猟をAIで未然に防ぐ?

NTTドコモの画像認識エンジンで実証実験を開始!

先日、環境省(環境省沖縄奄美自然環境事務所)とNTTドコモが沖縄県に生息する希少なカメ(野生動物)を保護する為の取り組みが2019年5月21日に実証実験として開始されましたね。今回の沖縄県による保護の取り組みはNTTドコモの画像認識エンジンを活用して、AIによるカメの希少種判定をスマートフォンのカメラアプリで行い、密猟や密輸を未然に防ぐ目的とされています。

これは空港の手荷物検査や郵便局の窓口で、カメ(野生動物)に対する知識がなく、希少かそうでないかの判断ができない職員でも、スマートフォンのカメラアプリによる画像認識エンジンで対象を解析する事で希少なカメ(野生動物)なのかを判断する事が出来ますね。

この実証実験に協力されている〝密猟・密輸対策連絡会議〝構成メンバーは以下の通りです。

  • 沖縄県
  • 日本航空株式会社沖縄支社
  • 日本郵便株式会社沖縄支社
  • NPO法人どうぶつたちの病院沖縄など

2019年5月21日から開始されたこの実証実験では、以下の3種類のカメを対象に行っています。

  • リュウキュウヤマガメ
  • ヤエヤマセマルハコガメ
  • ヤエヤマイシガメ

何故沖縄のカメを対象としたのか?

沖縄のやんばるなど限られた地域に生息する希少種だから!

沖縄本島北部の森林地帯〝やんばる〝には希少生物が多く生息しており、固有種と呼ばれる世界中を見渡しても、この地域にしか生息しない天然記念物が多く生息している事が密輸・密猟の起因となっています。

密輸や密猟をする人間にとって、希少な野生動物は価値が高く、一部マニアへ売買する事で多額の金額を不正入手しているようですね。

その野生動物の中でも〝リュウキュウヤマガメ〝は海外のマニアからペットとしての人気が高く、1975年に国の天然記念物に指定された後もリュウキュウヤマガメを捕獲して、海外で販売するなどの違法取引が頻繁に行われていました。

その後、2013年にそのような背景からワシントン条約(野生動物の国際取引を規制)でリュウキュウヤマガメを規制対象として、日本政府が輸出を禁じてきましたね。しかし、ワシントン条約で規制したのにも関わらず、最近では2018年12月に『リュウキュウヤマガメ60匹を香港へ密輸』をする事件がありましたね。

こういった事件はリュウキュウヤマガメだけではなく、今回の実証実験の対象とされた〝ヤエヤマセマルハコガメ〝も2018年8月に『無断で捕獲・飼育』を行ったことで男性が摘発されています。

では何故、沖縄のカメなどの野生動物が密輸や密猟の対象となる事が多いのか?それは、日本国内に生息する両生類や爬虫類の約半数の種類が沖縄に生息しており、また沖縄のやんばるに生息する両生類や爬虫類の約半数が固有種である事がマニアにとっての価値を高めているのかと考えられます。

その中でも特にリュウキュウヤマガメ・ヤエヤマセマルハコガメ・ヤエヤマイシガメは以下のような指定がされており、特にマニアにとっての価値が高い野生動物になっているのではと感じます。

  • 天然記念物
  • 沖縄の固有種
  • 絶滅危惧種

密輸や密猟をされたカメを含む野生動物は密輸される際に、鳴いたり動いたりして空港や郵便局の職員にバレないよう、密猟者が野生動物をガムテープなどで固定または、睡眠薬の投与をすることもあり、職員が見つけ保護するにも衰弱して亡くなる事が多いそうです。

命あるもの全ては人間と同じ対等な生き物であり、勝手に命を奪う・その子の人生を奪う行為は絶対にあってはならない事で、恥じるべきです。自身がそのような行為を受けた時にどう感じるかをしっかりと考え、自分がされたら嫌だと感じる事は人間相手では無くても行ってはいけませんね。

現在はカメ3種類の実証実験とのことですが、これから先、画像認識エンジンが発展して多くの野生動物が人間による犯罪から未然に救われることを心から祈っています。


またね( ゚Д゚)

コメント