わんちゃんと長距離のお出掛けをしてきたからこそ分かる気を付けておきたいポイント3

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんとのお出掛けの際に気を付けておきたいポイントについて紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



前回は【わんちゃんと長距離のお出掛けをしてきたからこそ分かる気を付けておきたいポイント2】でお出掛けの際に私が必要だと感じるアイテムをご紹介しました。



今回はお出掛けの際に注意したい、わんちゃんの飲食についてや、お出掛け後のわんちゃんの様子についてお話します。



移動前後はわんちゃんの飲食に気を付ける!!

これは車移動だけに限らず、お散歩やドックランなどの体を動かす遊びにも言える事ですが、わんちゃんは食事や水分補給をした直後に激しい運動や車の移動などの体を揺する行為に晒されると吐き気や嘔吐、または胃捻転が起こる可能性がありますので、お出掛けの際にはわんちゃんの飲食に対して注意を向ける必要があります。



我が家では基本的に、お散歩や車移動の直前でわんちゃんに飲食をさせることは無く、最低でも30分から1時間は食後の休憩(水分補給も含め)を取るようにしています。



その為、高速道路のパーキングエリアでそらやあめに水分を取らせる時も30分から1時間は休憩を取る事となりますので、パーキングエリアなどのお店がある場所では私達が店内を見て回るのにも丁度良い時間となります。

その為、わんちゃんに休憩を取らせる時はパーキングエリアや道の駅などを利用すると便利ですよ。

※ただし、わんちゃんを車内に残すのは危険ですので車内もしくは外でわんちゃんを見守る人と店内を自由に見て回る人など、2人以上の人間が居る場合に限ります。



また、このように休憩だけでもかなりの時間を消費してしまいますので、お出掛けする際は【目的地まで掛かる時間+休憩の回数×(0.5or1)】と前日に計算して、お出掛けするのがベストとなります。



長時間の車移動では特にわんちゃんが乗り物酔いに晒される危険性もありますので、食後の休憩はしっかりと必ず取るようにしておきましょう。



お出掛け後のわんちゃんの様子

わんちゃんとのお出掛けは前日と当日だけに注意を向けるだけではなく、自宅に戻った後にも注意を向けておく必要があります。



特に遠出のお出掛けはわんちゃんの体に疲労が溜まっており、元気そうに見えても、その小さな体は疲れでボロボロになっているのかも知れませんので、次の遠出に向けてわんちゃんがどれだけ疲れているのかを確認しておく必要があります。



確認する方法は人によって様々だと思いますが、今回は私が確認するポイントをご紹介します。



  • 自宅に帰ってから、わんちゃんがすぐに睡眠を取るか否か
  • 次の日のわんちゃんの睡眠時間が1日を通して平均よりも多いか否か
  • 帰宅日から2日間、わんちゃんの排泄物に変化があるかどうか
  • おしっこが黄色く濃い場合は疲労が溜まっている可能性があります。
  • うんPが緩い場合は肉体的疲労だけではなく精神的疲労も重なっている可能性があります。
  • 食欲が落ちていないかどうか



主に基本的なチェック項目は上記のようになります。

この他にも気にしておくポイントはありますが、基本的には上記6つを確認しておけば良いかなと思います。



もし、お出掛け後にわんちゃんの体調に変化があった場合は、お出掛けの際に休憩の回数を増やしたり休憩時間を延ばしたり、また高速道路を使用したのであれば一般道を使用してみたりと色々と対策を練ってみましょう。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね!(∩´∀`)∩

コメント