わんちゃんへの手づくりごはん『トッピングに慣れてきたら次は煮込みに挑戦!』

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんへのトッピング犬ごはんに慣れてきたら行いたい煮込み(茹で)ごはんについて紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



以前の記事で犬ごはん初心者の方でも、簡単に行えるトッピングレシピをご紹介しましたが、今回はトッピングの次に簡単な煮込みレシピをご紹介します。



今回ご紹介する煮込みレシピは、犬ごはん初心者の方でも簡単に行える、調理手順・シンプルな食材のみとなっていますので自炊経験のない方でも安心して調理を開始する事が出来ます。



この記事からわんちゃんのごはんを一から調理する事となりますので、ここで簡単な調理の基礎を学んで料理の楽しさや自身で作ったご飯をわんちゃんに食べてもらう喜びを感じ取りましょう。



わんちゃんの犬ごはんにおいて、煮込み料理は基本となる

わんちゃんの手づくり食には、煮・炒・揚・蒸などの様々な調理法があります。



しかし、わんちゃんの消化器官や健康の事を考慮すると、様々ある調理法の中で煮込み料理(ゆで)が一番わんちゃんの体への負担が少なく、水分もしっかりと摂ることが出来ますので、犬ごはんの基本となるベース調理は煮込み(ゆで)であると覚えておいてください。



煮込み料理は低温でコトコトと煮込むことで、食材の栄養素の損失を最小限に抑える事が可能で、さらに長時間掛けて食材を煮込み続ける事で、とても柔らかい食感へと変貌します。



その為、煮込み料理は噛む力や飲み込む力の弱い老犬やシニア犬の子でも安心して、咀嚼する事が出来ますので仔犬から老犬までの幅広い年齢層に対応した調理方法でもあります。



お肉の玄米がゆレシピ【冬の寒い季節を暖かい犬ごはんで乗り越えよう】

暖かいごはんで代謝をサポートして、スープも一緒に犬ごはんへ取り入れる事で水分を取りつつ、体内に溜まった老廃物を出すことが出来ます。



お肉の玄米がゆレシピ【材料】※小型犬向け

  • 牛・豚・鳥など、お好みのお肉/20g程度(※ただし、脂分の少ない部位に限る)
  • 人参/5~10g程度
  • 大根/10g程度
  • さやえんどう/1枚
  • ブロッコリースプラウト/10本程度
  • 玄米/20~30g
  • 白ゴマか黒ゴマ/少量(パラパラと振りかける程度)
  • しそ/1/2枚
  • えのき/10g
  • 水/200程度(少し多めに設定しています)



お肉の玄米がゆレシピ【作り方】

  1. 玄米を水分多めで炊きます。(炊飯器ならおかゆ炊きでokです)※調理開始と同時に玄米が炊き上がるよう調整しておきましょう。
  2. 鍋に水を入れて、沸騰させます。
  3. 水を沸かしている間に大根と人参の皮を剥いて、別々の器に分けてすり下ろしておきます。
  4. すりおろした大根を湿らせたリードペーパで包んで、底が深い器の中で流水にかけておく。(巾着のように包んで口部分を輪ゴムで縛ります)
  5. お肉をドックフード大(1㎝角)にカットします。※お肉と野菜のまな板は衛生面上、分けて使いましょう
  6. お湯が沸騰した鍋の中に、カットしたお肉を入れて5分程度、コトコト弱火で煮込みます。
  7. えのき・さやえんどうをドックフード大より、少し小さめにカットします。(一緒にまとめてok)
  8. しそを細切りにして、ブロッコリースプラウトを4等分にカットします。一緒にまとめておいてok)
  9. 流水に当てていた大根おろしをしっかりと絞り、器に移して避けておきます。
  10. 炊いた玄米を必要な分だけザルに移し、お湯で軽く揉み洗いした後に鍋に入れて5分程度、煮込みます。
  11. 玄米を鍋で5分間煮込んだら、次にえのき・さやえんどう・すり下ろした人参を入れて、さらに5分程度煮込みます。
  12. 煮込み終わったら、鍋ごと人肌程度までに冷まして器に盛りつけます。
  13. 器に盛りつけたら、残りのしそ・ブロッコリースプラウト・大根おろし・ゴマを加えて完成です。



最後に:わんちゃんの煮込み犬ごはんの材料は好きに変えても大丈夫。

今回ご紹介した手作りごはんを同じ食材そのままで、毎日わんちゃんに食べさせてしまうと、栄養が偏ってしまいます。



その為に毎日犬ごはんを作るのであれば、多少なりとも材料を変更するなどの改良は必要になってきます。

ただし、今回ご紹介したように【ただ煮込むだけ】であれば簡単に調理を行えますので、初心者の方にはおすすめします。



※根野菜など火の通りにくい食材は先に湯通しを行っておくと、調理作業がスムーズに進みますよ。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



(; ・`д・´)またね

コメント