わんちゃんの目ヤニは一度ふやかしてから取り除いてあげよう

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんの目ヤニを取り除く方法とその際の注意点について紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



わんちゃんの目元に出来る黒い汚れ『目ヤニ』ですが、この目ヤニはすぐに取り除いてあげれば、特に難しい事も無く簡単にふき取ることが出来るのですが、一度放置してしまうと硬くこびり付いて簡単にふき取る事が出来ません。



また目ヤニを放置すると、目の病気になる可能性も考えられますので、出来る限り気が付いたらすぐにふき取るようにしましょう。



もし目ヤニを放置して硬くこびり付いてしまっても、絶対に爪などで無理矢理剥ぎ取るようなことはしないで下さい。

無理に目ヤニを取り除こうとすると、わんちゃんが痛がって目ヤニ取りを今後嫌がる原因となります。



そして無理に目ヤニを爪などで取り除くと、目ヤニとくっ付いていた毛も一緒に抜けてしまいますので炎症の原因となります。



では、一体どのようにわんちゃんの目ヤニを取り除けは良いのか?

今回は私が実際に行っている方法を紹介します。



わんちゃんの目ヤニを取り除く際の注意点

では目ヤニが硬くこびり付いた場合はどうするのか?私のやり方を説明します。



まず目ヤニを取る際の注意事項ですが、目ヤニは『老廃物』や『アレルギー』または『目の病気』などが原因で発生します。



目の病気だった場合、実際に片目だけが病気を患っていても同じガーゼなどの一枚のシートで両目を拭いてしまうと、正常な片方の目も病気になってしまう事がありますので、目ヤニを取り除く場合は片目片目で拭きとるシートを新しく変えてあげる必要があります。



わんちゃんの目ヤニを取り除く方法

1.硬くこびり付いた目ヤニを取り除くには、まずコットンなどの柔らかく水を吸収する素材のシートを用意します。



2.用意したコットンなどのシートに適度な暖かさのお湯を染み込ませます。

(水でも良いのですがお湯の方が目ヤニを取り除きやすくなります)



3.コットンなどのシートにお湯を染み込ませたら軽く絞り、わんちゃんの目ヤニ部分に軽く当てます。

時間にすると約1分程度、コットンなどの濡らしたシートを目ヤニ部分に当てて下さい。



4.この時、目ヤニ部分にお湯が染みわたっているのかを確認して、もし染みていないと感じたらコットンなどのシートにお湯をもう少し含ませましょう。

ただしシートを押し当てた際に水が滴る程に含ませてはダメです。

理由としては目ヤニの成分が水に流れ出して、その水がわんちゃんの目に入る事を防ぐためです。



5.コットンなどのシートを目ヤニ部分に当てた後、使用したシートを捨てて新しいコットンなどのシートを用意します。



6.新しく用意したシートを先ほどと同じようにお湯か水で湿らせるのですが、今回は軽く水を絞るのではなく硬めに絞ります。



7.硬めに絞ったコットンなどのシートをふやかした目ヤニ部分に軽く当てて、なぞる様に目ヤニをふき取ります。

一度では目ヤニを完全に取り除けませんので、何度かふき取ってあげましょう。



8.目ヤニをふき取る事が出来たら、次にティッシュで拭きとった目ヤニ部分を軽く拭いてみて下さい。

なぞった時にティッシュが茶色くなるようでしたら、まだ目ヤニ成分が残っていますので硬めに絞ったコットンなどのシートでもう一度ふき取りましょう。



9.目ヤニ部分をティッシュで拭いた時に茶色い跡が付かなければ終了となり、もう片方の目を同じように綺麗にしていきます。



このやり方はわんちゃんの肌にも優しく、とても綺麗にふき取る事が出来ますのでおすすめですよ。



最後に:日頃からわんちゃんのケアをしておけば、面倒な事にはならない

普段からわんちゃんの目元を綺麗に拭いておけば、目ヤニをふやかして取り除く必要はありません。

目ヤニは放置しておけば病気の原因となり、また目ヤニの原因について追及すればアレルギーや病気などの発見に繋がる事もありますので、日頃からわんちゃんの目ヤニには気を配っておく必要があります。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね(*‘ω‘ *)

コメント