ポメラニアン達の犬ごはん『5種野菜と牛ももの炒め&3種野菜のコーンスープ』レシピ

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、Twitterに載せているポメラニアンのそらとあめの『今日の飯!!』レシピを紹介します。


下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。


ポメラニアン達の犬ごはん『5種野菜と牛ももの炒め&3種野菜のコーンスープ』

今回の料理では少し大きめのお肉と野菜を使用し、わんちゃんに食材それぞれの異なる食感を楽しんでもらおうと思い料理を仕上げました。

ただし食材一つ一つが大きめのサイズとなっていますので、わんちゃんに食べさせる際は喉への詰まりなどを防止する為に、手で一つずつ食べさせてあげましょう。


そして、炒め料理だけでは水分を確保する事が難しいので、水分を摂取する為にもコーンスープを作りました。

今回使用したコーンは缶詰や生のコーンではなく、急速冷凍された冷凍野菜を使用しています。


冷凍野菜には様々な種類がありますが、原材料にコーンのみと記載された商品で尚且つ、パッケージの詳細に【急速冷凍】【農薬の有無】【生産者】【国産】【添加物・保存料・着色料の使用されてない商品】との記載がされている商品を選択しましょう。


冷凍野菜は栄養素的にどうなのか?と疑問に感じると思いますが、確かに生の食材に比べ栄養素の損失は多少なりともあるかと思います。

しかし急速冷凍(製造方法による)は栄養素の損失を出来る限り抑えた加工方法の一つですので、食材に全く栄養が無い訳ではありません。

(すごい技術ですよね・・・(。-`ω-))


その為、私はわんちゃんの犬ごはんに冷凍野菜を使用するのも一つの選択しかと考えます。

とは言え、冷凍野菜だけで料理を構築するのは考え物ですが・・・


食材の量は各自で調整しましょう。ここではポメラニアン2頭分と中型犬1頭分の量で紹介しています。

~5種野菜と牛ももの炒め~

・牛もも肉【200~300g】

・アスパラガス【2本】

・ゴーヤ【1/2】

・ニンジン【1本】

・ブロッコリー【1/3】

・エリンギ【1本】

・オリーブオイル【適量】


~3種野菜のコーンスープ~

・冷凍コーン【適量】

・パプリカ【1/4】

・スナックエンドウ【3本】

・豆苗【適量】

お肉やお野菜は各自好きな食材を選択して頂いても大丈夫ですよ。


ポメラニアン達の犬ごはん『5種野菜と牛ももの炒め&3種野菜のコーンスープ』レシピ

~5種野菜と牛ももの炒め~

1.【人参】【エリンギ】を長さ1.5㎝~2㎝、幅0.5㎝にカットします。

2.【アスパラガス】を縦にカットして、長さ1.5㎝~2㎝にカットします。

3.【ゴーヤ】は一本を縦にカットした後、種を取り除き片方を0.2㎝幅にカットしていきます。

4.【ブロッコリー】【牛もも肉】はわんちゃんが一口で食べられる大きさにカットします。

気持ち小さめにカットしましょう。

5.フライパンに【オリーブオイル】を薄く引き、【人参】【アスパラガス】【エリンギ】【牛もも肉】を炒めていきます。【弱火】

6.人参を指で潰せる柔らかさになったら【ゴーヤ】【ブロッコリー】を加え、ゴーヤとブロッコリーに火が入るまで炒めます。

7.食材に火が入ったら、バットなどに移し人肌温度まで冷ましたら完成です。


~3種野菜のコーンスープ~

1.ミキサーに【コーン】と適量の水を加え、コーンの形が無くなるまで回します。

2.スープ状になったミキサーの中身を小さめの鍋に移し、強火で一度沸騰させて、その後は弱火でコトコト煮込みます。

3.【パプリカ】【スナックエンドウ】をドックフード大にカットして、コーンスープの入った鍋の中でじっくりと火を通していきます。

4.【豆苗】を1㎝程度の大きさにカットしておきます。

5.【パプリカ】【スナックエンドウ】に火が入ったら、コーンスープを器に盛りつけ人肌温度まで冷まします。

6.コーンスープが人肌温度まで冷めたら、豆苗を添えて完成です。


最後に:コーンは固形のままだと消化に悪いので必ずペースト状にする

わんちゃんの多くはコーンを上手く消化する事が出来ず、うんPにコーンが残ったまま排泄される事があります。

これは消化不良の原因やコーンの栄養を取れていない事になりますので、わんちゃんにコーンを食べさせる際は必ず調理段階でペースト状に加工して、消化を手助けできるよう調理しましょう。


下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。


またね(*‘ω‘ *)

コメント