犬のハーネスは首輪抜け(脱走)防止に繋がる!ハーネスと首輪両方の特徴と老犬におすすめな種類とは?

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、『犬の散歩で使用する〝ハーネス 〝と〝首輪〝の両方のどちらを選ぶべきなのか?』について、首輪が抜ける事による脱走防止策や、老犬などの身体の弱いわんちゃんにおすすめのハーネスの種類などについて、様々なハーネスを使用してきた飼い主目線で詳しく紹介していきますね。

また、そもそも『ハーネスって何?』と疑問に感じた飼い主さんに対して、『ハーネスとはこう言った物ですよ』と説明した上で、記事内に私が使用しているハーネスの写真を載せていますので是非参考にしてみてください。

犬のハーネスと首輪についての前置き

ハーネスと首輪の両方を使用してきた経験を下に話していきます

現在、犬をリードで繋ぐアイテムには首輪とハーネスの2種類があります。一昔前までは『犬=首輪』と、首輪が主流となっていましたが、犬に掛かる負担や安全面の配慮などから次第に首輪からハーネスへと時代の流れと共にハーネスを選択する飼い主が徐々に増えてきましたね。

わんちゃんにとって、『首輪とハーネスのどちらが快適で安全なのか?』と問われれば、『ハーネス一択』だと私はポメラニアン達や中型犬MIXのわんちゃんと生活してきた経験上からハッキリと断言できます。

しかし、すべてのハーネスが首輪よりも優秀で安全だとは限りません。

様々なハーネスの種類を利用していると、それは特に感じやすく、ハーネス毎の種類によるメリット・デメリットが自ずと見えてくるものです。

今回はお散歩などのわんちゃんとのお出掛けで、必ず必要となる〝首輪〝と〝ハーネス〝について以下のような点に重点を置いて話していきます。

  • 首輪とハーネスの両方では、どちらが安全性が高いのか?
  • 愛犬または老犬の体に掛かる負担は?
  • またハーネスの選び方は?

このような疑問とハーネスを選ぶ際のポイントを自身が身をもって体験し感じた事も含め説明していきたいと思います。

わんちゃんを繋ぎとめておくのに大切な首輪とハーネス。

個々の犬にあった首輪とハーネスの選択の仕方を間違えれば、散歩の際に事故に繋がる可能性が多いに有りえますので、初心者の方は特にご参考下さいね。

そもそも犬のハーネスってなに?

首輪とは異なるハーネスは胴輪とも呼ばれる

一昔前と比べて、今ではハーネスの種類も数多く出回っていますが、それでもペットショップに陳列しているハーネスは首輪に比べて種類が少なく、それ故にハーネスを知らない方も居られるかと思います。

ハーネスとは犬の胴体に着用させる、ベストタイプなどの胴輪と呼ばれるもので、ハーネスの種類によっては、パッと見だと犬がお洋服を着ているようにも見えます。

実際ポメラニアンの〝そら〝と〝あめ〝と、一緒にお散歩している中で散歩中に出会ったおじいちゃんやおばあちゃんから『あら、お洋服着てるの~可愛いねぇ』なんて、ハーネスを洋服と勘違いされて褒められた事が何度かありました(笑)ハーネスなんですけどね。

ここ最近のハーネスは犬の胴体を幅広くカバーする種類も多く、デザインも可愛いものからシックでカッコいい感じの商品が多く出回っています(海外のネット通販でそのようなデザインが多い)ので、洋服と勘違いされやすいんでしょうね。

犬の散歩ではハーネスと首輪のどちらが安全なのか?

犬が抜ける事による脱走を防止するのであればコレがおすすめ!

犬が散歩中に首輪から抜け出す脱走や、外飼いの犬が首輪を外して脱走するなどを防止しておくのであれば、首輪ではなくハーネスを選択するのがおすすめとなります。

何故、首輪よりハーネスが良いのか?

それは首輪とハーネスの犬に対する『ホールド力』の違いです。

首輪と違いハーネスは種類にもよりますが、基本的には犬の前足を含む胴体と首元をホールドしています。その為、首輪は犬の首1箇所をホールドしているのに対し、ハーネスは犬の胴体・前足・首の3箇所となり、ハーネスの方がホールドしている箇所が多く、犬の抜け出す確率が首輪よりも低くなっています。

この事から、わんちゃんが物音に驚いたり何かしらの原因で興奮した時などに、犬が突然走り出してもハーネスが外れる事は無く、お散歩中に首輪が取れて事故に遭う・逃げ出した(脱走)、などの事態を防ぐことが出来ます。

さらに、ハーネスは犬の前足を含む胴体と首元をホールドしていますので、お散歩中にわんちゃんが足を滑らせて川などの段差がある場所に落ちかけても、わんちゃんの首を絞めることも無くリードを引っ張って犬を助け出すことが可能となります。

これが逆に首輪だとリードを引っ張る際に、わんちゃんの首を絞める事となり最悪、首輪が外れてわんちゃんが段差の底に落ちる危険性も十分に考えられますね。

首輪とハーネスによる愛犬の体に掛かる負担は?

老犬は特にハーネスの着用をおすすめします

首輪とハーネスでは、犬の身体に掛かる負担が着用箇所や、犬の身体に密接する面積の違いから大きく異なります。特にシニア犬や高齢犬のような体の弱ってきた子には、どのような場面でも体に掛かる負担を減らしたいと私達は考えますよね。

ハーネスは犬の体に触れる面積が首輪よりも広いので、わんちゃんが引っ張った際の衝撃がハーネス全体に分散され、犬の身体に掛かる衝撃が少なく済みますので首輪よりも体に掛かる負担が大きく減ります。

さらにハーネスの中でも面積が特に広い〝ベストタイプのハーネス〝は、より体に負担を掛けませんのでシニア犬や高齢犬に特におすすめとなります。

逆に首輪はハーネスに比べて、犬の体に触れる面積が少ない為に、犬や飼い主がリードを引っ張った際の衝撃が首輪の小さい面積に集中しますので、その負担はとても大きなものとなります。

犬のハーネスを選ぶ際のポイント『サイズ』

犬種サイズで決めるのでは無く個々の犬に合わせた選択!

ハーネスは首輪と同じで、ssサイズやLサイズなどのわんちゃんの犬種や体の大きさに合わせて選ぶ必要があります。

基本的には商品のパッケージに、そのハーネスサイズに適した犬種や身体の大きさが記載されていますので、それを目安にハーネスを選択するのが一般的となります。しかし肥満気味な子や同じ犬種でも体の大きな子・小さな子によっては犬種に適したサイズでは合わない場合も十分に考えられます。

ハーネスの種類にはベルトでサイズを調整する事が可能なタイプもありますが、全くサイズの合わないハーネスだと以下のような問題が起こります。

  • ハーネスが大きい場合
    • 犬がハーネスを抜け出して脱走する
  • ハーネスが小さい場合
    • ハーネスで脇が擦れて怪我をする
    • ハーネスで首や胴体が締め付けられる

このような問題を愛犬に負わさない為にも、ハーネスを選ぶ際は愛犬をペットショップなどに連れていき、ハーネスを実際に試着させてみたり、ネットでハーネスを購入する場合に備えてサイズ感を測っておくと良いですよ。

ただし、ハーネスを試着させる際は必ず店員さんに『ハーネスを試着しても良いですか?』と聞いてから愛犬にハーネスを試着させましょう。

ハーネスを選ぶ際のポイント〝ベストタイプ〝かそうでないか

ハーネスの特徴を理解した上で愛犬や老犬にあった種類を選ぼう!

ハーネスの種類には、大きく分けて面積の広い『体を包み込むベストタイプ』と『胸元カバーと強靭な紐で構成』されたハーネスなどがあります。

基本的によく見かけるタイプは、胸元カバーと強靭な紐で構成されたハーネスの種類ですね。

ハーネスの種類によって特徴がそれぞれ異なり、【胸元カバーと強靭な紐で構成されたハーネス】には、以下のような特徴があります。

  • 犬の体に掛かる負担は【ベストタイプ】には劣る
  • 細かなサイズ調整が出来る
  • わんちゃんの体重の増減や成長して体が大きくなっても、ハーネスを調整さえすれば使い続ける事が可能

さらにガッチリとしたホールドが出来ますので、ハーネスの中でも特に脱げにくい特徴もあります。

逆に【ベストタイプのハーネス】には、以下のような特徴があります。

  • 【胸元カバーと強靭な紐で構成されたハーネス】ほどの細かなサイズ調整は苦手
  • わんちゃんの体に掛かる負担を和らげるのはトップクラスの性能

しかし、柔らかなホールドの為に、どうしても種類によっては脱げやすいタイプもあります。

この2つの特徴から考えるに、【胸元カバーと強靭な紐で構成されたハーネス】は運動量が多く、身体の成長が著しい子犬〜成犬におすすめなハーネスの種類となります。

そして、シニア犬になり始めたら、わんちゃんの体はそれ以上は大きく成長する事がなく、また運動量や力強さが成犬程はありませんので、老犬の身体に掛かる負担を和らげる【ベストタイプのハーネス】を使用するのがおすすめです。

犬にハーネスを使用する際のポイントとは?

種類によってハーネスと体の間に隙間を空けるか空けないかが分かれる

ハーネスの形やメーカーによっても変わりますが、ポメラニアンの〝そら〝と〝あめ〝に【ベストタイプ】と【胸元カバー+強靭な紐タイプ】の2種類のハーネスを今まで使って感じた事を説明します。

まず、ここ最近ずっと使用している【胸元カバーと強靭な紐で構成されたハーネス】ですが、こちらのタイプはガッチリとしたホールドは出来ますが、前足の脇部分に硬い紐が接触することになりますので、強く締め過ぎてしまうと脇の皮膚が擦れて怪我をする可能性が考えられます。

その為【胸元カバーと強靭な紐で構成されたハーネス】の場合は、

  • 首元・前足の脇部分に指一本分ぐらいの隙間を開けてあげる
  • 脇に接触するハーネス箇所に対して、包帯や布などの脇に擦れても怪我をする可能性の低い表面が滑らかな布を巻いてあげる

などの対策がハーネスを使用する上で安全な使用方法だと私は感じます。

ただし隙間を開けすぎると、お散歩中に前足がハーネスから抜けてしまう事もありますので、初めのうちは家の中で犬にハーネスを着用させて歩き回らせた上で、ハーネスの状態を確認しつつサイズ調整を行うと良いですね。

次に【ベストタイプのハーネス】ですが、こちらは1枚の布で優しく体を包み込むようにホールドしますので、その構成上どうしてもサイズ感が少しでもズレるとハーネスが脱げやすくなります。

その為【胸元カバーと強靭な紐で構成されたハーネス】とは違い、ベストタイプのハーネスは適したサイズときっちりと体にフィットさせて締めてあげる事が大切になります。こちらは脇にハーネスが接触しても擦れによる怪我をする可能性が低いタイプですので、キッチリとハーネスを閉めてあげると良いですね。

ハーネスだけではなく首輪も付けておくのがおすすめ

ハーネスと別で首輪を着用させる理由はコレ!

ハーネスは首輪に比べ安全性が高く、犬の体に掛かる負担も少ないのですが、もしわんちゃんが何かしらの理由で逃げ出した場合『迷子札(ネームタグ)』の有り無しで、その後の捜索が大きく変わります。

迷子札(ネームタグ)は金具に付けるタイプがほとんどで、ハーネスに装着できるタイプは現時点では種類がかなり限られてしまいます。

その為、首輪は迷子札(ネームタグ)を付けるのに必要となりますので、ハーネスはリードを付けるアイテム、首輪は迷子札(ネームタグ)を付けるアイテムと分けて装着しておくことが大切になります。

さらに首輪は、わんちゃんが怪我をした時にエリザベスカラーを装着するのにも必要となりますので1つは持っておきましょう。

最後に:ハーネスと首輪についてまとめてみました

犬の散歩には犬とリードを繋ぐ、首輪やハーネスが犬の脱走や事故防止の為に必要不可欠となります。一昔前までは犬に対する考えがペット・愛玩動物(人の飾りやステータス)として〝物〝としての認識が強い傾向にありましたが、現代では犬=家族と人と平等な立ち位置に存在する生き物として考えられるようになってきました。

その為、犬に対して安全な食事やアイテムが多く販売されるようになり、ハーネスもその影響を受けて誕生し、首輪よりもハーネスを着用するわんちゃんを見かける様になりましたね。

ハーネスは首輪と違い、犬の身体に掛かる負担や安全面を第一に考えられていますので、犬の身体を気遣うのであればハーネスの一択となります。

またハーネスの形状には様々な種類があり、ハーネスの留め具にもハードロックからマジックテープなどとメーカーによってハーネスの作りが大きく異なります。

もし、初めてハーネスを購入する際は、犬がハーネスを抜け出して脱走しないような形状(紐と布で構成されたハードロック仕様)の種類をペットショップなどで試着してみたり、老犬の身体に優しいハーネスの布面積が広いタイプを探してみるのがおすすめですね。

犬の迷子などを防止する上では、迷子札の装着も大切になってきますので、ハーネスと首輪の両方を犬に装着させてあげる(迷子札の形状による)のも一つの手段となります。


またね(*‘ω‘ *)

コメント