わんちゃんに付いたうんPなどのチョットした汚れを落とす方法

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんに付着した汚れを取り除く方法について紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



わんちゃんは常に適度な硬さの便を常にする訳では無く、体調不良や季節の変わり目・食べ物などによって排泄する便の硬さは人と同じで変わってきます。



ある程度の硬さのある便ならば特に気にする必要もないのですが、少し柔らかい軟便になってくると長毛種などのわんちゃんの場合はお尻周辺に便が付着する時があります。



我が家のポメラニアンのそらとあめは全体がモフモフな毛で覆われていますので、お尻も例外ではありません。

その為、少しでも柔い便をしてしまうとお尻周辺の毛に便が付くことがあり、それに気が付かずに放置していると便が乾燥し硬く毛にこびりついてしまう事となります。



一度こびり付いた便は、中々取り除くのが難しくウェットシートで取り除こうにも、相当な労力と枚数が必要となってしまいます。



またウェットシートで枚数と時間を掛けて上手く便を取り除けても、便がこびり付いていた毛は外見上便が取り除けていても、匂いまでは取り除く事が出来ていない事がほとんどです。



毛に匂いが残るという事は、便の菌はまだ付着している事になります。

そうなりますと衛生上あまり宜しくはないので清潔にしてあげる必要があります。



では、一体どのようにして汚れを取り除いてあげれば良いのでしょうか?

今回は私が実際に行っている方法を紹介します。



わんちゃんに付着した便などの汚れを取り除く方法

私がおすすめするのはお湯で流してシャンプーをしてあげる事です。



しかし当然ながら、頻繁なシャンプーやお風呂はわんちゃんの肌を痛める原因やストレスを与えてしまう可能性が出てきますので少し工夫します。



まずダッカールと呼ばれる髪の毛などを纏めるグッズで、便で汚れた部分以外の毛を纏めます。

綺麗に纏めたら、お湯で汚れた毛を流していくのですが、その際に気を付けておきたい事はシャワーをそのまま当ててしまうと、折角ダッカールで除けたのに便の汚れが周りの毛に広がってしまう恐れがあります。



なので汚れた毛の部分を手の平に持っていき、手の平にお湯を掛ける感じで汚れを洗い流していきます。

この時、お湯が排水溝に流れる位置を考え、わんちゃんの足に流れたお湯が当たらない位置を陣取る事もポイントとなります。



お湯で汚れを取り除くことが出来たら、今度はシャンプーを使用するのですが、この時出来る限り肌にシャンプーを付けない様に気を付けて下さい。



肌にシャンプーを付けてしまうと、折角手の平で肌にお湯が当たらない様に気を付けていたのが台無しとなります。



肌にシャンプーが付いてしまったら、その箇所もしっかり洗う事となり、お尻全体を濡らしてしまう羽目になります。



ですのでシャンプーを使用する場合は【汚れた箇所のみ】をシャンプーで揉み洗いする感じで行いましょう。



その後シャンプーを洗い流す時も、最初と同じで手の平に汚れた部分を持っていき、手の平にお湯を当てる感じで洗い流していきます。

もし、わんちゃんの足にもお湯がいきわたっていた場合は足も軽く洗い流してあげましょう。



シャンプーが付着したままの状態は、とても危険ですので見落とさないようにしましょう。



あとは濡れた部分をタオルで拭いて、軽くドライヤーを掛けてあげれば終了となります。



最後に:わんちゃんの毛を乾かす時もダッカールが便利

ダッカールはドライヤーを掛ける時も付けたままに方が早く乾きますよ!ドライヤーが終わってからダッカールを外してあげましょう。

※ただし、プラスチック製のダッカールに限ります。ステンレスなどの製品はドライヤーの熱を帯びて熱くなる危険性がある為です。



この工程は長く面倒のように感じるかもしれませんが、慣れてしまえば数分で終わらせることが出来ますので、ウェットシートなどで拭くよりも早く清潔にすることが出来ますのでおすすめです。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



( ´Д`)ノ~またね!

コメント