1.ポメラニアンのそらとあめ・中型犬mixのボスが嫌いな食べ物を思い返してみた

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、ポメラニアンのそらとあめ・中型犬mixのボスが嫌いな食べ物について紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



今回は以前、お話ししたポメラニアンのそらとあめ・中型犬mixのボスが好きな食べ物の逆バージョンとなります。



以前のように食べ物ごとの栄養詳細は記載しませんが、手づくりごはんはを作る上でわんちゃんの嫌いな食べ物は何なのかを覚えておくことは重要な事となります。



わんちゃんの嫌いな食材を抜いておく事で毎日の食事への食いつきが大きく異なりますので、食事を残さず栄養をしっかり取るためにも日々の観察は行いましょう。

ただし、嫌いな食材を抜くという事はその食材が持つ栄養素を抜くことになりますので、その栄養素と同じもの、または近い食材を見つけ献立に組み込む必要があります。



また、調理の仕方一つでしっかりと食べてくれることもありますので、嫌いな食材をどう食べさせるかもポイントとなります。



嫌いな食材を調理一つで食べさせるには、長年料理してこないと難しいのかも知れません(´・ω・)

では今回は我が家のポメラニアンのそらとあめ・中型犬mixのボスが共通して嫌いな食べ物を紹介します。



我が家のポメラニアンのそらとあめ・中型犬mixのボスが共通して嫌いな食べ物

ポメラニアンのそらは何でも食べる雑食性の高い子ですので、そらに関しては『いつもよりは食いつきが薄いかな?』程度で考えています(`・ω・´)



特にポメラニアンのあめが大嫌いなトマト

トマトは私も大嫌いな食材の一つで、食感・独特な味がとても苦手です。

わんちゃんにトマトを食べさせる時は、完熟したものを加熱調理する必要がありますので、煮込み料理が基本になります。



しかし、あめはトマトが少しでも入っていると嫌々して、ごはんを中々食べてくれません。

またトマトを細かくカットした場合は、あめだけではなくボスもトマトだけを上手く残します。

そのため私はトマトの形が完全に無くなるまでしっかりと煮込み、あめの嫌がるトマトの匂いを消す為に鰹節などの匂いでカバーします。



またトマトをペースト状までしっかりと煮詰めて、ミンチ状にしたお肉と合わせ炒めてトッピングの要領で他の食材と別調理する事もあります。



実際トマトが大嫌いなあめ・ボスでも上記の特にトッピングパターンの場合は、トマトを嫌々することもなく綺麗に完食してくれます。



ポメラニアンのあめも中型犬mixのボスも大嫌いなブロッコリー

トマトに続きブロッコリーも私は嫌いな食材ですね。食感がなんとも・・・(´・ω・)

ブロッコリーは栄養面がとても素晴らしく、わんちゃんの手づくりごはんの献立に是非とも取り入れたい食材の一つです。



しかし、我が家のわんちゃんの中で茹でたブロッコリーをそのまま(*´ω`*)モキュモキュ食べるのはポメラニアンのそらのみですね。



あめとボスはブロッコリーを見つけ次第、お皿からブロッコリーをポイッと放り投げて、『これ、要らなーい』とハッキリと拒否しやがります。(´-ω-`)

その為、あめとボスがブロッコリーを食べられるように上手く調理する必要性があります。



とは言え、ブロッコリーはトマトのように独特な匂いはしませんので調理は簡単です。

まずブロッコリーを蒸しの調理方法でブロッコリーの身を柔らかくします。

ブロッコリーが柔らかくなったらミキサーかすり鉢でペースト状にして、ごはんに混ぜ込むだけです。(`・ω・´)これならバレない!



最初からミキサーにかけて他の食材と一緒に煮込めば良いのでは?と思いでしょうが、ブロッコリーに含まれるビタミンを加熱調理で出来るだけ壊したくはないのです。



雑食性の高いポメラニアンのそらもしそだけは苦手?

しそは古くから日本に自生するハーブで食用以外にも煎じたり、お風呂に入れたりなどと様々な利用方法があります。

しそには青じそと赤じその2種に分かれ、青じそは栄養価が高く赤じそは薬効の効果があります。



しそは健康な体を保つために、わんちゃんの食事に是非とも取り入れたい食材です。

しそは調理の必要ないので、手軽に取り入れる事が出来ます。



しかし、しその独特な匂いが苦手なわんちゃんも多いようで、何でも好き嫌いせずに食べるポメラニアンのそらでさえ嫌がる事があります。

そらはしそを嫌がるとはいえ、しそ1枚を一度は必ずお口の中に含み(*´ω`*)モキュ(*´ω`*)モキュと噛んでから『ペッ!』っと吐き出します。

そらにとって、しそはお口直しかガム感覚なのだろうか・・・(´-ω-`)



しそは匂いがとても強いので量を調整しつつ、細かく千切ってごはんと混ぜ合わすのが一番かなと思います。

または納豆などの匂いの強い食材と合わせるのも良いのかも知れません。



何年も手づくりごはんを作ってきて分かった嫌いな食材

上記でご紹介した食材以外にも嫌いな食べ物はまだありますが、特にこれは嫌い!と共通して嫌々する食材は上記3つになります。

長年犬ごはんを作ってきて感じたのは、多くの人間が嫌がる食材とわんちゃんの嫌がる食材が似ている事でした。



トマトやブロッコリーが苦手な人は子供から大人までと様々な年齢層で多く、わんちゃんも苦手とする子は意外と多いですね。



その理由が何なのかは分かりませんが、それでも少しの共通点があるのならば食材選びのちょっとした目安になるのではないのかなと思います。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



(‘ω’)ノまたね!

コメント