愛犬の食事を手作りする理由とは?飼い主で有り親である私の考え方はコレ!

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

愛犬の食事には、大きく分けて2つの種類があります。

ドライフード等の既製品と手作りの食事ですね。

この中で一般的に愛犬の食事へ使用される事が多いのはドライフード等の既製品であり、その理由は〝手間が掛からない〝、栄養素を考える・覚える必要が無い〝、〝犬=ドッグフードの固定概念に囚われている〝などが考えられます。

実際、ドッグフードのみの食事は調理時間や、コスト面を大幅に抑える事ができ、栄養失調などの心配も無い事から素人向けの食事であると言えます。

では、逆に栄養面の心配や金銭的コストなどが増加する食事をわざわざ手作りする理由とは一体何なのでしょうか?

今回は私個人が考える〝愛犬へ手作りの食事を食べさせる理由〝について少し話して行きますね。

スポンサーリンク

愛犬へ手作りの食事を食べさせる理由とは?

1.既製品に含まれている原材料の心配

私がまず最初に心配したのはドッグフードなどに含まれている原材料の危険性でした。

日本では犬等の動物を〝物〝として、扱っているからなのかは分かりませんが、ドッグフード等の原材料には以下の様な成分が含まれている事があります。

  • 着色料
  • 保存料
  • 添加物
  • 発癌性物質
  • キシリトール等の中毒成分
  • 死骸の肉
  • 病気持ちの肉
  • 残飯
  • 犬や猫の死体から取れた肉など

実際、上記リスト内容以外にも危険と思われる成分はまだまだあります。

着色料などは人間の食事にも含まれているのに何がダメなのか?と感じるかも知れませんが、一部ドッグフードに含まれている着色料を調べてみると、その着色料は『発がん性の危険性がある』事から人間の飲食物に使用する事を国が禁止しているのです。

しかし人間の身体に被害を与えるかも知れない成分を、犬の飲食物に規制していない為、業者は中毒・病気の可能性がある成分でも平然と使用してしまうのです。

ドッグフードにも安全性の高い商品は確かにありますが、それはごく一部の種類に限られます。また有名なドッグフード、病院が販売している種類でも危険な成分が含まれている事は多々有ります。

更に生産工場の衛生環境が悪いなどの理由で、そこで作られたドッグフード・おやつなどにカビや細菌が混入し、食べた愛犬が亡くなってしまうと言った事件も度々報道されています。

これらの事から、正直個人的には愛犬の事を大事に思うのであれば、あまり既製品に頼らず、一から食事・おやつを作ってあげるのが犬の身体には良いのではないのか?と感じますね。

実際にドッグフードが普及する前の〝人間の残飯〝を与えていた時代の方が、犬の平均寿命が上であったと言う報告も有り、ドッグフードが普及してからの死因に〝ガン〝が上位に来る理由が〝食事に問題がある〝事が、データを見れば簡単に判断できます。

これが手作りの食事に変更した大きな原因の一つとなりますね。

スポンサーリンク

2.脳への刺激

犬が食材の味をどう感じているのかは、本犬にしか分からない事ですが、嗅覚の鋭い犬は食材1つ1つの匂いを嗅いで、様々な情報を匂いから取り込もうとします。

  • 『これは美味しそう』
  • 『これはマズそうだなぁ』
  • 『初めて嗅ぐ匂いだ、どんな味なんだろう!?』

などなど、思う事は沢山あるのでしょう。

これらの情報は愛犬の身体や脳に対して多少なりとも刺激を与えますので、高齢になると発症しやすくなるボケなどの病気に効果を期待出来るのではないのかと感じています。

3.手作りご飯は愛犬と同じ食事を飼い主も一緒に食べる事が出来る

同じ食事とは言っても、調味料や玉ねぎ等の危険な食材を使用する事は出来ませんので、犬ベースの食事とはなりますが、調味料を後入れすれば人間でも美味しく、手作りの犬ご飯を食べる事は出来ます。

愛犬への手作りの食事で基本となる〝ごった煮(野菜・肉等をまとめて煮込んだ料理)〝も後から調味料を入れて味付けすれば、結構美味いですよ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾<ごま塩が合いますねぇ〜

また冬の時期は愛犬と一緒に水炊き鍋を食べるのも楽しいですよ!

(与える際は食材を細かく千切るなどして、冷ましてから食べさせてあげてね)

これは愛犬に対する私達の気持ちや感じ方によるでしょうが、家族同然と考えている方にとっては『同じ空間で同じ食事を摂る』事はとても幸せな事だと私は思います。

4.その食事は楽しいのか?

もし自分が毎日同じ食事を食べ続ける事になったらどう感じますか?

暖かくもない。

冷たくもない。

同じ感触。

同じ味。

1日の楽しみである食事の一つが、こんなのでは面白くはないですよね。

しかし、わんちゃんは自分達で『あれが食べたい!』なんて言えるわけがなく、『今日はあの食事を取ろうかな?』なんて勝手に自身の食事を決める事が出来ません。

もし『犬の食事は一生ドッグフードのみで良い!』と仰るのであれば、貴方も完全食のみで一生を過ごしてみて下さい。ここ最近はカップ麺等から完全食が販売されていますので是非お試しあれ。

まぁ、恐れく大抵の人はすぐに挫折するでしょうね。

ハッキリ言って、同じドッグフードのみを与え続けるのは、その子があまりにも不便に思えます。

私達は〝親〝として子の楽しみ作ってあげる義務があり、それは食事でも同じ事であると私は考えます。

楽しみは散歩であったり、お遊び、お出掛け、または食事など、わんちゃんの『楽しい』はいくらでも提供できます。

毎日の食事に『楽しい』を追加してあげられるのも、手作りご飯の魅力の一つではないのかな?

スポンサーリンク

最後に:手作りの食事には栄養以外の理由がしっかりとある

ドッグフードから手作りの食事へ変える方には、それぞれ理由があります。

その理由には〝愛犬の身体を気遣う〝、〝気持ちの感じ方〝などと様々ありますが、結局は愛犬の為を思っての行動です。

私達が愛しの家族である愛犬に何が出来るのか?

手作りの食事は愛犬の犬生を輝かせる一つの手段かも知れませんよ。

食は人生を豊かにするって言うけど、本当にその通りだなと感じます。


(∩´∀`)∩またね

コメント

error:Content is protected !!