ポメラニアンの毛が少ない、毛が薄い?ポメは個体差で被毛量が異なる!

こんにちわん壁|ω・`)ノ <ポメラニアンの多頭飼いブログだよ!

ポメラニアンと言えば〝モフモフで綿あめ〝のような、綺麗な毛並みがとても特徴的ですよね。

ポメラニアンを家族へ迎入れた飼い主さんの中には、あの毛並みに魅了された方も多いのではないでしょうか?

誰しもが触れたくなるポメラニアン の被毛。

しかし、実はポメラニアンだからといって、全ての子がモフモフになる訳では無いのです。

病気(ポメラニアン脱毛症、通称ポメ脱)が原因ではありません。

成長段階で〝毛が少ない〝または、〝毛が薄い〝ポメラニアンへと変貌する事があるのです。

では、ふわふわ感の薄いポメラニアンとは一体どのような子なのでしょうか?今回は我が家の被毛の薄いポメラニアンを紹介しますね。

スポンサーリンク

ポメラニアンの〝あめ〝は冬の寒さが大の苦手!

ふっわふわな被毛を持つポメラニアンの〝そら〝は寒くてもヘッチャラなの

冬の寒い季節のお散歩は出来る限り、お昼時の暖かい時間帯を狙って出掛けるようにしているのですが、太陽の出ている時間帯とは言え、やはり冬の外は寒いですよね(`・ω・´)

特に風が少しでも吹いていると、格段に寒く感じますので、その日の風速チェックは欠かせません。

まぁ、夕方までの間に風が収まる様子でなければ、寒さを覚悟して散歩へ出掛けなければならないのだけどね・・・(。-`ω-)

寒いと感じるのは私だけか・・・

我が家の息子達は、ダブルコートの体毛を常備している、犬種の中では比較的、寒さに強い部類に入るポメラニアンだからね。

実際、ふわふわな被毛を所持している〝そら〝は、シニア犬になり寒さへの抵抗力が弱まったとはいえ、お散歩中に『寒い!』と思わせるようなそぶりは一切見せません。

むしろ楽しそうに、軽い足取りでお散歩を楽しんでいます。

お散歩中に〝そら〝のお鼻から鼻水が垂れているのはここだけのお話(●´ω`●)

被毛が少ない〝あめ〝は寒さに対する抵抗力が弱い

年老いたポメラニアンの〝そら〝が冬の寒い季節でも楽しんでお散歩をするのであれば、成犬のポメラニアンである〝あめ〝も同じく『寒さには強いのだろう』と思われるかも知れませんよね。

しかし、残念ながらポメラニアンの〝あめ〝はとても寒さに弱いのです。

暖かい時間帯にお散歩へ出掛けても、地面へ下ろした途端『えっ・・・(;´・ω・)寒ぃ・・・地面が冷たぃ・・』と言わんばかりの悲しそうな表情を魅せてきます。

その後、すぐに『抱っこしてぇ~~』と私の足へしがみついて、〝あめ〝は私の足をホールドしたまま離れようとはしません。

〝あめ〝は散歩コースの地面や騒音などの全体的な環境が整っていないと、お散歩を嫌がる癖がありますので、寒さが追加された冬の季節は〝あめ〝にとって最悪な季節となります。

それにしても何故、同じポメラニアンでも寒さの耐久性に違いが出るのでしょうか?

個々の体質による感じ方の違いは当然あるのでしょうが、何よりも〝そら〝と〝あめ〝を交互に見たら簡単にその答えが分かります。

↑〝そら〝は見た感じからでも、被毛のふわふわとした厚みを感じ取れるので、ダブルコートがとても分厚いことが良く分かります。

実際に触ってみると、ふわふわな被毛が私の手を包み込み、程良い暖かさを感じさせてくれます。

↑では次に〝あめ〝の場合ですが、すでに見た感じからして〝毛が薄い〝事が見て取れます。

実際に触ってみると、私の手を包み込むこともない、とても貧相なダブルコート・・・

スポンサーリンク

ポメラニアンの被毛は仔犬の時にフサフサであったかどうかで決まる?

ポメラニアンは仔犬の時にふさふさであったかどうかで、将来の被毛の分厚さをある程度予想する事ができます。

  • 仔犬の時にフサフサな被毛であった場合
    • 成長と共に被毛の厚みが薄くなる可能性がある
  • 仔犬の時に貧相な被毛であった場合
    • 成長と共に被毛の厚みが増す可能性がある

これはポメラニアン愛好家の中では、結構有名な話ですね。

とは言え、絶対そうであるのか?

と問われれば、100%であるとは言い切れません。

その為、あくまでも成長後の姿の目安程度の参考にしかなりません。

ただ、この成長パターン通りであれば、〝そら〝の仔犬時代は現在の〝あめ〝のように貧相な被毛をしており、逆に〝あめ〝は現在の〝そら〝のような分厚い立派な被毛を持っていたのかも知れませんね。

我が子は保護犬故に、幼い頃どんな姿であったのかは分かりませんが、今現在と真逆の被毛を持っていたと考えると、可愛らしく感じますね\(//∇//)\

仔犬時代の被毛のふさふさ感が成犬になると反転するのは、少し興味深いものを感じますが、〝あめ〝にとっては迷惑な成長過程の一つでしょうね(笑)

〝あめ〝の被毛の薄さはこれ以上、どうしようもありませんので、冬のお散歩ではダウンジャケットなどの暖かい洋服を着せて出掛けるとしましょうかね。

ちなみに我が子だけなのかは分かりませんが、被毛の少ない〝あめ〝はふわふわ感を失っている代わりに、1本1本の毛が細く、サラッサラなとても艶やかな毛質をしています。例えるならロングのダックスちゃんの様な毛質ですね。

その為、被毛がフワフワであろうと、被毛が薄かろうと、どちらも特徴的な毛質となります。

以上、〝あめ〝の毛が薄いお話しでした。(●´ω`●)


(∩´∀`)∩またね

コメント

error:Content is protected !!