犬の手作りご飯の基本的な考え方とは?ポメラニアンの多頭飼いブログ

こんにちわん壁|ω・`)ノ <ポメラニアンの多頭飼いブログだよ!

この記事では、犬の手作りご飯を『何故行うのか?』について、私が考える基本的な理由について紹介しますね。また、手作りご飯だけではなく、『おやつも作っているよ』っていう内容も少しお話しています。

スポンサーリンク

ポメラニアン達は手作りおやつとフルーツが大好き!

我が家のここ最近のおやつ事情

先日はポメラニアンの〝そら〝の誕生日という事で、がぼちゃプリンを作りました。

桃とプリン(´・ω・)↓プリンが固形なのは、食べやすさと、火をしっかりと入れた結果です。

私はドックフードや一部犬用おやつなどの既製品に含まれる、原材料の危険性から犬の健康を考えて、日々の食事には取り入れないようにしています。その為、犬の手作りご飯は勿論のこと、おやつも手作りですね。(おやつは原材料次第かなー)

今までポメラニアンの〝そら〝と〝あめ〝に、作ってきたおやつの種類は、以下の通りですね。

  • プリン
  • ボーロ
  • 乾燥肉
  • クッキーなど

いつもこれらのおやつをローテしているので、『そろそろ、新しいおやつを作りたいなー』と現在お悩み中です(´・ω・)う~む

ここ最近、私が考えているのは果物を使った、ゼリーに挑戦してみようかなと。

ポメラニアンの〝そら〝は、特に果物が大好きだからね

(´・ω・) でもね、そらは安い桃は食べないのに、高い桃なら喜んで食べるの

ゼリー自体の作り方は簡単なのだけど、ゼリーの硬さ調整が難しそうなんですよね。

硬すぎたら喉に詰まる可能性が高くて危険だし、柔らかすぎたらゼリーにならない・・・

絶妙な調整が求められそうです|д゚) 実験あるのみだね!

失敗したら、その果物ゼリーをどうするか?

そりゃ、当然捨てたりはしませんよ(´・ω・)嫁さんに食べてもらおっと 私は果物が嫌いだもの

私が基本とする犬の手作りご飯への考え方

わんちゃんにだって感情があり意思がある

私が犬の手作りご飯を作る理由には色々(安全性など)とありますが、一番はポメラニアンの〝そら〝と〝あめ〝に、様々な食べ物を食べてほしいからですね。挑戦できる料理は何でも試せるだけ、試します!

毎日同じ、ご飯やおやつでは人間でも嫌になりますよね?

動物病院の先生によっては、『ドックフードと水だけで十分です。ごはんを1から作ったら、お金も時間も勿体ないでしょ?』って、考えの方もいらっしゃいますよね。

実際に私はそう言われましたからね。

でもね、違うでしょ? 本音はただ、患者の管理がしづらくなるからなんでしょ(笑)

ドックフードや既存のおやつなら原材料も明記されているし、原因が分かりやすいからね。

本気で動物の命・健康を考えている先生は、犬の手作りご飯に賛成してくれますし、一緒に考えてくれます。

ぶっちゃけ、生きるのにドックフードだけで良いのなら、人間もカロリーメイトのみで十分ですからね?

  • でも、人間はそうしない
  • なぜか?
  • ただ、単純に美味しいものを食べたいから

日によって異なる、色んな味や匂い、または食感を楽しみたいなど、誰もがそう感じます。

そして健康体でいるためにも、酵素や生の食材から摂取できる栄養など、様々な食材から栄養素を摂取する必要がありますね。

【ただ生きるため】と【楽しんで健康に長生きする】のは、似ているようで全く意味が違います。

犬には、『どの料理も、同じにしか感じないよ』って、人がたまにいるけど 、『あなたは本気で、わんちゃんと向き合ったことが一度でもあるの?』と、疑ってしまいます。

犬にも食べ物の好き嫌いがあります。そして、それは全ての犬に共通する訳では無く、みんなバラバラです。犬も人も同じ動物であり、ちゃんと感情があって好みが存在しています。

私はポメラニアンの〝そら〝と〝あめ〝を、愛玩動物やお飾りとして、迎え入れた訳ではありません。私はこの子達を大切な子供・家族として迎え入れました。

親として子供には、犬生を楽しんで欲しいと思うのは当然ですよね。

食べ物も楽しみの一つ。だから私は、犬の手作りご飯を勧めるし、これからも続けるのです。

私達が手作りした料理を、わんちゃんが嬉しそうに食べてくれたら、〝両方happyでしょ?(笑)〝



( ´Д`)ノ~<ポメラニアンの多頭飼いブログでした!

コメント

error:Content is protected !!