わんちゃんのお散歩で使用する革製リードや首輪を綺麗にする方法

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんの革製リードや首輪を『レザーウォッシュと重曹ペースト』を使って綺麗にする方法を紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



わんちゃんのお散歩で使用するリードや首輪。

それらに使われている素材の中でも革製の種類は特に人気が高く、長年愛用している方も居るのではないでしょうか?



革製のリードや首輪は布製などの製品に比べて、耐久性やデザイン性が高くなっています。

その分、お値段も張りますが革製の商品は長年使用する事で、独特の味わいが表面上に出てきますので革好きの人からすれば、それだけの価値があるのだと思います。



しかし、リードを長年使用していると革独特の味わいとは別に『黒ずみなどの汚れ』も蓄積されていきますよね。

革製品はその性質上、下手に洗剤などを使用してしまうと素材そのものにダメージを与えてしまいますので正しいケアの方法を学んでおく必要があります。



また革製のリードなどをケアした後は、コーティングを施さないと水分によるダメージや汚れの付きやすさが増加するなど、後々大変な目に会いますのでしっかりとコーティングまでしておく必要があります。

今回は革製リードや首輪の掃除に使用する『レザーウォッシュと重曹ペースト』の使用方法を紹介します。



わんちゃんの革製リードや首輪に付着した全体的な黒ずみをレザーウォッシュで落とす

レザーウォッシュはビネガーと植物性オイルを配合した掃除アイテムで、革製リードや首輪に付着した黒ずみを取るのに最適なアイテムとなります。



ビネガー(穀物酢)には、浸透や剥離、溶解作用の性質がある為に、革製品の汚れに浸透し汚れを剥がしたり汚れそのものを溶かす作用があります。

その効果を利用して、革製品の汚れが酷い場合でもレザーウォッシュにしばらくの間漬け置きしておけば、ビネガーがじっくりと汚れに浸透し剥がしてくれる事となります。



また、レザーウォッシュに配合されている植物性オイル(オリーブオイル)は革製品へのダメージを最小限に抑える為に必要で、植物性オイルが配合されている事で革製品の汚れを落としつつ革製品独特の艶や味わいを保てる事となります。



わんちゃんの革製リード・首輪をレザーウォッシュで綺麗にする方法

1.コットンまたは麻素材のタオル・ウェスにレザーウォッシュを染み込ませます。



2.リードや首輪をコットンまたは麻素材のタオルや・ウェスで挟み、滑らすようにして全体を拭いていきます。



3.長年リードや首輪をメンテナンスしていなかった場合は、汚れが取れにくい事が予想されますので少しの間レザーウォッシュを付けて置いておくと良いでしょう。



4.仕上げとして、乾いたコットンや麻素材のタオル・ウェスで革製リード・首輪を拭き上げていきます。

この時、リードや首輪に水分が残らないよう徹底的に拭きあげましょう。



わんちゃんの革製リードや首輪に付着した頑固な汚れには重曹ペーストを使う

重曹ペーストは重曹と水を配合した、重曹水を高濃度にした掃除アイテムです。

この重曹ペーストはナチュラルクレンザーとしての役割になりますので、革製品以外にも使用可能です。



クレンザーとしての役割をもった重曹ペーストは革製品に染み付いた頑固な汚れを取るのに効果的で、黒ずみを綺麗に落とす事が出来ます。



しかし、当然クレンザーと水の要素が含まれていますので、仕上げに植物性オイルを塗ってコーティングしておく必要があります。



また重曹ペーストを使用した箇所には、ビネガースプレーを掛けて革を傷めないようにする工夫が必要です。

これはビネガーに重曹の弱アルカリ性を中和させる働きがある為です。



わんちゃんの革製リードや首輪を重曹ペーストで綺麗にする方法

1.コットンや麻素材のタオル・ウェスに重曹ペーストを取ります。



2.革製リードや首輪の汚れた箇所を丁寧に拭いていきます。



3.汚れが落ちたらビネガースプレーを振り掛けて中和させていきます。

ポイントとしては、リードや首輪を全体的に重曹ペーストで拭いていくのではなく、1箇所1箇所を重曹ペーストとビネガースプレーで綺麗にしていくのが革へのダメージが少なく済みます。



4.乾いたコットンや麻素材のタオル・ウェスで、リードや首輪に付着した水分を取り除いていきます。



5.最後にコーティング剤として、リードや首輪に植物性オイル(オリーブオイル)を指やコットンで薄く刷り込んでいきます。

植物性オイルを塗り過ぎてもベトベトになってしまいますから、薄く塗る事を意識してください。



6.後は乾かして完成となります。



最後に:日頃のメンテナンスはレザーウォッシュ

月に一回や半年に一回程度の期間で定期的にレザーウォッシュによるメンテナンスを行っていれば、重曹ペーストでのメンテナンスは基本的に必要ありません。



また定期的にレザーウォッシュによるメンテナンスを行っていると、革製リードや首輪の寿命もそれだけ延びますので、愛着が湧いているリードや首輪には特にメンテナンスが必要になります。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね(*‘ω‘ *)

コメント

error:Content is protected !!