犬の花粉症はブタクサや食べ物が原因?目の周りの脱毛やかゆみの治療と発生時期とは?

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、犬の花粉症時期や治療方法の有無、または目の周りの脱毛症や体のかゆみなどの症状の原因となる、ブタクサや花粉症に関する食べ物について紹介しますね。また花粉症対策として、『犬に何をしてあげれば良いのか?』についても詳しく解説していますので、是非参考にしてみて下さいね。

犬の花粉症とは?

花粉症の症状はコレ!

犬が花粉症で起こす症状は、以下の通りになります。

  • 鼻水やくしゃみ
    • 人と同じく、わんちゃんも鼻水やくしゃみが頻繫に出るようになります。
  • 脱毛
    • 目の周り周辺の毛が抜け落ちていきます。
  • かゆみ
    • 顔を掻きむしったり、体を壁や床に擦り付け全身を痒がるようになります。
    • 体中を掻きむしる、擦り付ける事で皮膚が赤くなり炎症を発症します。
  • 外耳炎

犬が花粉症になると、上記のような症状や行動を起こすようになります。また、犬がくしゃみを連発する様でしたら、すぐさま動物病院にて検査する事をおすすめします。

その理由としては、1回や2回程度のくしゃみであれば問題はありませんが、連発するくしゃみは犬の体力を奪う原因となり、以下の事から危険とされています。

  • 花粉症の症状の悪化
  • 体力を消耗した事による抵抗力の弱体化
  • 抵抗力が弱体化したことで、他の病原体に感染しやすくなる

また花粉症の犬には、以下のような症状例もあるようです。

  • 鼻水やくしゃみの症状が出ない
  • 目の周りの脱毛や皮膚のかゆみ・外耳炎の症状だけが起こる

このことから、花粉症は全ての症状が発症する訳では無いので、『犬の行動や変化に何かしらの変化は起こっていないか?』を、日頃からしっかりと観察しておくと、花粉症の症状が酷くなる前に、治療や対策を施すことが出来るようになりますね。

花粉症の検査方法と症状に対して治療は出来るのか?

犬の花粉症は動物病院で行う〝血液検査〝によって、特定する事が可能となっていますね。しかし花粉症に対する対症療法(症状を和らげる)はあっても、花粉症アレルギーを〝完治させる方法〝はありません

その為、飼い主は犬の身体に起り得る花粉の症状を、少しでも和らげる対策方法を練る必要がありますね。

では、花粉症の症状を対策する前に、一体何が原因となっているのかを見ていきましょう。

犬が花粉症になる原因の植物とは?

犬の花粉症はブタクサが原因?時期はいつなの?

犬が花粉症の症状を起こす、主な原因は以下のような植物とされています。

  • ブタクサ
  • オオバコ
  • スギ

しかし、残念ながら花粉症の原因となる植物や時期は、〝地域や季節性によって異なる〝との事ですので、個々の犬がどの植物が原因で花粉症の症状を発症しているかは、各自で獣医師の下、付近を調べるほかありませんね。

では、次に食べ物が原因で花粉症の症状を発症する場合について、解説していきますね。

犬の手作りご飯を行っている方は、特に気を付けて頂きたい内容となりますので、しっかりと見て頂く事をおすすめします。

犬の花粉症アレルゲンの交差性となる食材とは?

花粉症の原因は花粉だけではない!食べ物にも原因がある!?

犬の花粉症において、気を付けておきたいのは〝アレルゲンの交差性〝と呼ばれるものですね。

アレルゲンの交差性とは、一体どういうことなのか?

  • アレルゲンに対する抗体が
  • 原因となる抗体と交差性のある
  • 異なるたんぱく質にも反応して、
  • アレルギー症状を起こしてしまう事

つまり、花粉症の原因となる〝ブタクサ〝などの植物と、交差性(簡単に言えば、似ていると考えて下さい)のある食べ物を摂取してしまうと、花粉症アレルギーの症状を発症してしまうという事ですね。

花粉症の原因と同じ科の種類に含まれる、イネ科やスギ科などの植物に反応する事を交差反応と言います。

花粉症の抗体と交差性がある食べ物には、以下のような種類があります。

  • 果物
    • メロン
    • スイカ
    • バナナ
    • リンゴ
    • ナシ
    • モモ
  • 野菜
    • キュウリ
    • レタス
    • トマト
    • ピーマン
    • ニンジン
    • 大豆

これらの食べ物は花粉症の原因と交差性のある一部食材となっており、摂取する事でアレルギーの影響が及ぶとの事ですね。その為、犬が花粉症を患った場合は、掛かりつけの獣医師に相談をした上で、手作りご飯の食材をどうするべきかを考えていくと良いですね。

では、ブタクサなどの植物花粉による、かゆみや目の周りの脱毛を抑えるには、どの様な対策を施せば良いのでしょうか?以下にまとめてみましたので見ていきましょうね。

犬を花粉症の症状から守る為の対策法とは?

私も花粉症を患っているからこそ分かる。

花粉症は辛い。1日で箱ティッシュを3箱も開けるから、お鼻の皮が剥げてきたよ(´-ω-`)

犬のお散歩を花粉が飛んでいない時間帯に変更する対策

犬が花粉症を患っているのであれば、花粉の飛来が少ない時間帯に、お散歩へ出掛けるのがベストになりますね。一般的に花粉の飛来が多いとされる時間帯は、〝昼の12時頃~夕方の6時頃〝までとされています。これは植物が太陽の光を受けて、活発に活動する時間帯だからですね。

逆に言えば、植物が寝ている時間帯とされる、日の入りから早朝までの間は、花粉の飛来が当然少なくなっていますね。特に植物が比較的花粉を飛ばさない、〝早朝や日の出〝の時間帯が外も明るく、一番ベストなお散歩タイムとなります。

また空気中の花粉が飛びづらい〝雨天時〝は、花粉症にとって最高の一日となりますので、小雨程度であれば、少し長めにお散歩を楽しむ事が出来ますね。

花粉の飛来は地域によって時間帯が異なりますので、テレビやネットで地域ごとの花粉飛来予想情報をチェックしておく事をお勧めします。

お散歩の際に犬を草むらへ入れない対策

お散歩の道中にある草木には、花粉症の原因ではない植物にも、かゆみや目の周りの脱毛などの症状を起こす可能性の高い、花粉が付着している恐れがあります。このことから、犬の体に花粉を付着させない為にも、草木への立ち入りは控えておくと良いですね。

犬とのお散歩コースを変更する対策

犬と普段お散歩しているコースに、花粉症の原因となる〝ブタクサ〝などの植物が自生している場合は、犬に花粉症を発症させない為にもコースの変更を行う必要がありますね。

また、その日の風向きによっても〝ブタクサ〝などの植物を中心に、『どの方角に風が吹いているのか?』を把握し、花粉症の原因となる植物よりも、風上に位置する場所での散歩を心掛けておくと良いですね。これはブタクサなどの花粉が、風に乗って自身の下へ飛来してくるのを防ぐ為に必要な手段となります。

犬に洋服を着せて花粉の付着を防ぐ対策

花粉の時期は少し外出しただけでも、多くの花粉が私達の気が付かない内に、衣類や体へ付着している可能性が多いに考えられます。これは人間のみならず、犬にも同じ事が言えますね。

私達人間は普段から衣類を纏っていますので、花粉の付着した衣類を脱げば、花粉症の症状をある程度は防ぐことが出来ます。しかし洋服を着用していない犬は、全身に花粉が付着してしまいますので、花粉症の影響を直接受ける羽目になります。

これを予防するには、犬の洋服の着用が一番良いとされていますね。洋服を着用していれば、身体の大部分を花粉から守る事が出来ますので、洋服を着用させないよりは症状がかなり和らぐ事となります

ただし、花粉の季節は気候の暖かい時期となりますので、犬が暑がらない為の工夫や比較的涼しい衣類を選択をする必要がありますね。

しかし、だからといってタンクトップタイプなどの露出の多い種類を選択するのではなく、以下のような種類を選択するのがおすすめとなります。

  • 衣類の生地が薄い、全身をカバーできるタイプ
  • 衣類全体が冷感仕様のタイプ
  • 衣類を水に濡らしてから、着用させるタイプ

このように暑さ対策の洋服や衣類を水で濡らす方法もありますので、犬に適した衣類による対策を考えてみると良いですね。

家に花粉を持ち込まない為の工夫対策

上記では、外出の際に犬の体へ花粉を付着させない為の方法を紹介しましたが、外出から帰った際は花粉を室内に持ち込まない為にも、犬の衣類を室内へ入る直前で脱がしておく必要がありますね。

犬に洋服を着用させていれば、花粉の大部分は洋服を脱がすだけで排除する事は出来ます。しかし、洋服でカバー出来ていない部分や自身の衣類や体には当然、花粉が付着していますので室内に入る前に玄関先で花粉を叩き落としておく事も対策の一つとなりますね。

ただし花粉の中には粘着性の高い種類も存在しますので、叩き落とすだけではなく、湿らせたタオルなどで犬の全身を軽くでも良いので、毛の流れに沿って拭いてあげると良いですね。たったこれだけの事で、大部分の花粉を室内へ持ち込まずに済みます。

室内の花粉を取り除く対策

日頃の室内換気や家の出入りなどによって、花粉はいつでも室内へ侵入してきます。犬の為に飼い主がどれだけ花粉対策をしようとも、花粉は室内へ簡単に入ってきてしまいますので、室内でも花粉に対する対策は必要となりますね。

対策方法としてはまず、普段の室内換気を花粉の飛来が少ない、日の入から早朝にかけて行います。花粉の飛来が多い時間帯で換気を行うより、室内への花粉の侵入をかなり抑える事が出来ますね。しかし、これは花粉の室内への侵入を抑えただけであり、根本的な花粉の排除にはなりません。

そこで行うのが、空気清浄器です。ここ最近の空気清浄機は、花粉対策に焦点を合わせた種類も販売されており、花粉症を患っている私としても嬉しい限りですね。花粉に対して『空気清浄機が役立つのか?』と疑問に感じる方も居るかも知れませんが、花粉症の私は空気清浄機があるのと無いのでは症状の辛さが異なる事を実感しています。

特に寝室や人の出入りが多いリビングなどに設置しておくと、花粉の症状がだいぶマシになりますね。

最後に普段のお掃除ですが、室内へ侵入してきた花粉の多くは床に付着していますので、掃除機から掃除を行うと、花粉を空気中に巻き上げる原因となります。その為、普段のお掃除は出来る限り水拭きを選択して、花粉を空気中に巻き上げない事を意識すると良いですね。また、その際に空気清浄機を稼働させながら掃除を行うと、より効果的となります。

毎日のブラッシングで花粉を取り除く対策

犬のブラッシングは日頃から行っておきたいケアの一つとなりますが、花粉の時期は特に念入りにブラッシングを行っておくと、花粉の症状をある程度は和らげることが出来ますね。また犬の身体に付着した花粉を取り除くには、シャンプーをしてあげるのが効果的と言われていますが、犬へのシャンプーを頻繁に行えるとは思えません。

その理由は犬個々によって、以下のような問題が生じる為です。

  • 体力の少ない老犬
    • 身体的ストレスの原因
  • 皮膚病を患っている子
    • 皮膚病の悪化
  • お風呂にストレスを感じる子
    • 精神的ストレスの原因

特に家庭によって異なるシャンプーの種類の中には、犬の身体へ刺激の強い種類もある為、私は頻繁に行う犬のお風呂に対しては反対します。

では、花粉に対する日頃のケアをどうすれば良いのか?基本的に今まで紹介してきた対策法をしっかりと行ったうえで、ブラッシングを〝お出掛けから帰宅した際〝と〝就寝する際〝に行うと良いですね。

ただし1日二回のブラッシングは、犬の被毛や皮膚を痛める原因となりますので、就寝前のブラッシングは軽く済ませるだけでも良いかと思います。また自力で起き上がる事の出来ない犬などの場合は、硬く絞った濡れタオルで全身を拭くだけでも十分に効果があります。

また犬へブラッシングをする際は、ブラッシングの前に固く絞った濡れタオルで、犬の全身を毛の流れに沿って花粉を取り除く為に軽く拭いてあげます

その際に、肉球周りや脇下・顔周辺などの細かい部分も丁寧に拭いておくと、花粉対策として効果的となりますね。全身を拭き終わったら、普段通りにブラッシングを行うだけで十分な対策を施すことが出来ますね。

ただし、ブラッシングに使用したブラシには、花粉が付着している恐れもありますので、ブラッシング後は硬く絞った濡れタオルで、ブラシのピン部分の細かい所まで拭いて保管しておくと良いですね。

個人的意見なので無視して下さっても良いですよ(●´ω`●)

今回わんちゃんの花粉について、私が調べた際に多くの情報には、『2日3日に1回はシャンプーをしても大丈夫』との記載が多くありましたが、果たして本当にそうでしょうか?

確かに花粉の症状が重いわんちゃんには、2日3日に一回のシャンプーは効果的ではあると私も考えます。

しかし、それは花粉に対してや健全なわんちゃんに対しての言い分であり、以下のようなわんちゃん達、全てを無視した発言だと私は考えます。

  • 体が弱く体力のない老犬
  • お風呂が嫌いでストレスを溜めやすいわんちゃん
  • 皮膚に病気を持っている子
  • 皮膚の弱い子
  • 飼い主それぞれで異なる、所持しているシャンプーの性質など

特に大手のサイト様や獣医師が記載している記事内容は、多くの方がご覧になりますので、わんちゃんにも様々なパターンがある事を理解したうえで発言して頂かないと、それを信じた読者のわんちゃんに二次被害が及ぶ事を考慮して頂きたいと私は素直に感じました。

まぁ私も、その点に関しては気を付けてはいますが、人によって『これは、んー』と感じる部分があるかも知れませんね。その際は連絡して頂けると助かります(●´ω`●)

最後に:犬の花粉症についてまとめてみました

犬の花粉症の症状はコレ!

  • 鼻水やくしゃみ
  • 目の周りの脱毛
  • かゆみ
  • 外耳炎

ただし、花粉症は全ての症状が発症する訳では無いので、『犬の行動や変化に何かしらの変化は起こっていないか?』を、日頃からしっかりと観察しておくと、花粉症の症状が酷くなる前に、治療や対策を施すことが出来るようになりますね。

犬の花粉症原因や時期、または治療方法はコレ!

  • 原因・時期
    • ブタクサ・オオバコ・スギなどの植物
      • ただし、地域や季節性によって原因となる植物が変化する
      • その為、花粉の時期も植物によって変動する
    • 花粉症の原因となる抗体と、交差性のある食べ物
      • 手作りご飯の方は獣医師に相談した上で、食材を選択すると良いですね
    • 花粉症に対しての完治する治療法は無い
      • 現状では、花粉症に対する対症療法(症状を和らげる)しかない

花粉の原因となる植物が判明しても、対症療法(症状を和らげる)しかないので、飼い主がどれだけ花粉に対する対策を取れるかで、犬の症状が和らぐ事となりますね。

犬の花粉症対策はコレ!

  • 日々のお散歩を、花粉の飛来が少ない時間帯へ変更する
  • 花粉が付着している可能性の高い、草木の中には入らせない
  • 散歩コースに花粉の原因となる植物があれば、日々の散歩コースを変更する
  • 外出の際は犬に洋服を着せて、身体への花粉の付着を抑える
  • 帰宅する際は、犬も人も玄関先で花粉を払い落とし、室内に花粉を持ち込まない
  • 室内の花粉を、空気清浄機や床拭きなどで取り除く
  • ブラッシングと濡れタオルで、犬の身体に付着した花粉を取り除く

わんちゃんの花粉症は皮膚にも症状が現れますので、皮膚がデリケートなわんちゃんにとって花粉症は、とても辛い痒みとの戦いになります。

花粉症の犬を放置していると抜け毛や皮膚の炎症だけではなく、皮膚が膿んだり、皮膚がただれる事もあります。その為、たかが花粉症とは思わずに、必ず掛かりつけの獣医師による診察の下、適切な花粉症対策を施しておきましょうね。



またね(●´ω`●)

コメント

error:Content is protected !!