わんちゃんに異変が起きた時の対処法!

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事ではわんちゃんに異変が起きた時の対処法についてご紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



わんちゃんの普段とは異なる行動や怪我・病気などの異変に気づいた場合、私達は速やかに適切な行動を取らなくてはなりません。

しかし、長年わんちゃんと生活を共にしてきた人々でも『適切な対処が分からない』と悩む方も大勢いるかと思われます。



特にわんちゃんと生活を始めたばかりの方はわんちゃんの状態や症状によってはパニックを起こしかねません。では、どうすれば良いのか?



今回はそれらを解決するための『わんちゃんの身に異変が起こった時の対処法』と『応急処置や症状別に詳細が記載されている家庭動物の医学』についてお話します。

この2つを『知っている』『知らない』かで、場合によってはわんちゃんの助かる可能性に大きな差が開きますので、この記事に目を通していただければ幸いです。



わんちゃんの体に突然異変が起きた場合の対処法

わんちゃんと長い期間生活を共にしていると、わんちゃんの突然の病気や怪我・不可解な行動など、私達がどう対処すれば良いのか分からず焦ってしまう場面がいつしかやってきます。



基本的にはわんちゃんの身に少しでも異変を感じ取ったら、すぐに動物病院へ連絡して処置の仕方を仰ぎ、そのまま病院へ向かうのが一番確実となります。

しかし、わんちゃんの身に異変が起きた時間帯が夜中などの動物病院の診療時間外だった場合はどうでしょう?



都会の方ではペット専用救急車や深夜でも時間外診療などを行っている病院もあるようですが、地方ではまだそのようなサービスが広がっていない為に私達は苦しむわんちゃんを横目に動物病院が開く時間まで待たなくてはなりません。



さらに、わんちゃんの状況によっては素早い処置が必要な場合もあり、私達はすぐにその原因と応急処置の仕方を調べる必要があります。



現代ではスマホ一つあれば、様々な情報にアクセスできる時代となりましたが、それと同時に誰でも情報を流せる時代でもあるのです。

そのため、ネット上ではわんちゃんの症状について調べてみても様々な意見があり、どれが正しいのか分からず下手な情報に流されて余計にわんちゃんの状態を悪化させるなんて事も多いに考えられるのです。



そもそも、獣医師によって処置の仕方や考え方が異なる事もありますので、どれが正しいなんか私達が分かるはずがありません。

では、どうすれば良いのか?



私達がわんちゃんに出来る対処法を順に確認していこう!

1.まず、緊急事態の際に一番気を付けたい事、それは情報に惑わされない事です。

ネットであれこれ調べていても病気によっては似た症状がいくつもありますので、症状について調べるのは後回しです。

2.車で行ける範囲の動物病院(県内や隣の都道府県まで)を調べ、時間外診療を行っている病院があるのかを確認します。

あれば、連絡し獣医師の指示を仰ぎます。(私が住む地域にある、動物病院の一つは留守番電話を入れて、それを聞いた病院関係者の方が後から掛け直してくるスタイルでした)

獣医師さんに伝える内容は?

  • いつ(その症状はいつからか?何時ごろか?)
  • どこで(家の中、ドックラン、山の中など)
  • 症状が起きた原因(階段から落ちた・食べてはいけないモノを食べて中毒を起こしたなど)
  • わんちゃんの状態(泡を吹いている・痙攣している・白目をむいている・血便などを詳しく)
  • 場合によってはわんちゃんの年齢
  • 病院が遠い場合は住んでいる場所と病院までにかかる時間
  • 私達が出来る応急処置

↑上記内容は動物病院にて伝える必要がありますので、メモするなどして詳しく記載しておきましょう。

自身が住む地域や近隣の都道府県に深夜診療などをしてくれる動物病院が無かった場合は、車で行ける範囲では無くとも【応急処置の対処法を聞く為だけに都会の動物病院に連絡を入れる】のも一つの手かと思われます。

3.獣医師が症状を聞いて指示を出してくれる24時間対応の電話・ネット専用サービスもありますので、それらを選択するのも一つの選択肢かと思います。

(事前に登録をしておくことが必要です)

4.そして最後に私達が行えること、最大の情報源となるのが【家庭動物の医学大百科】です。

家庭動物の医学とは?

皆さんは家庭の医学と呼ばれる分厚い本をご存知ですか?

人間に関わる病気や怪我の詳細やその対処法、応急処置の仕方まで事細かに記載されている本です。

これは医学に関わる多くの人々が携わって完成されていますので、ネット情報よりも確実に信頼できる情報源の一つですね。


そして、動物用にこれと同じものが存在します。

それが【イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科】です。

対象動物はイヌ・ネコ・フェレット・ウサギ・ハムスター・小鳥・亀となります。



家庭動物の医学大百科の内容を簡単に紹介【一覧表】

  • 緊急症状早見表
  • 体の仕組み
  • 動物を飼うための基礎知識
  • 病気が疑われる症状とそのケア
  • 各病気とその治療
  • エキゾチックアニマルの疾患
  • 野生鳥獣の救護と疾患
  • 目で見る医療の最前線

大きく分けて以上のような項目に分かれており、ここから項目ごとに更に細分化され総ページ数は760ページにまで及びます。

各項目それぞれに図や写真、また一般の私達でも分かりやすい様にまとめられていますので医学と聞いて難しそうとは思わずに一度は手に取ってみて下さい。



この書籍を所持していると、わんちゃんの緊急時に大きな助けとなりますので、応急処置や病気になった際の知識を蓄える意味でも持っておいて損はありません。



最後に:もう一度おさらいしておこう

1.車で行ける範囲の動物病院(県内や隣の都道府県まで)を調べ、時間外診療を行っている病院があるのかを確認。

2.連絡し獣医師の指示を仰ぎます。

3.連絡できる動物病院が無かった場合は、車で行ける範囲では無くとも【応急処置の対処法を聞く為だけに都会の深夜診療を行っている動物病院に連絡を入れる】

4.獣医師が症状を聞いて指示を出してくれる24時間対応の電話・ネット専用サービスもありますので、それらを選択するのも一つの選択肢。

5.情報は【家庭動物の医学大百科】が有効。



獣医師さんに伝える内容は

  • いつ(その症状はいつからか?何時ごろか?)
  • どこで(家の中、ドックラン、山の中など)
  • 症状が起きた原因(階段から落ちた・食べてはいけないモノを食べて中毒を起こしたなど)
  • わんちゃんの状態(泡を吹いている・痙攣している・白目をむいている・血便などを詳しく)
  • 場合によってはわんちゃんの年齢
  • 病院が遠い場合は住んでいる場所と病院までにかかる時間
  • 私達が出来る応急処置

以上の事をメモしておくと、後々便利ですよ。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね(∩´∀`)∩

コメント