わんちゃんとの冬散歩は昼間の時間がベストだね

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんとの冬季における散歩の時間帯について紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



11月に入ってから日暮れもだいぶ早くなりましたね。

この時期からのわんちゃんとのお散歩で、特に気を付けておきたい注意点が3つあります。

わんちゃんとのお散歩で夏の時期とは異なる注意点とは?

知っているのと知らないのでは、その後のお散歩に影響を良い意味でも悪い意味でも与える事となりますので、是非ご参考下さい。



人も犬も防寒対策は必要

防寒対策は人だけではなく、わんちゃんも犬種や毛質・年齢によっては防寒対策が必要な場合があります。

その為、必要であれば洋服などを着せてわんちゃんが寒がらない為の工夫をしましょう。

わんちゃんの洋服については、下記時にてまとめてありますのでご参考下さい。

MIX犬に洋服を着せる際のサイズとは

わんちゃんに洋服は必要なのか?



また私達もお散歩の際は暖かい恰好をするだけではなく、それと同時に手が寒さで、かじかまない様に対策をする必要があります。



リードを持つ手が、かじかむと上手くリードを操作出来ない事も考えられますので、事故防止のためにも滑り止めなどが付いた手袋を着用する事をおすすめします。

間違っても持ち手が滑るような素材の手袋で、わんちゃんのリードを持つのは辞めましょう。



わんちゃんとの散歩の時間帯を出来る限り、暖かい時間帯に変更する

夏場のわんちゃんとのお散歩は出来る限り、日差しの強い時間帯やコンクリートなどの地面に熱が籠っている間は、お散歩を控えておいた方が良いと前にお話ししましたが、冬の季節はその逆となります。



冬の寒い季節は朝方と日が沈んでからの時間帯が一番冷え込みますので、わんちゃんとのお散歩にはあまり向かない時間帯となります。

冬のお散歩は出来る限り、暖かな昼間や太陽の熱がまだ地面に籠っているであろう夕方がわんちゃんだけではなく、私達にもベストなお散歩のタイミングとなります。



日暮れが早くなる=夜間のわんちゃんを含む事故が増加する可能性も

日暮れの時間帯が早くなる冬の時期はそれだけ夜間が長くなりますので、夜間に発生しやすい交通事故やトラブルが増加する恐れが考えられます。



その為、わんちゃんを守るためにも夜間にお散歩をする際は、反射バンドやヘッドライト・懐中電灯などを携帯して出掛けるようにしましょう。

下記事にて、私自身も愛用しているヘッドライトについて、まとめていますので興味のある方は是非ご覧ください。

ヘッドライトがわんちゃんのお散歩に最適なんだよね



また変質者などは夏場に多く出没しますが、冬の寒い時期でも出没する可能性がありますので、女性一人での夜間のお散歩は必ず控えておきましょう。

(´・ω・) 防犯ブザーと催眠スプレーは必須だよ!



最後に:夏には感じれない『静かで落ち着く雰囲気』をお散歩で感じよう

私の住んでいる地域は、山と海に囲まれた自然豊かな場所である為に、どの季節でも自然の香りや景色を楽しむことが出来ます。



その四季の中でも冬の季節は、心が休まるような静かな雰囲気を楽しむことが出来る季節だと感じます。

その為、冬のわんちゃんとのお散歩は全季節のなかで一番好きな瞬間でもあります。



わんちゃんとのお散歩は、その季節特有の雰囲気を伺う事が出来る瞬間でもありますので、お散歩をすぐ終わらせようとはしないで少し立ち止まって、空を見上げてみてはいかがですか?

ちょっとした幸せを感じれるかも知れませんよ。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



(`・ω・´) 寒いのは嫌いだけどね!!

コメント