愛犬と暮らす上で香水の匂いは大丈夫なのか?また化粧品等を食べたらダメな理由はコレ!愛犬と安全に過ごす為の身なりを考えよう!

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

嗅覚の鋭い犬にとって、香水の匂いは臭くないのか?匂いを嗅ぎ続けても大丈夫なのか?について紹介します。また、身だしなみの一つである化粧品を犬が誤って食べた・舐めた、として身体に被害が及ばないのか等について解説していきますね。

年齢の比較的若い世代の方達は自身の恰好を気にして、様々なモノを身に着けていますよね。

アクセサリーや香水、また女性の方はつけ爪やネイル・化粧など、外のみならず室内でも着飾っている方もいらっしゃるかと思います。これらは自身を美しく、または恰好良く見せる為や、仕事上の身だしなみとして、化粧を毎日している方も居るかと思います。

しかし愛犬と接触する時に、そのまま(化粧品・香水等を付けたまま)の状態で近寄り、触ってしまえば、犬が怪我や中毒を引き起こしたり、または大きなストレスを抱えてしまうかも知れません。

では、一体どのような危険があるのか?

今回はわんちゃんと暮らす中で危険となる、ファッションの一部について紹介しますね。

スポンサーリンク

愛犬に被害が及ぶ危険のあるファッション・身だしなみとは?

付け爪や長い爪は愛犬の身体に怪我を負わせやすい

女性の中には爪が異常に長い人がいますよね。男性からすれば『よくそんな長い爪で生活できるよな』・『爪が長すぎて不潔』と感じる方も多いのですが、女性の方からすれば長い爪は一つのファッション・ステータスの一部と考える方もいます。

身だしなみや、お洒落は人それぞれに感性の違いがありますので、それらは個人の自由となります。しかし、長い爪で愛犬へ触れてしまうと、目に刺さる、または身体を撫でる時に皮膚を引っ掻いてしまう、などの可能性がとても高く、事故が生じやすいファッションとなっています。

特にわんちゃんは撫でる際に、予期せぬ動きを起こす事もありますので、長い爪・つけ爪が原因で、失明してしまう恐れだって十分に考えられます。

またドックラン等で他のわんちゃんに触れる際は、他の愛犬に怪我をさせてしまう可能性がありますので、トラブルを避ける為にも必ず自身の爪は短く切っておき、つけ爪は外しておくと良いですね。

またドックランなどで、そういった爪の異常に長い方を見かけたら、自身の愛犬へ触れさせない様、監視しておきましょう。

私は異様に爪の長い方をドックラン内で見かけたら、愛犬を遠ざけるか、触れるもんなら『危ないから触れないでくれ』と声を掛けています。

『何だこいつ』みたいな目で見られますが、自身の子を守るのは親として当然なので気にする必要はないのかと。

私からすれば、我が子がいるのに鋭利な爪を身に着けて、『私綺麗でしょう』と、アピールしている人間は頭がおかしいのでは?としか思えません。

化粧品などは犬が食べたら中毒症状を起こす危険がある

女性が毎日のように施す化粧は、身だしなみの一つとして会社毎で仕事上、決められている事もあるのですが、その化粧を愛犬と過ごす時間にも施していたら危険な事態へ発展してしまうかも知れません。

化粧品の多くは愛犬が舐める・食べた等のアクションで中毒を起こすモノが多く、少し舐めた程度ならまだしも、愛犬が化粧を施した顔をしつこく舐めるタイプの子ですと、それだけ化粧品を体内へ蓄積する事となりますので、中毒を引き起こす確率が高まりやすくなっています。

  • 中毒症状は化粧品の成分によって異なってきますが、
    • 嘔吐
    • 下痢
    • 痙攣
    • 元気が無い・無気力
    • 食欲不振等が考えられます

その為、化粧品を使用する際は〝仕事や愛犬を連れて行けない外出時〝にだけ使用して、家に帰ったらすぐに化粧を落とすように心掛けておくと良いですね。

また化粧品の道具を愛犬の届く範囲・位置へ置いておくと、悪戯して誤食等の事故を誘発してしまう危険がありますので、必ず届かない場所に化粧品を仕舞うようにしておきましょう。

女性は化粧をする事で綺麗になるのかも知れませんが、私個人としては化粧をする女性よりも化粧を施さないありのままの自分をさらけ出す女性の方が綺麗で美しいと感じます。

・・・なんのこっちゃ( *´艸`)

スポンサーリンク

香水は愛犬に大きなストレスを与える危険性がある

香水やコロンなどは匂いがとても強く、私達人間でもたまに『臭い!!』と感じる事があります。

香水は少量を手首につけて首周辺に擦り付けるのが正しい使用法とされていますが、稀に体全体に香水を振りかける輩もいますよね。

あれ、ただ単に臭いだけなのでやめて欲しいです。

吐き気しかしません。自身の魅力をさらに下げてどうする気なのでしょうかね。

香水などの匂いの強いモノは本当に少量でも嗅覚の鋭い犬からすれば、上記のような全身に香水を振りかけた時以上の強烈な匂いが襲い掛かりますので、当然気分が悪くなります。

香水を外で使うならまだしも、家の中で香水を振りかけ、体に香水が付いた状態で家の中に居ると、一緒に暮らしている愛犬は長時間もの間、密閉された空間の中で香水の強烈な匂いに耐え続けなくてはなりません。

犬は人間以上の強力な嗅覚の持ち主ですので、香水の匂いを強く感じ取れてしまい、それが大きなストレスとして身体・精神にダメージを与えてしまいます。

犬にとってストレスは様々な病気を誘発する原因の一つであり、嘔吐や下痢などの症状も引き起こされる可能性があります。その為、少しでも愛犬の健康に対して気に掛けているのであれば、香水を使用しない生活を送ることが一番理想的となります。

もし、どうしても香水を使用するのであれば、外で香水を振りかけて、家に帰宅したらすぐにシャワーを浴びるなどして香水を洗い流しておくと良いかも知れません。また室内の換気も忘れずに行なっておくと良いですね。

スポンサーリンク

最後に:自然の状態が自身のためになり、愛犬の為にもなる

都会などでは特に自身の身だしなみや、恰好を気にして、日頃から入念なチェックを行っているのかと思います。しかし、それは本当に自身が望む形そのものなのか一度考えてみてはどうでしょうか?

ただただ、周りの人間に認めて貰いたかったり、周りの人間に合わせて無理をしている事はありませんか?

わんちゃんと暮らす時間は自身の一番自然な状態を保ち、ストレスなく穏やかな時を過ごせていると感じるはずです。愛犬は私達のストレスや感情を敏感に感じ取り、私達を癒そうと様々な行動を魅せてくれます。

犬にとって香水はただ単に臭いだけであり、化粧品は食べた等の行為で中毒の危険がある。愛犬にとって安全で大丈夫な生活環境・身だしなみとは何なのか?

愛犬の為、そして自身のためにも無理をするファッションは辞めて、必要最低限の身だしなみで一度過ごしてみてはいかがですか?

新しい自分が見つかるかもしれませんよ。


またね(*‘ω‘ *)

コメント

error:Content is protected !!