犬が滑るフローリングに100均マットやワックス(賃貸では可も不可もある)で対策する方法とは?危ない腰への影響を考慮してヘルニアや脱臼の負担を軽減する方法はコレ!

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、フローリングで犬が滑る事で起こり得る、危ない身体への影響、〝腰を痛める〝・〝ヘルニアを悪化させる〝・〝四肢を脱臼する〝などのフローリングが原因で、身体に負担が掛かる理由について紹介しますね。

また、『犬の身体に負担の掛らないフローリング対策とは?』の質問に対し、賃貸に住まれている方でも対策出来る〝ワックス〝や、〝マット(100均でもOK)〝を使用した方法も解説していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

フローリングが犬に対しヘルニアや脱臼を引き起こす原因とは?

フローリングの滑る性質が犬の身体に大きな負担を掛けている

フローリングが犬の足腰に危ないと言った話は、犬と暮らしている方なら誰しもが聞いた事があるぐらい有名な話ですよね。

フローリング生活で犬に負担が掛かる部位は主に以下のような箇所となります。

  • 四肢
  • 関節

そして、身体に負担が掛かる影響で引き起こされやすい怪我は以下の通りです。

  • ヘルニア
  • 脱臼
  • 骨折
  • 打撲
  • 生涯にわたって関節が外れ易い・外れる原因
  • 歩行障害

しかし、フローリングが〝何故、犬の身体に負担を掛けるのか?〝

多くの方は、ただ単純に〝滑るから〝といった答えのみを知っているだけで、詳しい原因については理解していない方も多いかと思われます。

実際に答え(滑るから)さえ知っていれば、犬への影響(ヘルニアや脱臼など)を考慮して対策する事は十分に可能となります。しかし、原因を詳しく知っているか如何かで、フローリング対策に選択するマットやカーペットなどの材質にも着目出来るようになります。

では、犬がフローリングで滑る理由について見ていきましょう。

何故、犬はフローリングで滑るのか?

そもそも犬は、犬種ごとに草原や高原、土、雪などの〝主に平地に適した足の形と、身体的構造〝をしています。

犬が歩くときに地面と接触する部分は肉球と爪となり、これらは〝身体に負担の掛かる衝撃の吸収〝や、〝環境に適した滑り止め〝など、それぞれ大切な役割を持っています。

しかし犬の身体を支えている肉球や爪は、元々自然界で発揮されるはずの能力や、自然に適した身体的構造となります。その為、私達人間が加工したモノに対しては、自然界と異なる環境下(材質)であるために〝生まれ持った、能力や性能〝を十分に発揮する、又は対応する事が出来ません。

こういった理由から、犬は地面(フローリング)に対し上手く力を伝える事が出来ず、以下の様な動作に対し本来の性能を引き出せずにいます。

  • 踏ん張る
  • ジャンプ
  • 着地
  • 走る
  • ブレーキなど

こう言った動作では、犬の身体各箇所に余計な力が入り、関節や筋肉を傷めたり、足を滑らせ体勢を崩すなどして、ヘルニアや脱臼等の怪我をする確率がとても高くなっています。

この様にフローリングのツルツルとした床は、自然の凹凸のある地面とは〝真逆の性質〝を持つ為に、外(自然)に適した犬の足はフローリングで滑りやすくなってしまうのです。

では、ヘルニアや脱臼などの危ない怪我を避ける為の犬の負担を考慮したフローリング対策とは一体どの様なものなのでしょうか?

今回は手軽にすぐ始められる3つの対策方法と選び方を紹介しますので、是非参考にして見てくださいね。

フローリングにカーペットを敷くときの選び方とは?

フローリングの滑る対策として最も始め易い方法の一つ

カーペットは価格の安さや、入手のしやすさから、一番手軽に始められるフローリング対策の一つとなります。

ただしカーペットはその形状から、広範囲をカバー出来るものの、細かい範囲をカバーできないので、部屋のサイズに合ったカーペットを選び、空いた部分をどうカバーするかがポイントとなります。

私個人としては、カーペットでカバー出来ない部分は後に記述する〝タイルマット〝を活用するのが一番ベストな方法になるかと思います。

では次に、カーペットを選ぶ時の大切なポイントですが、〝起毛がふわふわなタイプなどの毛の長いカーペットは選ばない〝事です。

理由としては、カーペットの起毛が長いタイプは、犬の爪に引っ掛かる事があり、それが原因で怪我をする事もありますので、出来る限りフラットなタイプを選択する事をおすすめします。

ただし、カーペットの種類にはツルツルとした素材(い草・冷感素材・フローリングマットなど)が存在します。これらはフローリングほど滑りはしませんが、それでも犬が足を滑らすには十分な素材となりますので、カーペットを選ぶ際は〝犬が足を滑らせ易いかどうか?〝を考慮した上で選択しましょう。

またカーペットに撥水や防ダニ・防火・防臭・防音などの効果が期待できる種類は、後々の生活で(特に賃貸では犬の足音などの防音対策として)役立ちます。その為、カーペットを購入する際はフローリングで滑る対策以外にも、防音などを考慮したうえで購入すると良いですね。

フローリング全体をカバー出来る取り外し可能なタイルマットとは?

100均でも購入できる洗濯可能なマット

ここ最近は100均でも購入が可能なタイル状のマット。

タイルマットとは、正方形のマットを組み合わせ、必要に応じてカットする事で部屋の形状に捉われず、全体をカバーする事が出来る犬の滑り止めとして、とても優秀なアイテムとなります。

タイルマットには裏がシール状になっている貼り付けタイプの布製品や、ゴムの付いた滑り止めタイプの布製品が多く、これらは全体的に厚みが薄く洗濯可能なタイプが多いですね。

また中には、全体がゴムで作られた厚みのある、滑り止め・衝撃吸収に徹したタイプも販売されていますので、個々の家庭に合わせたマットを選択するのが良いかと思います。

ゴム素材のタイルマットは、滑り止めや、関節への衝撃の負担に対しては、布製のタイルマットよりも有効となりますが、粗相などで汚れた場合にマットを洗濯する事は出来ませんので、メンテナンスの面では厚みの薄い布タイプには劣る事となります。

また、タイルマットは数枚ごとでの販売が多く、種類によってはカーペットと比較してみると価格差に大きな違いがあり、タイルマットを選択する方が高く付く場合もあります。

その為、まずは100均で購入してみるのが良いのですが、100均によっては2〜3枚で100円といった場合もあり、下手をしたらホームセンターやネットで購入した方が安上がりになる事もあります。

ですので、タイルマットを購入する際は100均だけではなく、ホームセンターやネットショップなども検討した上で購入される事をおすすめします。

さらにシールタイプや滑り止めの付いたタイルマットは、長期間フローリングに張り付けておくとフローリングに接着の跡が残りやすく、そのような状況が気になる方にはあまりおすすめ出来ませんので注意してくださいね。

フローリング全体をカバー出来るワックスとは?

ワックスは床全体をカバー出来るが一人でワックス掛けを行うのは大変

犬や猫がフローリングで滑らない様に作られた、専用の床ワックスはフローリング全体を隅々までカバーする事が出来ますので、フローリングで滑る事で引き起こされるヘルニアや脱臼などの怪我を十分に防ぐ事が出来ます。

その為、カーペットなどをわざわざ引いておく必要がないので、カーペットの洗濯や天日干しなどの手間が必要なく、掃除は今までと変わらないので掃除をする身としては、とても便利な方法となります。

また、ワックスのメンテナンスは種類によって、半年に一回や、数年に一回などの長期間毎になりますので比較的メンテナンスは簡単です。

ただし一人でワックスを掛ける際は、家の広さによって重労働になる可能性もありますので、複数人でワックス掛けを行う事をおすすめします。

さらにワックスの場合は、業者を呼ぶことも自身で行う事もできますので、自身のスケジュールに合わせて選択すると良いですね。

ただしフローリングにワックスを掛ける際、ワックスの匂いが強い為、犬がワックスの匂いでストレスを引き起こす可能性や、舐めて中毒を引き起こす可能性もありますので、ワックスを掛ける時は、犬を1日以上家から非難させておく必要があります。

また、賃貸の方は事前に管理会社に連絡をして、床にワックスをかけても良いのかを聞いておきましょう。

ワックスの選び方ですが、基本的に犬専用などの滑り止めが期待できる、艶を出すだけではないタイプを選択し、犬が中毒を引き起こさない成分で作られた商品を選ぶ様にしておくと良いですね。

不安な方は専門の業者に依頼してみるのも一つの手となります。

最後に:フローリングが犬に及ぼす危険と対策法についてまとめてみました

犬がフローリングで滑る事で引き起こされる、危ない影響はコレ!

  • 腰に負担が掛かる事でヘルニアを発症、又は悪化させる
  • 関節を痛める事で、脱臼を引き起こしたり、関節が外れる・外れ易くなる
  • 踏ん張りが効かない事で起こり得る、骨折
  • 転倒する事で起こる、全身への打撲
  • 足腰の弱い子犬や、老犬は滑る事で日常生活に歩行障害が起こる

特にフローリングが影響した怪我の多くには、ヘルニアが挙げられており、ヘルニアを患った犬は生涯に渡って歩行障害を背負わなくてはなりませんので、愛犬の犬生に負担を掛けない為にも早めの対策をしておくと良いですね。

主なフローリング対策はコレ!

  • ワックス
  • タイルマット
  • カーペット

基本的には、一部分をカバー出来るカーペットよりも、ワックスやタイルマットなどの部屋全体をカバー出来るアイテムを選択するのが一番安全な対策方法となります。

タイルマットは100均でも購入出来ますので、自身の生活環境にあった種類を選択し、床ワックスは犬に安全な素材を使用した商品を選択するようにしておきましょう。

ただし、賃貸の方は事前にワックスを掛けても良いのかを管理会社に聞いておきましょう。


またね(*‘ω‘ *)

コメント