毎日の犬ごはんに追加する保存可能な1品【和え物】

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんの犬ごはんに追加する保存可能な和え物レシピについて紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



前回、記事にした毎日同じ食材を使用している理由とプラスで犬ごはんに1品追加する?の続きとなります。



今回は犬ごはんに追加する1品レシピをご紹介しますね。



ご紹介する1品は簡単なレシピを採用していますので、初心者の方でもお手軽に調理することが可能です。

また、余った食材を無駄に傷めない為や栄養素をプラスで補うためのレシピですので、通常の犬ごはんは別で必要となります。



わんちゃんの犬ごはん『野菜の和え物レシピ』

傷む前の余った野菜を上手く加工する事で、無駄なく食材を使い切る事が可能となり、日々の栄養素を充実させて、さらに冷蔵庫の中で数日間は保存する事も可能ですので、忙しい時でもお手軽に犬ごはんの栄養素を追加することが出来ます。



野菜の和え物レシピ(材料)食材1種のみでもOK

  • キノコ類の一部(マイタケ・エリンギ・ブナシメジ・しいたけ・えのき・マッシュルームなど)
  • 果菜類の一部(さやいんげん・さやえんどう・枝豆・そらまめ・苦瓜・パプリカ・ピーマンなど)
  • 根菜類の一部(大根・ニンジン・はつかだいこんなど)
  • 葉菜類全般
  • 野菜は上記がおすすめです。下記の食材は嗜好性を上げる為に使用します。
  • ゴマ
  • 鰹節



野菜の和え物レシピ(作り方)

  1. 選択した野菜をわんちゃんが食べやすい・消化のしやすい大きさにカットします。
  2. カットした野菜を沸騰したお湯に入れ、火を通します。
  3. 野菜に火が通ったら、ザルに野菜を移して冷水で一気に野菜を冷やします。
  4. 野菜が冷えたら水気をザルでしっかりと取ります。
  5. 水気を取ったら、リードペーパに野菜を移して絞るようにもう一度水気を取り除きます。
  6. 水気が完全に取れたら、ボウルに野菜を移してゴマと鰹節を適量ふりかけ、しっかりと混ぜ合わせます。
  7. 混ぜ合わさったら、わんちゃんの1口2口程度の量をラップへ個別に分けていきます。
  8. 最後に空気をしっかり抜いてラップを閉じれば完成です。



最後に:わんちゃんの補助ごはんはお手軽に作れるのが嬉しい

今回ご紹介したように補助ごはんはとても簡単に調理する事が可能で、様々な食材で代用することも出来ますので食材が余っていれば、いつでも調理する事が出来ます。



また、通常の犬ごはんは野菜のゆで汁にも意識して調理しなければなりませんが、補助として作る分にはメインの犬ごはんがありますので、ゆで汁に流れ出た栄養素を気にしなくても十分な栄養素は期待できます。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



またね(。-`ω-)

コメント