犬の歯磨きは子供用歯ブラシを使おう!無理やり行わず、嫌がる場合にオススメな歯磨きの慣れさせ方とは?

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、犬が歯磨きを嫌がる場合にオススメな、無理やり行わない歯磨きの慣れさせ方について紹介しますね。また犬の歯磨きにオススメな歯ブラシの種類が、子供用歯ブラシの理由についても説明します。

わんちゃんの歯磨きが上手くいかない、歯ブラシを嫌がって口を開けてくれないなど、わんちゃんの歯磨きについての悩みは意外と多いように感じます。しかし、それら問題の多くは飼い主が無理やり歯磨きを行なったり、犬へ歯ブラシを慣れさせずに始めるのが、原因となっているのですね。

では一体どのようにすればよいのか?今回はわんちゃんの歯磨きを上手く行う為に必要な、事前準備と、わんちゃんの歯磨きにベストな歯ブラシを紹介します。犬の歯磨きは事前準備を行っていたかどうかで、その後のわんちゃんへの歯磨きが上手くいくか左右されますので、是非参考にしてみて下さいね。

犬の歯磨きにオススメな慣れさせ方とは?

歯磨きを嫌がる場合は犬のマズルに触れて慣れさせる

犬の口内を触っても、普段から大人しくマテが出来るわんちゃんなら、比較的簡単に歯磨きを始める事が出来ます。しかし多くの犬は、飼い主が口内に触れるのを嫌がる場合が多いですよね。ましてや、マズルすら触らせてくれないとなると、歯磨きをすること自体がかなり難しくなってきますね。

最悪、無理やりにでも犬を押さえつけて口を開かせる方法でしたら、犬が歯磨きを嫌がる場合でも無理やり歯を磨くことは出来ますよね。

しかし、そのような事を一度でも行ってしまえば、飼い主と犬の信頼関係に大きな傷が入る事となります。信頼関係に一度でもヒビが入ると、歯磨きどころか普段の生活(犬が問題行動を起こす等)にまで影響を与えてしまいますので、無理やり歯磨きを行う行為は、必ず控えておいた方が良いでしょうね。

その為、犬が嫌がる場合は歯磨きをするよりも、まずは普段から犬のマズルに触れて、人の手が怖くない事をわんちゃんに教えてあげる必要があります。

これは、いわゆる〝マズルトレーニング〝と呼ばれる方法ですね。犬にとってマズルは急所の一つですので、初めのうちは嫌がる場合が多いですが、犬との信頼関係が築けてくると次第に触らせてくれるようになります。

マズルに触れても犬が嫌がらない様になったら、以下のような行動を試していきます。

  • 犬の口を開け閉めする
  • 犬の口内に触れてみる

このように飼い主が、犬のマズルへ何かしらのアクションを起こしても、犬が嫌がらないようになるまでに、少しずつ犬を慣れさせていくと良いですね。この動作に犬が慣れてくると、お薬も簡単に飲ます事が出来ますので便利となりますよ。

私の場合はポメラニアンの〝そら〝と〝あめ〝に、毎日マズルマッサージやマズルにキスをしまくっていたので、口内どころか歯も触らせてくれるようになっていました。(*’ω’*)てへ 

子供用歯ブラシがオススメな理由とは?

子供用歯ブラシがオススメな理由はコレ!

犬の歯ブラシは、ペットショップなどで数多くの種類が販売されていますよね。動物病院でも犬の歯ブラシが販売されていたりするので、もし病院で販売されているのでしたら、先生に相談したうえで、オススメの歯ブラシを紹介してもらうと良いかと思います。

しかし私の場合は、犬用歯ブラシは使わずに、以下のようなタイプを使用しています。

  • 歯ブラシの構造が小さいタイプ
  • ブラシが柔らかいタイプ
  • 歯ブラシの先端が尖っていない丸いタイプ

これらの条件が当てはまる歯ブラシを探したところ、私は人間用の〝子供用歯ブラシ〝にたどり着きました。

特に子供が間違って歯ブラシを噛んでも大丈夫な、持ち手からブラシ部分までの全てが、シリコン製の柔らかい子供用歯ブラシは、歯磨き中に犬が歯ブラシを噛む・暴れるの動作をしても怪我をする可能性がかなり低いのでオススメします

では、何故犬用の歯ブラシを使用しないのか?その理由としては、以下のようなことが挙げられるからですね。

  • わんちゃん用の歯ブラシは
    • 全体的にブラシが硬い
    • ブラシの先が尖ったタイプが多い
    • 歯ブラシの持ち手が扱いにくい

このような事から、『犬の口内を傷つける可能性が高いな』と、感じたので私は使っていません。

私が考える、犬の歯ブラシ選びのポイントは、以下の通りになります。

  • ブラシの柔らかさ
  • ブラシの先が丸いタイプ
  • ブラシ部全体が小さい
  • 持ち手の動かしやすさ
  • 持ち手からブラシ部までの、柄の素材がシリコンなどの比較的、柔らかい素材

これら条件が犬の歯磨きをする上で、一番安全な歯ブラシの選び方だと私は感じています。

犬が歯ブラシを嫌がる場合の慣れさせ方とは?

歯ブラシの慣れさせ方はコレ!

犬のマズルに触れたり、お口を開け閉め出来るようになったら、今度は歯ブラシに慣れてもらう必要があります。ここで歯ブラシに慣れてもらうと言うのは、犬が歯ブラシを怖がらずに咥えてくれるかどうかですね。

元々おもちゃ遊びが大好きな犬でしたら、歯ブラシを渡した瞬間に高い確率で、犬は歯ブラシで遊び始めますので、そういったタイプのわんちゃんなら歯ブラシに慣れさせる必要はありませんね。しかし、元々おもちゃで遊ぶことのない性格のわんちゃんは、歯ブラシを最初は怖がるかも知れません。

我が家の場合、ポメラニアンの〝あめ〝はおもちゃ大好きっ子なので問題は無かったのですが、ポメラニアンの〝そら〝はおもちゃで遊ばない性格の子なので、やはり最初は歯ブラシを怖がっていましたね。

しかし歯磨きをするには、当然歯ブラシを使いますので、わんちゃんには歯ブラシに慣れてもらう必要性があります。では、歯ブラシを怖がる犬にどう対処すれば良いのか?私が行った方法は、歯ブラシに『匂い』を付ける事でしたね。

例えば、肉を焼いた後の脂は嗜好性の高い『匂い』となりますので、人肌温度にまで脂が冷めたのを確認してから、歯ブラシの先端に肉の脂を軽く染み込ませてみて下さい。その後、わんちゃんに匂い付きの歯ブラシを渡してみると、犬は喜んで歯ブラシをカミカミしてくれるようになります。

この他にも、ヨーグルトやはちみつなどを、歯ブラシに付けてみるのも良いですね。このように犬が歯ブラシを噛み噛みしてくれたら、『歯磨きの事前準備が完了した』と、考えて頂いて良いかと思いますね。

最後に:犬の子供用歯ブラシや歯磨きの慣れさせ方についてまとめてみました

子供用歯ブラシが犬の歯磨きにオススメな理由はコレ!

  • ブラシの柔らかさ
  • ブラシの先が丸いタイプ
  • ブラシ部全体が小さい
  • 持ち手の動かしやすさ
  • 持ち手からブラシ部までの、柄の素材がシリコンなどの比較的、柔らかい素材

犬の口内はとても狭く歯も小さいので、出来る限り犬の口内の大きさに合った、歯ブラシを選択するのが良いですね。私のオススメとしては〝幼児用〝を選択してみるのが良いかと思います。

無理やり行わない、歯磨きへの慣れさせ方はコレ!

  • 1)犬のマズルに触れる事から始める。
  • 2)犬のお口を開けたり、口内に触れても嫌がらないようになるまで、わんちゃんとコミュニケーションを取る。
  • 3)歯ブラシを犬に渡して、おもちゃだと認識させる。
  • 4)歯ブラシを嫌がる場合は、ヨーグルトなどを歯ブラシに付けて、わんちゃんに渡してみる

わんちゃんが歯ブラシを最終的に『おもちゃ』と、認識してくれるのが一番良いですね。

知ってたかな? どの写真も歯ブラシが逆な事に・・・(´・ω・)それじゃ磨けないよ


またね(*‘ω‘ *)

コメント