わんちゃんのサイズに合わせた〝ごはん台〟を用意しよう

こんにちわん壁|ω・`)ノ ヤァ

この記事では、わんちゃんにごはん台を必要とする理由と私がおすすめするごはん台を紹介します。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



わんちゃんのごはん皿には様々な種類があり、そのほとんどが床に直接置くタイプとなります。

床に直接置くタイプのごはん皿には、キャラクターデザインやデザイン性の高い物など、見た目を重視したタイプがとても多く、可愛さ優先でごはん皿を選ぶ方も多いのではないのでしょうか?



しかし、床に直接置くタイプのごはん皿にはメリットよりもデメリットの方が多く、後々の事を考えると床に直接置くタイプのごはん皿はあまりおすすめは出来ません。

その理由とは?また、一体どうすれば良いのか?

今回はわんちゃんの食事姿勢における、ごはん台の必要性をお話します。



わんちゃんの床に直接置くタイプのごはん皿の危険性

床に直接置くタイプのごはん皿は、わんちゃんが食事をする際やお水を飲む際にどうしても、前かがみになってしまいますので気管に食事を詰まらせたり、咳き込んだりしてしまいます。



老犬などの飲み込む力の弱い子や食事を一気に飲み込もうとするわんちゃんは、常に食事を喉に詰まらせる危険性が付き纏いますので、早めに食事台を取り入れるべきだと私は考えます。



また、前かがみの飲食は足腰や首・背中の関節にも負担を掛けますので、ヘルニアを患っているわんちゃんや足腰の弱っている老犬は特に注意しなくてはなりません。



特に大型犬は小型犬よりも背が高いので足腰・首・背中への負担は小型犬の比ではありません。

さらにごはん皿を直接床に置くのは埃や抜け毛・虫などが混入する可能性もありますので、衛生面的にもあまりよろしくはありません。

そこで私がおすすめしたいのはわんちゃんの背丈に合わせたごはん台です。



わんちゃんのごはん台とは?

ごはん台はその名の通り、ごはん皿を置く為の台の事でわんちゃんの足腰・首・背中の負担や前かがみで起きる、気管への詰まりや咳き込みを防ぐことが出来ます。



またわんちゃんが年老いて老犬になると、ごはん台は必要となりますので遅かれ早かれ、ごはん台を持っておいて損はありません。



ごはん台の種類には高さが固定されているタイプや高さ調節が可能なタイプ、わんちゃんが食事を食べやすいごはん皿を傾けて設置できるタイプなど、自身のわんちゃんに合わせて選択する事が出来ます。



わんちゃんのごはん台『ドギーマン ウッディーダイニング』


ドギーマン ペット用食器台 ウッディー 木製 ダイニング 【Mサイズ】

こちらの商品は、そら達も使用したことがあるドギーマンのごはん台です。

ドギーマンのウッディーダイニングは高さを3段階に変更することが可能で、組み立ても楽に行えますので女性の方でも簡単に組み立て・高さ変更が可能です。



また、ドギーマンのウッディーダイニングは小型犬には丁度良い高さのサイズで、体の小さなチワワや平均サイズよりも大きなポメラニアンにはぴったりでした。

付属で付いてくる滑り止めは性能自体はとても良く、ごはん皿が滑る事はありません。



しかし付属で付いてくる滑り止めシートをごはん台に引いたままで、直射日光の当たるところに放置していると、滑り止めシートが溶けるのか?ごはん台に変な跡が残る事がありましたので注意してください。



また、ドギーマンのウッディーダイニングは水洗いする事が出来ませんので、汚れても拭く事しか出来ません。

私は一度、ドギーマンのウッディーダイニングの台部分を取り外して丸洗いした事がありますが、ネジ穴が簡単に錆びてしまいましたので、丸洗いをするのでしたらドギーマンの丸洗い可能なタイプを選択する事をおすすめします。


ドギーマン 洗える 外せる ドッグダイニング Mサイズ

パッと見で良いなと感じたわんちゃんのごはん台を載せときますね


【LeRight】 ペットボウル フードボウル フードスタンド 餌入れ 食器 ステンレス 犬 猫 ペット 竹製 取り外し可能




ワンテーブル 犬用 猫犬用食器台 ペット用品 食器 フードボウル 小・中型犬用テーブル ショコラブラウン




ラディカ 犬 猫 食器台 ダブルフードボウル&ウッドテーブル F オフホワイト(7)



最後に:わんちゃんのごはん台は、まずはドギーマンのごはん台から始めるのが良き

ドギーマンのごはん台は価格も安く、性能面も十分ですので超小型犬~小型犬に関しては、ごはん台を試す意味でもドギーマンのごはん台を選択するのが良いのではと感じます。



中型犬~超大型犬のサイズになってくるとごはん台のサイズ上、どうしても可愛さと言う部分では諦めるしかないのかも知れません。

しかしわんちゃんの健康を思うのであれば、可愛さよりも性能面を重視してごはん台を選択するべきかと思います。



もし、日曜大工が得意であれば自身の手で、わんちゃんのごはん台を手づくりしてみるのも良いのかも知れませんね。



下のボタンをクリックすると、私が執筆した記事へ飛ぶ事が出来ます。



(`・ω・´)またね!

コメント

error:Content is protected !!