【愛犬と季節の変わり目について】春の時期に愛犬へ注意したい散歩と春の危険性とは?【時間帯・熱中症・花粉アレルギー】

愛犬が快適に過ごす為の季節対策

こんにちわん( ´∀`)<ヤァ!

春頃の散歩はポカポカとした暖かい気候で、愛犬と散歩するにはベストな季節となりますが、春は冬から夏へ移行する季節の変わり目である為にいくつか注意しておきたい事があります。

春の季節で注意する点としては、主に以下の3つです。

  • 外気温の変化による気候・寒暖差から考える散歩の時間帯〝
  • 〝春頃から始まる花粉アレルギー〝
  • 〝移り変わる気候と換毛期の有無による熱中症〝

今回はこの3つについて詳しく解説していきますので是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

【愛犬と季節の変わり目について】春の時期に愛犬へ注意したい散歩と春の危険性とは?【時間帯・熱中症・花粉アレルギー】

季節の変わり目となる春の気候・寒暖差から考える愛犬の散歩時間とは?

愛犬の春の散歩は冬から夏へ変化する季節の変わり目に注意を向けよう

春の季節は一般的に3月〜5月の期間を指しますが、3月は全国的に外気温がまだ低く、地域によっては積雪が残っている所も多く存在します。

また4月は暖かい陽気な気候となりますが、5月頃になると外気温が大幅に高まり、地域によっては人間ですら『薄着で十分!』と感じてしまう事もあります。

このように春の季節は始まりと終わりで、外気温が大幅に異なりますので、愛犬と散歩する際は犬が寒い・暑いと感じない時間帯に出掛ける必要があります。

また3月は冬と同じで外気温が低い事もあり、室内と室外に大きな温度差が生まれている事が多いに予想されます。

犬は寒暖差が7℃以上開いてしまうと、

  • 消化器官の不調(下痢・嘔吐)
  • 元気がない
  • 食欲不振
  • 散歩に行きたがらない

などの体調不良を起こしやすく、

散歩等で〝暖かい室内から寒い室外へ出る〝と、寒さで心臓や血管が凝縮し〝ヒートショック〝を起こしてしまう為、身体や心臓に大きな負担を掛ける原因となってしまいます。

特に心臓の活動が低下し始めた老犬や、心疾患等を患っている子は心臓の状態を悪化(弱体化)させてしまいますので注意が必要です。

この他にも春頃は秋と同じ季節の変わり目で昼と夜で温度差が変化したり、日によって寒暖差が異なる為、気圧が波打って変化しやすく、犬が体調不良を引き起こしやすい季節でもあります。

人間で言う気象病の様なものですね。

  • 気象病による体調不良には以下の様な症状が現れます。
    • 下痢
    • 嘔吐
    • 食欲の低下
    • 元気がない(無気力)
    • 動きたがらない・散歩に行きたがらない
    • てんかん発作
    • ヘルニア等の関節系疾患の悪化

その為、〝てんかん〝やヘルニア等の関節性疾患を患っている子は症状や痛みが悪化する前に、事前に掛かり付けの動物病院にて診察を受け、

服用薬を多めに頂く、気圧が変化した際の対処について獣医師から指示を仰いでおくのが良いですね。

では、これらを踏まえた上で愛犬にとって快適となる散歩時間は何時頃なのでしょうか?

季節の変わり目となる春の愛犬の散歩におすすめの散歩時間と考え方はコレ!

季節の変わり目となる、春頃の期間(3月〜5月)に合わせた散歩時間は以下の通りです。

※ただし地域よって気温等が異なりますので、目安として考えておいて下さい。

  • 3月は愛犬が寒いと感じない、暖かい時間帯を選択
    • 朝10時以降の外気温が暖まってきた時間帯から、夕方までの1日の中で比較的、暖かい時間帯に出掛ける
    • 1日2回の散歩であれば、例として
      • 朝10時頃〜昼12時頃に1回目の散歩
      • 夕方16時頃〜18時頃に2回目の散歩を行う
  • 4月は3月と5月の中間である為、その日の気候・気温に合わせて時間帯を選択
  • 5月は愛犬が暑いと感じない、涼しい時間帯を選択
    • 朝6時頃〜朝10時前後
    • 夕方18時頃〜21時前後

また、この他に春頃は昼と夜で温度差が大きく変化したり、日によって寒暖差・気圧等が異なります。

ですので基本的には毎朝、その日の気象情報をニュース等で調べたのち、愛犬に快適となる散歩時間が『何時頃なのか?』を随時調べておくのが一番良いですね。

『春の散歩において注意しておきたい事の一つとして』

気圧変化で愛犬が体調不良やてんかん発作、関節痛を起こしているようでしたら、無理に散歩へは行かず、

気圧以外のストレスを与えない様、室内でゆっくりと過ごさせておくことをおすすめします

そして症状が安定し、愛犬が退屈そうにしているのであれば、

室内で出来る遊びを試してみたり

短い距離の抱っこ散歩(ベビーカー・スリングバッグがおすすめ)を行ってみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

春頃から始まる愛犬の花粉アレルギーの注意点と散歩方法は?

春の時期に愛犬がくしゃみや身体を痒いと感じている場合は対策が必要となる

季節の変わり目である春の季節は植物が活性化し始める時期であり、花粉が多く飛び交う様になる季節でもあります。

この時期から花粉アレルギーを患っている犬は、くしゃみを頻繁に引き起こしたり、身体を痒いと感じ必要以上に皮膚を掻く・噛む・舐めるなどと言った行動を起こす様になります。

犬は人間と異なり、皮膚に花粉が吸着するだけでも赤い湿疹等のアレルギー性皮膚炎を発症してしまいますので、

花粉アレルギーを患っている愛犬は散歩等で外出する際に花粉対策を必ず施しておく必要があります。

花粉対策や症状・注意点については、以下のリンクにて詳しく解説していますので、是非参考にしてみて下さい。

花粉症の愛犬は花粉が飛び交っていない時間帯に散歩へ出かけるのがおすすめ!

花粉アレルギーを患っている愛犬は、症状を悪化させない為にも花粉が1日の中で比較的、飛び交っていない時間帯を選択し散歩へ出掛ける事が1番の対策となります。

季節の変わり目となる春の時期は、基本的に花粉が多く飛び交う時間帯を昼の12時頃〜夕方の18時頃と言われていますが、

地域的特徴や原因となる植物によって、花粉が多く飛来する時間帯がそれぞれで異なってきますので注意が必要です。

その為、愛犬が花粉症アレルギーを患っているのであれば、気象情報等の〝花粉飛来予想情報〝を参考に花粉の飛来が少ない瞬間を狙って散歩を行うのが良いですね。

また、花粉が比較的飛びかわない雨天時は、花粉症の愛犬にとって最高の瞬間となりますので、大雨でない限りは少し長めの散歩へ連れ出してあげましょう。

春の移り変わる気候と換毛期の有無による熱中症と散歩の注意点とは?

春だからと侮ってはいけない!ダブルコートの犬種は春でも熱中症を患う!

春頃の4月〜5月は比較的、暖かい気候となりますので、少し長めの散歩やお出かけに連れ出してしまいがちですよね。

しかし、ダブルコートの犬種は春から夏頃まで〝換毛期〝と呼ばれる、暖かい冬毛から涼しい夏毛へ移り変わる時期となりますので、

換毛期の遅い子は春終盤になっても、まだ冬毛の状態である場合が十分に考えられます。

冬毛は冬の寒い季節に特化した被毛である為に、体温を外部へ逃さない保温性が高く、保温性が高い故に熱が体内へ篭りやすい特徴があります。

そして体温が上昇・篭りやすい冬毛は、寒い気候を凌ぐ為の手段ですので、寒さと反する春の暖かい気候に対して、冬毛は枷となり体温が急激に上昇してしまう恐れが十分に考えられます。

その為、外気温が暖かくなってきた季節の変わり目となる、4月から5月頃のポカポカとした気候は、換毛期を迎えていないダブルコートの犬にとって

夏のような暑い時期となってしまい、体温が上昇しやすい特徴から熱中症を患ってしまう危険がありますので注意しておかなくてはなりません。

換毛期を終えていない子におすすめの春の散歩時間と対策はコレ!

上記の事から、注意点として換毛期を終えていないダブルコートの犬種は、出来る限り4月〜5月の暖かい日中の時間帯での散歩は避け、

涼しい朝方や日の沈んだ夕方以降に散歩へ出掛けるのが、熱中症のリスクが無く安全に散歩を行う方法となります。

そして季節の変わり目となる春から、換毛期の最終時期となる夏までの間に、比較的早く冬毛→夏毛への換毛を終わらせる為には、

愛犬へ気候の変化(季節の変わり目)を身体に感じさせ、体内時計をリセットさせてあげるのがスムーズに換毛を終わらせる手段とされています。

その為、室内に愛犬を閉じ込めずしっかりと散歩へ連れて行き、室内にいる時は少しでも換気を行い、外気を室内へ取り入れるよう心がけておくと良いですね。

また朝日を浴びて日光浴を行う事(自律神経の調整)と、外気温を大幅に超える室温(暑い・寒い)へ設定しない事もスムーズな換毛を行う為に重要とされています。

スポンサーリンク

最後に:愛犬の季節の変わり目における春に注意したい散歩の危険性についてまとめてみました【時間帯・熱中症・花粉アレルギー】

春の愛犬との散歩で注意しておきたい内容はコレ!

  • 〝外気温の変化による気候・寒暖差から考える散歩の時間帯〝
  • 〝春頃から始まる花粉アレルギー〝
  • 〝移り変わる気候と換毛期の有無による熱中症〝

季節の変わり目となる春は、3月〜5月の期間で平均気温が大幅に変わり、昼と夜で温度差が変化したり、日によって寒暖差が異なる為、

愛犬が快適と感じる散歩の時間帯を毎日調べてあげる必要があります。

この他にも散歩の時間帯は気温だけでは無く、花粉アレルギーの有無や換毛期を迎えたか否かでも、個々によって快適と感じる時間帯が違うので、

愛犬に適した散歩時間が『何時ごろなのか?』を飼い主さんはしっかりと見定めてあげましょう。

また春は気圧が波打って変化しやすいので、愛犬が体調不良を起こさない様、十分に愛犬の様子を観察しておくと良いですね。


またね( ´∀`)

コメント

error:Content is protected !!