愛犬の手作りおやつ【柔らかい低カロリーゼリー】を作ろう!簡単でおすすめのレシピはコレ!

愛犬へ捧げる手作りご飯のレシピ

こんにちわん(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

今回は老犬などの噛む力の弱い子、又は歯の無い子でも簡単に咀嚼や、飲み込む事の出来る〝柔らかいゼリー〝の作り方を紹介しますね。

また低カロリーなおやつとなりますので、カロリー制限のある愛犬にもおすすめのレシピとなります。

では、今日紹介するレシピ名はなにか?

それは『豆乳ゼリー』です。

では、調理するに当たって必要な材料と、そのレシピについて見ていきましょう!

スポンサーリンク

愛犬の手作りおやつ【柔らかい低カロリーゼリー】を作ろう!

豆乳ゼリーに必要な材料はコレ!

豆乳ゼリーに必要な材料は以下の通りで、2種類の材料を用意すればOK!

  • 固めのゼリーを作る場合
    • 豆乳【200ml】
    • ゼラチン【5g】
  • 柔らかいゼリーを作る場合
    • 豆乳【320ml】
    • ゼラチン【5g】

今回はゼラチンで作っていますが、寒天でも同じように調理する事が可能です。

※ただし、豆乳と寒天の割合が多少異なる可能性があります。

ゼラチンと寒天の違いについて

  • ゼラチン
    • 主に豚のコラーゲンを精製したもの
    • 固めた後でも加熱する事で簡単に溶ける
    • 動物性のコラーゲン
  • 寒天
    • 主にテングサと呼ばれる海藻から作られたもの
    • 一度固めると、なかなか溶けない
    • 植物性の食物繊維

タンパク質の一種であるゼラチンは、アレルギー反応を示す場合もありますので、アレルギー持ちの子は、寒天を選択するのが良いかもしれません。

ただし寒天はゼラチンに比べて、出来上がりが硬くなってしまいますので、アレルギー持ちで無いのであれば、老犬や噛む力の弱い子にはゼラチンで作ってあげると良いですよ。

豆乳ゼリーの簡単でおすすめのレシピはコレ!

愛犬へ捧げる、豆乳ゼリーの作り方レシピは以下の通り。

  1. 小鍋に豆乳を入れ、80℃以上にまで加熱する
  2. 火を止めて、ゼラチンを混ぜ入れる
  3. ゼラチンと豆乳が混ざりきったら、型へ流し込む
  4. 常温で粗熱を取り、冷蔵庫へ移す
  5. 豆乳が冷えて固まれば完成
スポンサーリンク

以下では写真付きで詳しく解説していますので、是非参考にしてみて下さい。

写真を見ながら手作りおやつを作ってみよう!

1.小鍋に豆乳を入れ、80℃以上にまで加熱する

これはゼラチンを溶かす為に必要な加熱で、温度計が無ければ、沸騰するまで豆乳を加熱しても大丈夫です。

2.火を止めて、ゼラチンを混ぜ入れる

豆乳を手早く混ぜながら、ゼラチンを少しずつ溶かし入れると綺麗に混ざります

3.ゼラチンと豆乳が混ざりきったら、型へ流し込む

鍋から直接、型へ流し入れてしまうと豆乳が溢れてしまう恐れがありますので、一度計量カップなどの注ぎ易い容器へ移すか、ジョウロを使って流し入れることをおすすめします。

私の場合は計量カップへ豆乳を移したのち、箸で道を作りながら型へ流し込みました。

またシリコン系の薄い型は、持ち運ぶ際にグニャグニャと曲がってしまい、豆乳を流し入れた後に冷蔵庫へ移動させる事が難しくなります。

その為、シリコンの下にステンレスなどの硬いバット等をかましておくことをおすすめします。

4.常温で粗熱を取り、冷蔵庫へ移す

注意点として、豆乳が固まる、もしくは熱が冷めるまではラップを掛けないで下さい。

熱いうちにラップをかけてしまうと、蒸気がラップに溜まり、それが水滴となる事で、豆乳に水が入り上手く固まらない可能性がある為です。

5.豆乳が冷えて固まれば完成

型からゼリーを取り出す際は、型の周りを熱湯などで温めると、簡単に取り出す事ができますよ!

ただし、柔らかめに作った場合は崩れてしまう可能性があります。

コレは豆乳みかんゼリーを作ったときの写真
スポンサーリンク

最後に:愛犬の手作りおやつ〝豆乳ゼリー〝にフルーツを入れてもOK!

今回、紹介した豆乳ゼリーにお好みのフルーツを入れて、色鮮やかなゼリーに仕上げることも出来ますよ。

※犬が食べれるフルーツである事と、1日に少量しか与えられない、といった注意点はあります。これはアレルギーの有無や、心臓病などでフルーツに含まれるカリウム摂取量に制限等がある為です。

以下の写真は、みかん(薄皮も取り除いてある)を使った〝豆乳みかんゼリー〝です。

フルーツを入れるだけで、見栄えがグッと美しくなりますので、是非お試しください。

また、フルーツを入れるタイミングは『型へ豆乳を流し込む瞬間』となります。


またね(`・ω・´)

コメント

error:Content is protected !!