犬が冬の寒い中で寝る時の暖かいケージ対策はコレ!寝る時に洋服を着用させない理由とは?

こんにちわん(●´ω`●)

気温の低い冬の季節、愛犬が寝る時の室内環境において、ケージの寒さ対策はお済みでしょうか?また、寒さ対策として寝るときに愛犬へ洋服を着せてはいませんか?今回は冬の季節に施しておきたい、愛犬のケージ・寝床の寒さ対策と就寝時の洋服の着用について紹介していきますね。

スポンサーリンク

ケージや寝床に寒さ対策が必要な理由とは?

室内犬は快適な環境に慣れ過ぎている為!

犬には被毛があり、体温が人間よりも高い事から、寒さ対策なんて『必要無い!』と思う方もいるかと思います。しかし室内で生活している犬は、その暖かい環境に身体慣れてしまっている事から、寒さに対する耐性が外飼いの犬、又は犬種的特徴(この温度までは耐えられますよ、といった目安)よりも劣っている可能性が十分に考えられます。

そして愛犬と暮らしているご家庭では、犬の適温に沿った室内温度(人が肌寒いと感じる温度)に設定している為、室内は比較的、寒い気温になっている事が多いかと思います。

愛犬に適した冬の室内温度とその温度に設定する理由は以下のリンクにて、詳しく解説していますので、是非参考にして見てください。

低い室内気温は、犬が生活する上で健康的な温度設定となりますが、寝る時はケージや、寝床に対して寒さ対策を施しておく必要があります。

寒さ対策を施す理由としては、犬は床に近い位置で生活をしており、空気の特徴として、〝暖かい空気は上へ〝、〝冷たい空気は下へ〝と別れるので、床に近い位置で生活している犬は高さのある人間以上に寒い環境を味わっているからとなります。

そして、これは犬が活動する日中などであれば、空気を循環させるだけで解決する事が可能となります。しかし、就寝時の活動を行わない時間帯は、犬の体温が就寝と共に徐々に下がっていき、身体が冷え切ってしまう可能性があり、犬がストレスや低体温症を患う場合が考えられます。

その為、冬の季節は愛犬のケージや寝床に対して、防寒対策をしっかりと施してあげる必要がありますね。

簡単な考え方として、私達は多少の寒さで有ればなんら問題なく、日中・夜間共に活動を行えますが、就寝時に関しては布団や毛布を被って、暖かい状態で気持ち良く寝たいと感じますよね。

これは犬も同じ事である、と考えて頂ければ良いかなと。

寝るときにエアコンなどで室内温度を上げれば良いのでは?と感じる方も居るかと思います。しかし、室内温度を上げてしまうと室内全体が温まってしまい、犬が『暑い!』と感じた際に涼しめる場所を見つける事が出来なくなってしまうのです。

そして、温度設定があまりにも高かった場合は、犬が熱中症に陥ってしまう事も十分にあり得ます。ですので、犬が自身で体温調節が可能な〝室内は涼しく〝、〝ケージや寝床は暖かい〝といった、二通りの温度感を選択できる環境作りが大切になるのですね。

では、愛犬が寝る時に気持ち良く熟睡出来る、暖かいケージ・寝床対策とは一体どの様なものなのかを一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

冬の時期におすすめな暖かいケージ対策とは?

一番は保温性を考慮してあげる!

愛犬の寝床、ケージに対して保温性を重要視する理由は、ヒーターやストーブで直接温めてしまうと、暑過ぎる又は、乾燥が原因で皮膚炎や気管支炎などの病気になり易く、火傷の原因になりかねないからですね。

また、就寝時のストーブなどの活用は火事の元となり、愛犬がコンセントケーブルを噛み感電や、ケーブルに足が絡み怪我をする可能性が考えられるからです。

これらの事から、寝る時の愛犬の寒さ対策には、安全性を重要視した保温性の高いアイテムを活用した暖かいケージ作りが一番大切となります。

では、保温性の高い暖かいケージ・寝床作りにはどの様なアイテムを使用すれば良いのでしょうか?

  • アルミシートや段ボールなどの断熱材
  • 毛布
  • 犬用の冬専用ベッド
  • 犬用の穴蔵ハウス
  • 湯たんぽ
  • ペット用ホットマット

では、これらアイテムの活用法を見ていきましょう。

アルミシートや段ボールなどの断熱材

アルミシートや段ボールなどは断熱材としての効果が高く、これらはケージや寝床の下部に引き詰めて使用します。その理由としてはフローリングなどの材質の床は、体温を奪う大きな原因の一つであり、ケージの底部分を間に挟んだとしても体温を奪われる事に変わりがないからです。

その為、少しでも愛犬の就寝時に体温を奪われないよう、断熱材を床部に引いてあげるのです。そして、下に断熱材を引く事でケージ内の温度が多少なりとも上がりますので、保温性を上げる意味でも重要な役割を果たしてくれます。

毛布

毛布はケージ内に入れておく事で、愛犬の体温を温めてあげる事が出来ますが、その他に毛布をケージに被せてしまう方法があります。これは、ケージ周りに毛布を被せてしまう事で、ケージ内の温度を高め、暖かい空気を逃がさない為に行います。

これはケージ内の保温性を高める上で、最も大切な手段の一つで、上記で紹介した床下に引く断熱材と合わせて使用する事で、保温性の効果をさらに高めてあげる事が可能となります。

犬用の冬専用ベッド

冬の季節に販売される、犬のベッドは商品にもよりますが基本的に暖かさを重視した種類がほとんどで、愛犬の体温を高めてあげるのに丁度良いアイテムとなります。

ただし商品・メーカーによっては、値段こそ高価なものの、保温性や材質、ふかふか感などが一切感じられ無い、デザイン性を重要視した種類やちゃっちい商品が平然と販売されている事もあります。

その為、購入する際は『愛犬が暖かいと感じてくれるのか?』『寝やすい大きさであるのか?』『寝心地は良さそうであるのか?』など、犬の気持ちになって冷静に考えてから購入する事をおすすめします。

ここ最近は犬用品で有れば、『品質が悪くても高値で購入してくれる』と考える業者・メーカーが存在しますので、飼い主は騙されない様に気を付けましょう。

ちなみに私個人としては、素材や作りが悪くても、犬用品ってだけで商品価格が馬鹿高い現状を『私達飼い主は騙されてるのでは?』と感じる様になり、人間用をベースに製作された商品を愛犬へ与える様にしています。

特に素材関係の安全面では、ベビー用品や肌が弱い方向けの商品を購入する方が、犬にとっても安全(ベビー用品は犬が口に含んでも中毒になりにくい種類が多い)である事が多いですね。

犬用の穴蔵ハウス

犬用の穴蔵ハウスは商品の大きさにもよりますが、周りを囲まれている事から保温性が高く、暖かい状態を保つ事が出来ますので、寒い冬の季節にはぴったりのアイテムとなります。

また、個々の性格によっても異なりますが、多くの犬は狭く暗い場所を好む性質がありますので、穴蔵ハウスの活用は精神的に安心できる場所となり、おすすめです。

湯たんぽ

湯たんぽは犬用、人間用、材質などから直接的な暖かさが大きく異なってくるので、物によってはタオルを巻いて使用する必要があります。湯たんぽはじんわりとした暖かさが特徴で、寒い冬の季節は人間だけではなく、犬にとっても快適に寝る事が出来るアイテムとなります。

特に寒波などのとてつもなく寒い日は、湯たんぽなどの直接的な暖かいアイテムが無いと快適に就寝出来ない事もありますので、一つは持っておいても損はないかと思います。

ただし、湯たんぽを選択する際は火傷の危険がある金属製は選ばずに、陶器やゴム・プラスチック製のタイプを選び、サイズは小型の物を用意しましょう。湯たんぽのサイズが大き過ぎると、ケージ内で愛犬が就寝する時に邪魔となりますので、ケージの大きさと愛犬のサイズを考慮した上で購入する事をおすすめします。

犬用ホットマット

犬用のホットマットは湯たんぽと同じく、寒波などの寒い気候の際に使用する事をおすすめしますが、使用する際は感電防止のためにもコンセントケーブルに甘噛み防止のカバーが付いているのか?を確認しておく必要があります。

そして、コンセント部とケージは必ず離した上で使用し、愛犬の体温が上がり過ぎない様、ホットマットと愛犬の間に毛布を必ず噛ませる様にしておくと良いですね。

また犬自身で体温調節が出来るように、ケージ内一杯にホットマットが敷かれる事がない様、ホットマット半分、毛布単体が半分と言った状態を作ってあげて下さい。

スポンサーリンク

冬のケージ対策においての注意点

冬の寒さに対するケージ作りにおいて、何点か注意しておきたい事があります。

  1. エアコン前にケージを設置しない
    1. エアコンの風が直接当たるケージの位置は、犬が気管支炎などの乾燥が関係する病気・疾患等に掛かる恐れがあります。
    2. エアコンの温度によっては、犬が暑がる可能性があり、ケージ内に身体を冷やせる逃げ場が無いと、熱中症に陥る可能性が非常に高くなっています。
  2. 隙間風の当たる場所にケージを設置しない
    1. ドアの隙間から流れ出る隙間風は、地面に近い位置で生活する犬にとって驚異的な寒さの元となります。
  3. ケージ内に必ず身体を冷やせる場所を作っておく
    1. ケージ内を暖かいグッズで埋め尽くしてしまうと、犬が暑いと感じた際に身体の体温を下げる術がなく、熱中症のような症状に陥る危険性があります
    2. その為、身体を冷やす事が可能なケージ半分又は、愛犬が横になれる程度のスペースは必ず確保しておきましょう。
    3. 体温を下げる為のスペースは、毛布などを敷いておけば、暑いと感じた時に犬自身で毛布を退けてしまうので、何も敷かないor犬が動かす事の出来るサイズ・重量の毛布を敷いておくと良いですね。

また、エアコンを稼働させているのにも関わらず、『あまりにも室内が寒いな』と感じた際は、サーキュレーター等を天井に向けて使用し、室内の空気を循環させると部屋が暖まる事もありますよ。

では、次に愛犬が寝るときに洋服を着用させても良いのか?について解説していきますね。

寝るときに愛犬へ洋服を着用させても良いのか?

洋服を長時間着用する危険性を理解しておこう

初めに話しておくと、寝るときの洋服の着用は怪我防止の為にも控えておいた方が良いです。その理由は以下の通りです。

  • 寝るときの着用は、長時間に渡って洋服を着続ける事になります。
  • 犬にとって洋服の長時間の着用は、
    • 被毛が洋服と擦れ、被毛が痛む原因となる
    • 毛玉の原因
    • 洋服が擦れるであろう、脇などの肌部分に傷や炎症を負う可能性が高い
    • 通気性の悪さから湿気が洋服内に溜まり、皮膚炎を起こす、又は悪化させる原因となる
    • 洋服が中途半端に脱げてしまい(片足が脱げるなど)、身体を締め付けてしまう(血管の圧迫)又は、骨折などの怪我の原因となる
    • 体温が暑く感じても、洋服のせいで体温調整が上手く行えない可能性
      • 熱中症の危険

この様な危険性が考えられる以上、寝るときに愛犬へ洋服を着せるのはデメリットが大きい様に感じます。その為、寝床となるケージ等をしっかりと寒さ対策してあげるのが、犬の為になるのではないのでしょうか?

もし、何かしらの事情で洋服を着用しなくてはならない(床擦れなど)場合は、通気性が高く、肌に優しい介護用の洋服を準備してあげるのが良いかと思います。

スポンサーリンク

最後に:愛犬が寝るときの寒さ対策と洋服を着ての就寝についてまとめてみました。

冬の愛犬が寝る時の暖かいケージ対策はコレ!

  • アルミシートや段ボールなどの断熱材を床下に敷く
  • 毛布を中に入れる・ケージに被せる
  • 犬用の冬専用ベッドを中に入れる
  • 犬用の穴蔵ハウスを中に入れる
  • 湯たんぽをタオルで包んで、中に入れる
  • ペット用ホットマットをケージ半分程度にセットしてあげる

このように、ケージ内の空気を暖め、暖かい空気を外へ逃がさない工夫を施してあげるのが良いかと思います。ただし室内の温度が高い場合に、この方法を行なってしまうと愛犬が熱中症に掛かる恐れもありますので、必ず室内温度は犬にとって快適な温度(人が肌寒いと感じる温度)に設定しておきましょう。

また、寝るときに愛犬へ洋服を着用させる行為は、怪我などの事故を起こす可能性がありますので、私個人としてはおすすめ出来ません。


またね(`・ω・´)

コメント

error:Content is protected !!