犬は冬に暖房なしでも過ごせるのか?夜間の暖房温度はコレ!

こんにちわん(`・ω・´)

冬の寒い季節の中、愛犬は暖房なしの室内でも過ごす事が出来るのか?また暖房を必要とした場合、夜間の温度は一体どれくらいの温度に設定すれば良いのか?について紹介しますね。

スポンサーリンク

犬は冬の季節に暖房なしでも過ごす事が出来るのか?

暖房なしで冬の季節を乗り越えるのは愛犬に負担を掛け過ぎてしまう

一般的に〝犬が快適に過ごせる温度と湿度〝は気温18℃〜22℃の湿度40%〜60%前後と言われています。しかし、この快適だと考えられる温度と湿度は、あくまでも全体的に見た場合の数値であり、全ての犬に対し有効なものではありません。

その理由は地域的平均気温の違いや、犬種毎の特徴(被毛など)、年齢などによって犬が快適と感じる温度が変化するからですね。これらの事から、『犬は暖房なしでも冬の季節を乗り越えられるのか?』と言う質問に対しても同じような理由から絶対に『大丈夫だ!』、『無理だ!』と確実な事は言えません。

しかし冬の時期は、夜間から早朝にかけて急激に気温が下がりますので、室内で一定の温度を保っておかないと犬が寒暖差の影響でストレスを溜め込んだり、体調に悪影響を及ぼす危険性があります。

その為、基本的に暖房なしで冬の時期を乗り越えるのは、犬(老犬を含む健全な子)に対してあまりにもリスクがあり過ぎるので、私個人としてはおすすめできません。

ただし、ある条件が重なった場合は暖房なしでも冬の時期を乗り越えられる可能性があります。

  • 愛犬が比較的若い年齢層の成犬である事
  • 温暖な気候の地域である事
  • 寒い地域を原産とするダブルコートの犬種である事
  • 体力がズバ抜けて高い、大型犬〜超大型犬である事
  • 外飼いではなく、室内で生活させる事

これらの条件を合わせた場合に限り、暖房なしでも過ごせる可能性があります。ただし、寒暖差の影響で愛犬に多少なりともストレスは掛かります。

上記リストの内容を一つの例として表すなら、成犬のセント・バーナードやアラスカン・マラミュート等の寒さに強い犬種である事。そして、南の地域(中国・四国地方など)に住んでいるのであれば暖房なしでも過ごす事が出来るでしょう。

しかし、実際のところ現代の日本では小型犬(チワワやトイ・プードルなど)の犬種と暮らしている方が多い為、上記リストの条件を満たせる方はほんの一握りしかおらず、冬の暖房は多くのご家庭で必要になる事となります。

ただし心臓病などを患っている場合は、室内温度と外気温の寒暖差が心臓に対し大きな負担をかける可能性があります。

その為、ある程度の寒さに耐えられる犬種、温暖な地域に住んでいるのであれば、

  • 冬前半は暖房なし、又は外気温に近い室内温度に設定する
  • 毛布やペット専用ホットカーペットを活用して室内温度は上げない
  • 外へ出掛ける際は洋服を着せるなどして、寒暖差の影響をカバーしてあげる

などして、少しでも寒暖差による心臓への負担を軽減してあげる対策が必要となる事もあります。

そら
そら

ちなみに、昼間の暖かい時間限定であれば暖房なしでも過ごせるよね。

あめ
あめ

うん。僕達は小型犬の中でも寒さに強い部類に入るから暖房なしでも意外と快適だったりするね。

あめ
あめ

でも、1日中エアコンが稼働してるけど何でだろう?

そら
そら

それはね、エアコンのオン・オフは稼働時に電気代が多く発生するから、お父さんは1日中付けっ放しにしてるんだよ。

あめ
あめ

なるほど〜

そら
そら

まぁ、エコタイプのエアコンじゃないから電気代は高いみたいだけどね。

あめ
あめ

確かに電気代の明細書を見て項垂れてるもんね。

冬の室内温度(エアコンの設定温度)については、下記リンク先にて詳しく解説していますので、是非参考にしてみて下さいね。個々の犬が適温と感じる温度についても紹介していますので、『自身の愛犬が過ごし易い室内温度は、一体何℃なのか?』が気になる方は目を通して置く事をおすすめします。

では、次に急激な冷え込みが予想される冬の夜間の暖房温度は、『一体何℃に設定しておけば良いのか?』について見ていきましょう。

スポンサーリンク

夜間の暖房温度は何度に設定しておけば良いのか?

昼間と変わらない一定の温度を保つのが理想となる

冬の季節は夜間から早朝にかけて、急激に冷え込む為、飼い主さんは愛犬の身体を想い、夜間の時間帯になると暖房器具を駆使して室内温度を上げようとするかも知れません。しかし室内温度を上げる行為は、熱中症や空気が乾燥することで呼吸器疾患(ケンネルコフ)、皮膚の乾燥による皮膚病を発症させる危険性があります。

その為、夜間から早朝にかけて気温が下がる事となっても、基本的に暖房器具の温度を上げることはせずに一定の温度を保ちつつ、以下の様な方法で愛犬の体温を管理・暖めてあげるのが一番の理想となります。

  • 毛布を寝床や床に敷いてあげる
  • ペット専用のホットカーペットを使用する(ただし、低温火傷に注意する)
  • 湯たんぽを使用する(低温火傷を防ぐ為に周りをタオルで巻いておく)
  • 寝床となるケージ周りを毛布などで覆い、保温性を高めてあげる

この事から、冬の夜間から早朝に対する室内温度は〝昼間に暖房器具で設定している室内温度〝を変わらずに保つ事が大切となります。そして、昼間を含む冬の暖房温度は20℃前後の人が肌寒いと感じる程度をベースに考え、愛犬の年齢や犬種に合わせて調節していくのが良いですね。

この暖房の温度設定は先程紹介したリンクにて詳しく解説していますので、是非参考にしてみて下さい。

あめ
あめ

ちなみに僕達が普段生活している、お部屋の温度って何℃になってるの?

主

冬の時期は18℃〜20℃ぐらいだね。

あめ
あめ

まぁ、僕達は毛がフサフサだからね。冬でも暖房が要らないと感じる時もあるよね。

主

ただし冬前半は暖房なしで過ごす事もあるよ。

あめ
あめ

えっ?何で?

主

〝そら〝は心臓病を患っているから、出来る限り寒暖差の影響を与えない様に暖房なし又は、低い温度でエアコンを設定しているんだよ。

あめ
あめ

僕達は寒さに強いから良いけど、お父さんは寒くないの?

主

正直言って寒いよね。毎年冬の時期になると家の中でダウンジャケット着てるぐらいだしね。

主

実際、子供の事を考えたら親が寒いと思っても我慢するのは当然の事だよね。

スポンサーリンク

最後に:冬は暖房なしでも過ごせるのか?夜間の暖房温度は何℃なのか?についてまとめてみました

冬の季節は暖房なしでも過ごせるのかどうかはコレ!

  • 昼間の暖かい時間帯であれば過ごせる場合もある
  • 温暖な地域で寒さに強い犬種であれば暖房なしでも過ごせる事がある
  • 心臓病などは寒暖差の影響で心臓に負担が掛かるので、愛犬が寒いと感じない場合に限り暖房なしで過ごすのもあり
    • ただし、毛布やペット専用ホットカーペットなどで体温調整する必要はあります

夜間の暖房温度は昼間に設定している室内温度(20℃前後など)や、人が肌寒いと感じる温度を保ち続けるのが理想的となります。これは温度の上げ過ぎによる〝熱中症〝や〝ケンネルコフ〝などを防ぐ為であり又、外気温と室内温度の差を広げない意味(身体への負担の軽減)が含まれています。

犬に関する悩み(今回で言えば、冬に暖房はいるのか?、夜間の暖房温度は?)は、親であれば誰しもが様々な疑問を持っている事かと思います。そして、疑問に感じた事はネットや書籍などで調べ、いざ実践しようとしますよね。

しかし、調べる際に注意しておきたい事があります。それは〝個々の犬によって感じ方や適切な対応・処置が異なってくる〝という点です。ネットや書籍などの多くでは〝一般的(健康な犬を主とした)〝に考えた際の情報が記されている事があり、個々の犬によってはその情報が逆効果(体調を悪化させる等)になる可能性が少なからずあります。

その為、まずは自身の愛犬についてしっかりと理解(年齢・疾患・犬種など)しておき、地域的特徴なども踏まえて上で、知識を蓄え、愛犬に最適な情報を掴む・解釈するのが理想の情報収集となります。

そして、もし分からない事があれば掛かり付けの獣医師さんに質問してみましょう。


またね_(┐「ε:)_

コメント

error:Content is protected !!