犬は冬の夜のエアコンなしとつけっぱなしのどちらが良い?一人暮らしの寒さ対策はコレ!

こんにちわん(●´ω`●)

愛犬と過ごす冬の季節において、一番気温が低下する夜間への暖房対策として、『エアコンなし』で過ごすべきなのか、それとも『エアコンをつけっぱなし(稼働)』にしておくのか?について紹介していきますね。また1人暮らしの方が是非実践しておきたい、愛犬の為の寒さ対策についても詳しく解説していきますので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

冬の夜間はエアコンなしと、つけっぱなしのどちらが愛犬に良いのか?

気温の変動と低体温症に注意を向ける

冬の季節は1日を通して、寒い気温が続く事となりますが、夜間の外気温は直射日光や、地熱の影響(気温が上がる原因)を受けない為に、日中よりも気温が大きく低下しており、1日の平均気温を下回る事がほとんどですよね。

この事から1日の気温変動は、日が沈んだ時間帯から直射日光による気温上昇の恩栄を失われ、外気温の低下が始る瞬間となり、数時間後には日光によって温められた地熱が徐々に冷めていく事となります。

地熱も完全に冷え切った夜間は、冬の厳しい寒さが外を支配し始ますので、就寝時の時間帯は特に1日の中で一番寒い瞬間になるかと思います。

そして冬の時期は気温が低い事から、1日を通して愛犬の低体温症に注意を向けなくてはなりませんが、この低体温症で気を付けておきたい時間帯は先程説明した〝日の入り〜日の出〝までとなります。

この時間帯は室内に居ようが、外気温の低さから室内気温も大きく低下していきますので、エアコンなしの状態で朝を迎えるのは、愛犬の健康状態に異常(低体温症等)を与えてしまうかも知れません。

その為、基本的にはエアコンを常につけっぱなしの状態で就寝するのが、愛犬の身体には良い事となります。ただし、エアコン温度が高すぎる場合は、暑過ぎる・寒暖差の危険性などの理由から、逆に愛犬を苦しませるだけですので、エアコンの温度設定はしっかりと確認しておくと良いですね。

犬にとって健康的で、快適とされるエアコン温度は、以下のリンクにて詳しく解説していますので、ぜひ参考にして見てください。

またエアコン以外にも暖房器具の種類には様々ありますが、基本的にヒーターやストーブといった電化製品は火事の危険性が高く、愛犬が火傷などを負うリスクもありますので、使用は出来る限り控えておくのが安全かなと思います。

エアコン以外(故障した場合など)で、もし愛犬を暖めてあげたいのであればペット用ホットカーペット(低温火傷に注意が必要!!)や、寝床を保温性の良い状態にカスタムしてあげるのがおすすめです。

寝床のカスタム方法については、以下のリンクを参考にして見てくださいね。

主

基本的にはエアコンのつけっぱなしがおすすめかな。

あめ
あめ

人間用ホットカーペットやコタツの方が僕は好きだよ?

主

就寝時の監視出来ない状態で、コンセントを刺しっぱなしにしておくのは火事や感電等のリスクが高過ぎる。

さらにコタツの中から抜け出せない、ホットカーペットが大き過ぎて床全面を覆っているなどの場合は、体温を下げることが出来ずに熱中症へ掛かる危険性もあるんだよ。

また、君達が火傷を負わないとも言い切れないでしょ?

そら
そら

じゃぁ、ヒーター・ストーブ系は?

主

二酸化炭素中毒や乾燥による皮膚炎・気管支炎のほかに、火傷・火事・コンセントからの感電などなど・・・・

ヒーターやストーブの種類にもよるだろうけど、基本的にリスクが高過ぎるよ。

個人的には使わないに越した事は無いと思う。

スポンサーリンク

愛犬との一人暮らしにおすすめな寒さ対策とは?

危険の排除と停電時の対策を怠るな!!

一人暮らしの方は、仕事や日常品の買い出しなどで、愛犬にお留守番をお願いする時間が、ファミリーや同棲している方々等と比べ、必然的に多くなっているかと思われます。

そしてお留守番が多いという事は、室内で起こる何かしらの危険に対し、対処が遅れる危険性が多く訪れやすい事となります。

冬の時期での留守番において、危険となる要素は以下の通りです。

  • 暖房器具からの出火
  • 暖房器具のコンセントを噛むことによる感電や、足を絡めてしまう怪我
  • 暖房器具の過剰な使用による熱中症
  • 暖房器具による、火傷や二酸化炭素中毒・乾燥等の危険
  • 気温による低体温症・凍傷

そして、積雪などの影響で停電する可能性も十分に考えられ、家電製品(暖房器具)の停止=室内気温の低下についても対策を施しておく必要がありますね。

特に積雪の影響で自宅へ長時間帰れないとなると、愛犬はその間ずっと寒い環境を一人で耐え凌がなくてはなりません。

その為、冷寒地に住まれている方は電化製品を使用しないでも暖まれる、寝床の改善を施しておきく事が大切になります。

そして『積雪の影響で自宅へ帰れないかも・・・』と事前に判断出来るようでしたら、お水を沢山用意しておく他に、ドライフードをいつでも食べられるように、電気を使用しないタイマー型の器をセットしておくと良いかも知れません。

  • 愛犬との一人暮らしに対する、冬の対策はコレ!
    • 気温に対する対策
      • お留守番中の暖房器具はエアコンのみ
        • 様々なリスク(乾燥・火傷等)を見据えた結果
      • 停電した際の対策として、寝床の保温性を高める
    • 積雪による、帰宅への支障に対して
      • お水を複数設置
      • コンセントを経由しない、タイマー式の器にドライフードを用意しておく

老犬や仔犬、シングルコートの犬種などは寒さに弱い傾向にありますので、自身の愛犬はどれほど寒さに弱いのかを理解したうえで、寝床改善等を行うと良いですね。

スポンサーリンク

最後に:冬の夜間はエアコンなし?又はつけっぱなし?についてまとめてみました。

冬の夜間は1日の中で、一番低い外気温となりますので、暖房器具を活用して愛犬の身体を温めてあげる必要があります。しかし、エアコン以外の暖房器具は以下のような危険性があり、特に飼い主が就寝している時間帯においての使用はあまりにも危険と言えますね。

  • 危険となる主な暖房器具は
    • ヒーター・ストーブ・人用ホットカーペットなど
  • 危険な理由
    • 暖房器具からの出火
    • 暖房器具のコンセントを噛むことによる感電や、足を絡めてしまう怪我
    • 暖房器具の過剰な使用による熱中症
    • 暖房器具による、火傷や二酸化炭素中毒・乾燥等の危険

これらの事から、冬の夜間はエアコンなしで過ごすよりも、つけっぱなしで一定の室温を保ってあげるのが、愛犬の為となりますね。


またね(`・ω・´)

コメント

error:Content is protected !!