犬に冬はぬるま湯の飲み水が良い理由はコレ!お腹に優しいお湯の温度とは?

冬に適した生活環境や外出方法

こんにちわん(`・ω・´)<やぁ!

冬の時期に愛犬の飲み水を常温(冷たい水)ではなく、お湯などの〝ぬるま湯〝に変更する理由をご存じですか?

実際、犬は人間の様に冷たい水ばかり飲んでも、冷たい水が原因で『お腹を壊す事は無い』と言われています。

しかし、冷えた水は胃腸機能の活動を妨げる要因になりますので、消化器官の活動が低下してきた老犬や、子犬などの身体が未発達の年齢層の子には出来る限り暖かい飲み水を提供してあげる必要があります。

今回はぬるま湯の飲み水が愛犬に良い理由と、そのお湯の温度は何度にしておくと良いのか?について紹介していきますので、是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

冬の時期に愛犬へお湯・ぬるま湯の飲み水を与える理由とは?

お腹(腸内環境)の活動を低下させない他にも様々な効果が期待出来る!

冬の時期は気温が低く、空気が乾燥している事から、愛犬の体温が低下し、喉が乾燥し易くなっています。

低い気温と乾燥した空気が愛犬へもたらす危険は以下の通りです。

  • ケンネルコフ(喉の乾燥、体温低下による免疫力の低下による影響)
    • 低温で乾燥した環境下で蔓延しやすい
    • 原因ウイルス・細菌などの単独または混合感染によって発症
    • ドッグランやドッグカフェなどで感染する危険がある
  • 下痢(体の冷えによる間接的な影響)
    • 体温の低下による体調の悪化
    • 免疫力の低下
    • 消化器官の活動低下による消化不良
  • 感染症系の病気
    • 筋肉や内臓への血流の巡りが悪くなり、免疫力が低下する
  • 関節痛
    • 身体の冷えにより、筋肉や腱が固まり間接の伸び縮みに無理な力が加わる
    • 間接周りの血流が滞り、筋肉が強張る事で引き起こされることもある
  • 低体温症
    • 極度な体温の低下で引き起こされやすい
    • 筋力の落ちた老犬が特に発症しやすい
  • 心臓への負担
    • 身体の血管が凝縮し血圧が上がることで、心臓が普段よりも活発に働いてしまう
    • 心臓疾患を患っている子は、寒暖差や身体の冷えに注意が必要
  • 尿石症・膀胱炎
    • 気温が低いことによる飲水量の低下により、結石ができやすくなる
    • 免疫力の低下により、膀胱内で細菌感染が引き起こされる

上記リストの様に冬の時期は、低温や乾燥が原因で愛犬の身体に様々な悪影響を与えやすいのですが、これらは体温の向上と湿度の向上で対策する事が出来ます。

その対策の一つが、飲み水の温度を〝暖かいお湯〝や〝ぬるま湯〝に変更する事です。

ぬるま湯やお湯で免疫力低下などを抑える

冬の時期は気温が低い為に、どうしても体温が下がり易くなっています。

体温が下がると身体の免疫力が低下し、感染症等の病気を誘発したり、消化器官の活動が落ちて消化不良やストレスから下痢と言った症状が引き起こされ易くなります。

また体温の低下は血流や血管にも悪影響を与えますので、心臓疾患等の悪化や、関節痛を起こさせない為にも、愛犬の身体は常に暖めてあげなくてはなりません。

これらは愛犬に洋服を着せたり、室温を上げる事で体温を温め対策することが出来ますが、飲み水が冷たいとお腹が冷え、身体の内側から体温を下げてしまいますので、いくら身体の外側を暖めても内側(内臓等)が冷えてしまっては意味がありません。

その為、冬の時期に免疫力や身体(内臓)機能・腸内環境の活動を向上させるには、身体の外から暖めるだけではなく、飲み水をぬるま湯程度のお湯に変更して、身体の内側からも暖めてあげる必要があるのです。

飲み水をぬるま湯に変更する事で間接的にも得られる効果は以下の通りです。

  • 体温の低下防止
  • 胃腸機能の向上
  • 内臓や血流機能の向上
  • 関節痛防止
  • 免疫力向上
  • 感染症予防
  • 1日の水分摂取量向上

この他にも、冬の時期になると愛犬が『冷たいお水は飲みたく無いなぁ・・・』、『寒いから喉が乾かないの!』と感じてしまい、1日の飲水量が低下する事で脱水症状や膀胱炎・尿石症などと言った病気を発症してしまう事も考えられます。

しかし飼い主様の中には、愛犬の飲み水を〝ぬるま湯〝や〝お湯〝に変更した事で、以前とは打って変わって飲み水をゴクゴク飲む様になった!と報告している方もいらっしゃいますので、もし愛犬が水をあまり飲まない様でしたら一度試されてみては如何でしょうか?

冬の時期はステンレスの容器だと、冷たく嫌がる子もいますので、プラスチック素材の容器に変更するなど、容器の素材そのものを変えてみるのも一つの手段となります。

また普段から水を飲まない子は、レンゲ等のスプーンで飲ませてあげると、良く飲む様になるかも知れませんよ!

我が家の愛犬(あめ)は、レンゲからであればよく飲むのでね・・・_(┐「ε:)_

愛犬に与える〝お湯やぬるま湯の温度〝とは?

愛犬が火傷をしない人肌温度で提供してあげよう

愛犬にぬるま湯などのお湯を与える時は、手作りご飯と同じ〝人肌程度の温度〝で飲ませてあげるのが良いかと感じます。ここで言う人肌程度とは大体35℃〜40℃の温度です。

人間は健康上の理由やお腹に良い等の理由で、50℃前後のお湯(白湯)を飲みますが、犬が50℃近いお湯を飲んでしまうと口内を火傷してしまう可能性が高く、今後飲み水を警戒して飲まなくなる事も考えられます。

ですので、愛犬へ与える際は必ず40℃以内のお湯を与える様にしておきましょう

また犬個々によって好みの温度が異なりますので、初めのうちは35℃程度から始めていき、日を跨ぎながら徐々に40℃前後のお湯に変化させ、愛犬がどの温度を好んで飲んでいたのかを観察してみると良いですね。

冬の時期はぬるま湯のみを与えておけば良いのか?

実際のところ、個々の性格によっては『冷たいお水じゃなきゃ嫌だ!』とする子も存在しますので、基本的にはぬるま湯・お湯の他に、普段通りの冷たいお水(常温)の2種類を用意して上げるのが良いですね。

特に暖房等で愛犬の体温が上がってしまった場合、冬の時期でも熱中症に掛かってしまう恐れが有りますので、体温を内側から下げる為にも冷たいお水は別途用意しておくに越したことはないかと思います。

また、ぬるま湯の飲み水は時間経過と共に水温が冷えてしまいますので、愛犬が常にぬるま湯を飲める様、定期的に変えて上げましょう。

(`・ω・´)<中にはストーブの近くに飲み水を置いて、水温を上手く調整している方もいらっしゃる様ですね。

スポンサーリンク

最後に:冬の時期のお腹に優しいぬるま湯についてまとめてみました

冬の時期に愛犬へぬるま湯やお湯を飲ませる理由はコレ!

  • 体温の低下防止
  • 胃腸機能の向上
  • 内臓や血流機能の向上
  • 関節痛防止
  • 免疫力向上
  • 感染症予防
  • 1日の水分摂取量向上

冬の時期は体温が低下しやすい為、身体の衰えた老犬や未発達な仔犬、関節痛持ち、心臓疾患等を患っている犬にとって過ごし辛い季節になります。

その為、少しでも体温を温める手段として、飲み水をぬるま湯に変更するなど、愛犬の身体が冷えない様対策してあげましょう。

また、お腹の弱い子はぬるま湯の他に、赤ちゃん用の腹巻を着用してみても良いかも知れませんね。

室内で愛犬の身体を温める方法には、以下の様な手段が効果的ですので是非参考にしてみて下さいね。


またね(`・ω・´)

コメント

error:Content is protected !!