犬のお留守番に最適な冬のエアコン温度・室温とは?暖房を効かせ過ぎてはダメな理由はコレ!

こんにちわん(`・ω・´)

冬の季節に愛犬を室内でお留守番させる時に適温となる室温や、エアコン温度について紹介しますね。また、暖房を効かせ過ぎてはダメな理由についても詳しく解説していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

犬のお留守番に最適なエアコン温度や室温とは?

日頃から設定しているエアコン温度や室温のままでOK!

冬の季節は外気温が低い為、低体温症や、お留守番を任せた愛犬に『寒い思いをさせまい』と、エアコンの温度を高め、室温を暖めた上で出掛ける方が多くいらっしゃるかも知れません。

しかし、普段の生活で愛犬が寒そうにしていないのであれば、お留守番用にエアコンの温度設定を変更し、室温を上げる必要はありません。むしろ普段のエアコン温度と異なる、暖かい室温に設定してしまうと、愛犬がお留守番中に暑過ぎて苦しんでしまう可能性があります。

※(ただし、エアコン以外の暖房器具で寒さ対策を施している場合は、その限りではありません。)

これについては、のちに記述する『冬のお留守番で暖房を効かせ過ぎてはダメな理由とは?』で解説していきますね。

では、冬のお留守番に最適な普段の生活と同じエアコンの温度設定とは一体何℃なのでしょうか?

  • 冬の季節に適したエアコンの設定温度
    • 18℃〜20℃前後を目安

基本的には上記の様な暑過ぎることもなく、寒過ぎることもない、エアコン温度設定を目安としますが、犬個々によって以下の様な違いがあり、快適と感じる冬の室温が異なってきます。

  • 犬種や被毛の違い
  • 年齢
  • 体型
  • トリミングによるカット(デザイナーズカット)

その為、各ご家庭で愛犬に適した室温とは何℃なのか?を考え、把握した後に適切なエアコン温度を設定してあげると良いですね。

これらの各項目に当てはまる、愛犬が快適と感じる室温については、以下のリンクで詳しく解説していますので、是非参考にしてみて下さいね。

冬のお留守番で暖房を効かせ過ぎてはダメな理由とは?

温度が上昇する事で〝熱中症〝の危険性が高まる

冬の寒い季節とはいえ、犬は被毛を全身に備え、体温調節が苦手(特に暑さには弱い)な動物である為に、暖房を効かせ過ぎてしまうと体温が上昇し夏場と同じ〝熱中症〝に陥る危険性があります。

特に犬単体のお留守番は、愛犬の様子を飼い主が定期的に観察できないので、体温が上昇し暑さで苦しんでいても飼い主は帰宅するまで愛犬の異変に気が付く事が出来ません。また熱中症は命を落とす恐れもある危険な症状ですので、長時間のお留守番は勿論、短時間のお留守番でも室温が高ければ犬にとって危険な環境下に置かれている状況となります。

その為、犬のお留守番は冬の時期であろうとも〝人が肌寒い〝と感じる室温、もしくはエアコン温度に設定しておくのが理想となります。ただし、温度が低過ぎると愛犬が低体温症に掛かる恐れもありますので、上記で紹介したエアコン温度18℃〜20℃前後を目安として設定しておくと良いですね。

スポンサーリンク

暖房器具各種によるお留守番時の危険性

冬の暖房器具にはエアコン以外にも以下の様な種類があります。

  • 石油ファンヒーター
  • 石油ストーブ
  • ガスファンヒーター
  • 電気ストーブ
  • パネルヒーター
  • オイルヒーター
  • こたつ

これらは室内や体温を暖める上で有効な暖房器具となりますが、飼い主が愛犬の様子を観察可能な状態であり、室内の換気などが行える場合に限り有効とされています。

つまり、犬個々のお留守番においては上記項目の暖房器具は安全上の理由から、使用を控えた方が良いという事になります。

では、お留守番に使用しない方が良い理由とは何なのでしょうか?

  • 石油ファンヒーター・石油ストーブ・ガスファンヒーター
    • 定期的な換気を行わないと、一酸化炭素中毒を引き起こす為
  • 電気ストーブ
    • 電熱線による火傷や、火災が起こる危険がある為
      • 冬場の火災では電気ストーブによる出火原因が意外にも多い様ですね
  • パネルヒーター・オイルヒーター
    • パネル表面に火傷の危険性がある為
  • こたつ
    • 電気ストーブと同じ仕組みですので、火傷や火災の危険性の他に、愛犬がコタツ内で酸欠・熱中症に陥る可能性が非常に高い為

この様に、これら暖房器具は犬の命を脅かす危険が少なからずありますので、お留守番ではエアコンを基本として使用するのがおすすめです。

ただし、エアコンも一部暖房器具と共通する〝空気の乾燥〝による、呼吸器系統などへの障害リスクがありますので、お留守番の際は乾燥に対して対策を施しておく必要があります。

エアコンの乾燥対策としては以下の通りです。

  • 加湿器を使用する
  • 濡れタオルを部屋に干す
  • エアコンの目の前にケージや、寝床を置かない
  • 風向を上下に稼働する〝自動モード〝に設定する

犬に適正とされる湿度は50%前後となりますので、加湿器や濡れタオルを活用し、室内の湿度を高めて上げると良いですね。また、エアコンの風に当たるとより一層乾燥しやすくなりますので、愛犬のケージや寝床は風が当たらない場所へ移動させておきましょう。

そして室内の乾燥した空気と、加湿器などによる湿度を循環させる為に、エアコンの風向は上下に稼働するモードに設定しておくと良いかと思います。特に冷えた空気は地面付近に集まりやすいので、部屋上部に留まっている暖かい空気を循環させる為にもエアコンの風向きは大切となります。

犬のお留守番に使用する暖房器具として、エアコン以外に以下の様な種類が有効とされています。

  • 床暖房
    • デメリット
      • 部屋全体の床が暖かい為に、犬が熱いと感じても涼しめる逃げ場がなく熱中症に陥る危険と、高温設定の場合は低温火傷を引き起こしやすい
    • メリット
      • 床暖房自体は犬にとって優秀な暖房器具となりますので、設定温度を低めに設定し、ソファなどの涼しめる場所を用意しておくと、犬自身で体温調整が行い易い

床暖房はとても優秀な暖房器具となりますが、エアコンと比べ所持率(自宅への設置率)の低い種類となりますので、多くの方はエアコンでのお留守番対策になるかと思います。

スポンサーリンク

低体温症や熱中症にならない為の冬のお留守番対策とは?

最低限の室温を保ち、体温を〝高める場所〝と〝逃せる場所〝を作ってあげる

愛犬にとって安全な冬のお留守番対策は〝最低限の室温〝と、〝体温を調整できる場所を作る〝事です。最低限の室温とは暑くもなく、寒くもないエアコンの温度設定18℃〜20℃前後の事で、これは低体温症や熱中症の危険性が限りなく少ない温度となります。

そして体温調整ができる場所とは、〝体温を暖める場所〝と〝体温を下げる場所〝の二つが必要となります。これは、犬個々で快適と感じる体感温度に違いがある事と、その日によって気候・外気温が異なってくる為ですね。

いくらエアコンで室内温度を設定していても、犬によってはその室温を暑い・寒いと感じてしまう事が必ずありますので、自身で体温調整が出来るように体温を上げ下げできる場所が必要となるのです。

では、体温を上げ下げできる場所作りとは、一体どの様なものなのでしょうか?

  • 体温を暖める場所作り
    • 室内にカーペットや毛布を敷いておく
    • ケージ周りに毛布などを被せて、冷気が入り込まない・熱が外に出て行かない工夫
    • ケージ内に毛布を敷いておく
    • ドーム型の暖かいハウスグッズの活用
    • ペット用ヒータの活用
      • 低体温症を防ぐ為にカバーや毛布を巻き付けた上で、配線コードやコンセント周りにカバーなど付けて、感電や火災に注意しておく
  • 体温を冷やす場所作り
    • 床がフローリングであれば、部屋全体にカーペットを敷くのでは無く、フローリングのひんやり感を感じられる場所を確保する
    • エアコンの暖かい風を遮られる場所
    • ドアの隙間など隙間風を感じられる場所の確保
    • 冷感グッズ(ひんやりマットやクッションなど)の設置

お留守番中は飼い主が愛犬の様子を監視する事が出来ないので、冬の季節は上記リストの様に寒い気温に対する防寒対策は勿論、エアコンの暖房に対する暑さ対策を施しておくと良いですね。

この様に二つの気温対策を施していれば、愛犬が自ら体温を調整しますので、冬の気温対策としては最も有効な手段であると、ポメラニアン達と暮らして来た私の経験上から判断しています。

特に多頭飼いの方は、個々の愛犬によって体感温度が異なる事を考慮しておかなくてはなりませんので、この対策方法はおすすめですよ(`・ω・´)

スポンサーリンク

最後に:お留守番に最適な冬のエアコン温度や室温と、暖房の効かせ過ぎが危険な理由についてまとめてみました

冬のお留守番に最適なエアコンの温度や、室温の目安は18℃〜20℃に設定する事。そして個々の体感温度の違いを補助する為に、温暖グッズや冷感グッズの2種類を準備しておくと良いですね。

またエアコンの温度設定はあくまでも目安の設定温度となりますので、愛犬に適切な室温を図る為にも以下のリンクを参考にしてみて下さい。

そして、暖房の効かせ過ぎが危険な理由は〝熱中症〝が主な原因となります。これは下手したら命に関わる恐れもありますので、飼い主が愛犬を監視出来ない状況下では、下手にエアコン温度を上げない事をおすすめします。


またね(`・ω・´)

コメント

error:Content is protected !!